プロフィール

2001年、日本女子大学 文学部
卒業。 同年、テレビ朝日入社。
「ANNスーパーJチャンネル」
「BS朝日 激論!クロスファイア」
「ザ・スクープスペシャル」
「朝まで生テレビ!」
など、 報道、情報番組を担当。

過去のコラム

  • mixiチェック

AIと朝生

投稿日:2018年09月06日 16:55

今月は、『人工知能・AI社会と日本』をテーマに議論しました。

 

朝生①

 

AIがどんなに普及しても変わらない人の役割とは何でしょうか。

例えばニュース番組で、

淀みなく時間内に確実に原稿を伝えるならば、

アナウンサーがAIに代わることも、物理的には可能です。

 

朝生②

 

かつて田原さんに、番組内で東京裁判の是非について問われた時、

「東京裁判を否定すると、サンフランシスコ平和条約をも否定することになる」

と答えたところ、

「そんな社説みたいなこと言われてもつまらないよ!」と強く制されました。

さらに、「昭和の前を生きた日本人は正しかったの?」と問われ、

返答に窮した末に、

「その時代を生きていないから分かりません」と絞り出したら

「僕だって生きていないから分からないよ!」と、なぜか笑顔。

放送終了後、「正しい答えが出てきませんでした」と吐露したら

田原さんは、「そっちの方が人間らしくて面白いじゃない」と。

 

常に正確であるべき場所と、そうでない場所があるような。

場合によっては、間違えたり、詰まったりすることで見えてくる景色もある。

予定調和でないことが、何かを生み出す。

 

それって、朝生のことですよね!?

 

朝生③

  • mixiチェック

NOとは言わずに?

投稿日:2018年07月30日 21:56

今月のテーマは「トランプ大統領と“世界貿易戦争”」でした。

 

朝生①

 

かつて教科書では「貿易摩擦」と習った記憶がありますが、

今や、各国を取り巻く経済状況は戦争の様相を呈しています。

 

朝生②

 

日米関係で言うと、安倍総理は「100%アメリカと共にある」と言い続けてきました。

類稀なる蜜月関係と言われる中、経済分野において、

日本はアメリカに対して言うべきことは言えるのでしょうか。

「交渉とは、NOと言い切らずにどこまで51:49で落とすかと言うことだ」

ある政治家が言っていました。

いわゆる「落としどころ」を探りながら、

今後、安倍政権がどのような外交姿勢を貫くのか、注目されています。

 

朝生③

朝生④

  • mixiチェック

「好きか嫌いか」ではなく

投稿日:2018年07月06日 00:09

今月の朝生のテーマは「米朝中 どうする?日本の針路」でした。

 

祐子抄①

 

史上初の米朝首脳会談の衝撃は大きく、

同時に非核化に向けての様々な課題も残しました。

中でも、トランプ大統領が金委員長に「拉致問題」を直接提起したことで、

この問題が大きく動く可能性があります。

日本としては、この機運を日朝首脳会談につなげたいとしていて、

早ければ9月のウラジオストクでの国際会議が、金委員長との最初の接触になるかもしれません。

 

日朝首脳会談に向けての交渉状況は、現場で取材していてもなかなか見えてきません。

というよりも、外交の機微に関わる情報ほど、政府が「見せて」来ないのです。

水面下での交渉状況を何とか把握しようと、記者は日々取材を続けています。

 

そもそも、「拉致問題の解決」の具体的内容とは何でしょうか。

政府、外務省、世論との間に温度差がないとは言えません。

また、国交回復、戦後補償、経済支援と、

拉致問題解決の優先順位をどう考えれば良いのでしょうか。

 

内政に目を向けると、9月には自民党総裁選挙を控えています。

外交の諸課題を抱える中で、「好きか嫌いか」という問題とはまた別に、注目しています。

 

祐子抄②

  • mixiチェック

米朝首脳会談と安倍政治

投稿日:2018年06月04日 20:47

今月のテーマは「米朝首脳会談と安倍政治」。

終盤国会の与野党攻防と外交問題について、二本立てでお伝えしました。

 

