プロフィール

2001年、日本女子大学 文学部
卒業。 同年、テレビ朝日入社。
政治部記者
「朝まで生テレビ!」進行

過去のコラム

  • mixiチェック

謹賀新年2020

投稿日:2020年01月08日 13:44

 

新年あけましておめでとうございます。

「朝まで生テレビ!」は今年で33年目。

毎年、大晦日から生放送の準備を始め、ふと顔を上げた時には年が明けていた―

「満を持して」というよりは、あまりにも自然に、

もっと言えば、気付かないうちに年が明けているのがここ数年のお正月です。

 

3S2 (004)

3S3 (003)

 

未知なる2020年に思いを馳せる一方で、

日々の取材を継続している身としては、既知のあれこれも、否が応でも脳裏をよぎります。

消費増税10%の影響、オリンピック後の景気後退の懸念、自然災害への対応、

海外に目を向ければ、日米、日韓、日中、日ロ、各国との外交関係。

史上最長記録を樹立した安倍政権は、残りの任期が2年を切る中、

難しい舵取りを迫られています。

 

グループ右

 

今回参加して頂いた政治家は、与野党共に若手が多く、

男性の育児休暇取得や家事分担など、

党派を超えて、対立することなく建設的な議論が行われたのが印象的でした。

別のテーマでの舌鋒鋭さから一転、沈黙を貫いていたベテランの論説委員の方が

「昔は、家庭を顧みずに仕事に打ち込むことが一般的だった。

少子化問題を懸念するなら、男女問わず働き方を見直す必要がある」と。

「議論に参加しないのですか?」と促されて、

「その資格が自分にはないものだから…」と遠慮がちに仰いました。

 

グループ左2

グループ左3

 

様々な価値観があることは確かです。

資格がないわけでも、関係ないわけでもなく、

誰もが当事者であることを、いかにして認識するか。

討論を通じて、時には怒声に交じってファクトや見識が飛び交う中、

言論の場の必要性を改めて感じた年始めでした。

 

年賀状

 

  • mixiチェック

安倍長期政権の功罪

投稿日:2019年12月02日 13:08

2012年の第二次政権発足以来、安倍政権は憲政史上最長となりました。

今月のテーマは「安倍長期政権の功罪」。

 

3S1

 

1987年に始まった朝まで生テレビの初回のテーマは「中曽根政治の功罪」で、

奇しくも、中曽根康弘元総理が亡くなった翌日の放送となりました。

 

3S2

 

連日、桜を見る会をめぐって野党は追及を強めており、

会期末が来週に迫った国会運営にも少なからず影響を与えています。

毎日行われている官房長官の会見でも、この件に関する質問が多い時で30問近く出ています。

各社の世論調査を見ても「納得していない」という声が多数上がっています。

それなのに、安倍内閣全体の支持率は大きく落ちていません。

政権に納得していないが、新しい政権は望んでいない。

その真意はどこにあるのか、番組内で侃々諤々の議論を行いました。

 

左サイド  右サイド

 

第二次安倍政権を現場で取材していると、

「一時政権の時の失敗を二度と繰り返すまい」という、並々ならぬ気迫を感じます。

側近と呼ばれる人たちは、「潮が引くように人々が離れていった」と口にしますが、

そんな彼らは「苦難を乗り越えた」という自負にも満ちていて、いわばファミリーに見えます。

この絶対的な絆が、様々な功罪を生み出していると実感しています。

 

結果

 

いよいよ、次回は恒例の元旦SPです。

12月31日(火)24時半から29時50分 放送予定です。

ご期待下さい!

 

  • mixiチェック

長生きしたい?したくない?