朝生①

 

国会は延長含みです。

延長することで、働き方改革法案やIR法案(いわゆるカジノ法案)は

会期内に成立する見込みです。

他方、モリカケ問題は、新たな文書や記録が次々に出てくるものの、

真相究明には至っていません。

 

「延ばしてまで、成立させなければならない法案だ」

「延ばすからには、徹底審議を!」

与野党からは、様々な声が聞こえてきます。

 

今回の生放送中には、米朝首脳会談開催の速報が入りました。

今起きていることをタイムリーに議論出来るのも、「朝まで生テレビ!」の強みです。

 

CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄)の実現性、拉致問題の解決。

これ以上延ばせない課題は何なのか。

延長=先送りではないことを痛感します。

 

朝生②

 

  • mixiチェック

セクシャルハラスメント

投稿日:2018年05月09日 15:34

最近、セクハラについて問われる機会が増えました。

取材相手の男性から、恐る恐る「これってセクハラになりますか?」と問われることも。

現場取材では戸惑いが広がっています。

 

もし自分の身に起きたら?

実際に起きたこともありますし、その時は「応じられない」と断りました。

記者にとって、取材の機会を自ら失うことは致命傷になります。

受け流せるか?受け入れるか?逡巡した上での判断です。

 

仕事をしていれば様々な局面に直面します。

ただ、セクシャルハラスメントほど、自尊心の逃げ場が閉ざされる行為はありません。

立場を利用した安易な気分転換、支配欲を満たすだけの趣味に、心身をすり減らす必要はない。

これまでの社会人経験から得た結論です。

場の空気を損なわないように振る舞いつつ、でも内心は深く傷つく痛みを、

せめて身近な人には分かって欲しい。

でも今は、世の中全体で考える段階に来ているのかもしれません。

 

他方、「女性だから得する」と言われることもありますし、

実際に、性別を理由に取材を許可された経験もあります。

ただ、セクハラを否定する以上は、性差を都合よく扱うことは出来ません。

 

仕事で何を大切にするか。

自分なりの職業倫理と照らし合わせながら、

何が良くて何がおかしいのかを、日々考えています。

 

朝ま生テレビ①

 

  • mixiチェック

原発事故から7年

投稿日:2018年04月02日 18:27

「朝まで生テレビ!」では、2011年に福島第一原発事故が発生して以来、

毎年この時期に原発問題をテーマに討論しています。

 

原発①

 

番組内で行ったアンケートでは、

「日本に原発が必要」と答えた方が全体の27%、

「不必要」と答えた方が70%でした。

 

原発②

 

世の中は、概ね原発に反対です。

去年の衆院選の公約を比較しても、各党が原発を低減させることで一致しています。

ただ、どうやって減らしていくかという具体的な議論に踏み込めていないのが

現状ではないでしょうか。

自民党は、原発低減に向けて具体的年限を切らないのでしょうか?

立憲民主党は、原発の早期停止に向けたリアリティをどう示すのでしょうか?

何らかの「判断」が出来る政治にこそ、エネルギー議論を深める必要性を感じます。

 

原発③

  • mixiチェック

朝生「女子会」

投稿日:2018年03月02日 13:51

今月の「朝まで生テレビ!」は、「女性論客大集合 激論!異議ありニッポン」をテーマに

パネリストが全員女性でした。

渡辺さんは取材でお休みのため、寺崎さんと司会を務めたこともあり、

いつもとは少し違う朝生に。

これまでも、女性だけの朝生は何度か放送してきましたが、今回は5回目。

女性論客だけで議論すると、田原さんがあまり声を荒らげないという客観的事実も…(笑)

 

写真①スタジオ3S

 

番組開始早々、さながら女子会に。

田原さんが「何を言っているか分からない!」と切り込んでも

「え?分からないんですか?」不思議そうな顔。

発言が重なりこそすれ、CM中含め、3時間議論が途切れることはありませんでした。

 

写真②スタジオパネリスト全景

 

番組では、「もし生まれ変わるなら、男性?女性?」というアンケートも取りました。

LGBTの友人は、「男であれ女であれ、幸せに生きられたらそれが一番だ」と。

性別の枠組みにとらわれない、言葉の深淵を垣間見た気がしました。

 

アンケート結果

 

  • mixiチェック

西部邁さんと野中広務さん

投稿日:2018年01月29日 16:04

先週、評論家の西部邁さん、野中広務元官房長官がお亡くなりになりました。

西部さんは、「朝まで生テレビ!」に何度もご出演頂きました。

 

野中さんとは、5年前に別の番組でご一緒したことがあります。

改憲勢力が2/3を占める前、憲法論議が今ほど現実味を帯びていない頃でしたが、

「憲法9条を変えてはならない。もし変えるようなら、国会の前で腹を掻っ捌く」と、

顔を真っ赤にして強い口調で仰いました。

後日、田原さんに「野中さんに圧倒されました」とお伝えしたら

「ダメだよ村上さん!そういう時は、腹を掻っ捌いた後にどうするのかを聞かなきゃ」と返され、

伝え手としての役割を痛感したことも思い出しました。

 

野中込3S

 

西部さんは、去年の朝生30周年パーティで初めてご一緒させて頂きました。

テンガロンハットを目深に被り、「表舞台は苦手」と仰いつつ、

「言論が死んではいけない」と、番組への思いを訥々と語って下さりました。

 

西部

 

お二人の強い発言を思い返すと、強調の奥には協調が滲んでいたように思います。

「排除」が取りざたされる時世の流れを強く感じました。 

  • mixiチェック

謹賀新年

投稿日:2018年01月09日 12:26

あけましておめでとうございます。

元日は「激論!“平成30年”日本の未来」をテーマに

白熱しました。

 

TMZ_2781

 

かつてこの番組内で、田原さんから

「村上さん、戦争は悪いと思う?」

と聞かれたことがあります。

咄嗟に「そう思います」と返すと、「なんで?」と。

「人の命を奪うからです」と答えたら、

「じゃあ、良い戦争と悪い戦争についてはどう?」

と問われ、

「自衛戦争と侵略戦争のことですか?」

と問い返しながら、

当たり前のことを考える重みと、

当たり前だからこそ忘れがちなことを

改めて突きつけられました。

 

TMZ_2695

 

誰しもが「平和」を願ってやまないと思います。

ただ、その定義は人それぞれです。

集団的自衛権の行使も、非武装中立も。

自分の考える戦争や平和とは何なのかを、

ゼロから考える年初めでした。

 

今年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

朝生2018

 

 

  • mixiチェック

今年もよろしくお願い致します

投稿日:2018年01月05日 13:48

朝生は今年で31年目を迎えました。

年明け早々ですが、なかなかブログが更新できず申し訳ございません。

 

政治は「一寸先は闇」と言われますが、去年はまさにそのことを体感した一年でした。

都議選で吹き荒れた小池旋風は、

いきおい解散総選挙での政権交代を刹那に捉えたことも確かです(本当に「一刹那」でしたが)。

結果、自民党の圧勝。

安倍一強なのか、一驚なのか、とかく政権の盤石さを目の当たりにしました。

 

「政治は結果論ですから」総選挙後の、野党代表者の言葉です。

年の瀬になって、再度選挙を振り返ってもらうと「遠い昔のことのようだ」と。

 

「闇の先に光明を見出せ」と書くのは簡単です。

見えない、見せない、見ようとしない。

それぞれに「メディア」「政治家」「有権者」を順不同に当てはめたら、

尤もらしい理屈は成り立ちそうです。

 

祐子抄①

 

「ちょっと待って!それはどういうこと?」

やり過ごそうとすると、強烈な「待った」をかける人がいます。

 

祐子抄②

 

引き続き、2018年もどうぞよろしくお願い致します。

 

花の写真

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • TMZ_9129
  • スタジオ広い絵  照明 菜の花
  • 朝生①
  • 朝生②
フォトギャラリーを詳しく見る≫