投稿日:2019年10月21日 16:26

今月は、与野党の若手政治家にお越し頂きました。

初出演のパネリストも多く、スタジオの温度も心なしか高め。

 

全体右サイド 全体右サイド

 

折しも、臨時国会が始まりました。

安倍総理は、任期があと2年を切る中、

憲法改正に加えて「全世代型の社会保障制度」も改革したいとしています。

「医療」「介護」「年金」の社会保障費が年々膨らむ中、給付と負担のバランスをどう取るか。

長期政権の本気度が問われています。

 

3S3 3S1

 

番組内では、社会保障のみならず、論点は多岐に及びました。

未来に向けてのエネルギー政策。

外国人労働者と移民の是非。

理想を実現するには、具体策を打ち出し、実行しなければなりません。

 

冒頭のアンケートでは、

「あなたは長生きしたいですか?そうではないですか?」と聞いたところ、

結果は拮抗しました。

 

アンケート

 

家族や友人と長く暮らしたいから、長生きしたい。

それでも、

家族や周りに迷惑をかけたくないから、長生きしたくない。

 

「人生100年時代」と、政府は謳います。

得られた回答に潜む、苦渋のジレンマを前に、

政治にしか解決出来ない答えを見た気がしました。

 

  • mixiチェック

日本と中国とアメリカ

投稿日:2019年10月05日 20:41

10月1日、中国は建国70年を迎えました。

それに伴い、先月の朝生では、中国の実情と課題、

そして今後について、様々な角度から論じて頂きました。

 

3S4

 

香港のデモは終息どころか激化し、

米中貿易戦争における報復関税の応酬は止まりません。

当事国だけでなく、世界中に大きな影響を及ぼす中、

日本にとっては、アメリカだけでなく中国も、何かあれば直接国益に影響する重要な国です。

アメリカは唯一の同盟国、かたや中国は最大の貿易相手国。

戦後最悪と言われる日韓関係に比べると、両国とも関係は比較的良好とみられていますが、

それぞれの国との課題は残っています。

 

折しも、先日の国連総会で、日米貿易協定が最終合意しました。

「アメリカとしては、米中貿易先導の報復関税は止まらないが、

『せめてお友達のシンゾーのいる日本とは目に見える結果が得られる』と

大統領選に向けた成果を急ぐトランプ大統領が踏んだので、早期の妥結が実現した」

番組終了後の打ち上げでの、とあるパネリストの分析です。

もちろん、通商交渉における日米の駆け引きは今後も続きますが、

日米関係の背景に、中国の存在感を大いに印象付けるエピソードでした。

 

正面

 

緊張する米中関係の、橋渡しになるのか、板挟みになるのか。

日本の立ち位置が、改めて問われています。

 

2019.09.27

 

  • mixiチェック

「そこそこ」の塩梅

投稿日:2019年09月02日 12:45

今月のテーマは「地方の元気が日本を救う」でした。

5年前、第二次安倍政権が「地方創生」を重要政策として掲げて以降、

毎年1兆円いじょうの関連予算が付けられています。

現役の担当大臣、国政から転じて首長になった方、首長から国会議員になった方をお招きして、

地方創生の現状と課題を議論しました。

 

0830三人1      0830三人2

 

経済的な地域格差は深刻であるものの、

全国一律の最低賃金を実現する見通しは現時点では立っていません。

「男性は仕事、女性は専業主婦」という価値観が根強く残っている地域もあると聞きます。

どちらが良いかではなく、どちらを選ぶか。

東京一極集中の是正の前提として、地域全体の意識改革が必要かもしれません。

 

冒頭、「あなたは”都会”と”田舎”どちらで暮らしたい?」とアンケートを行ったところ、

結果は拮抗しました。

 

0830アンケート

 

番組内では、「そこそこ都会、そこそこ田舎が一番暮らしやすい」という意見が出る中、

それぞれのメリット、デメリットに頷くことしきり。

 

0830全体

 

価値観の分断、地域の分断。

様々な分野での二極化が進んでいます。

そんな中で出た「そこそこ都会、そこそこ田舎」の発言は、

困難な実現性を差し引いても、

「そうなんだよねえ」とスタジオに和やかな空気をもたらしました。

過度な楽観も悲観も禁物ですが、「そこそこ」がもたらす温かみやゆるやかさが、

交わす言葉の行間に漂っていた気がします。

  • mixiチェック

若手起業家大集合

投稿日:2019年07月30日 10:59

今月のテーマは「激論!若手起業家大集合!」でした。

参議院選挙が終わり、投票率は全体で48.8%と半数を割り込み、

10代に至っては31.33%という衝撃的な数字。

低投票率とは裏腹に、「世の中を動かしたい」という強い気持ちを持った、

若手起業家の皆さんと議論を交わしました。

 

3S笑顔2

 

日本企業は、失敗を許さない。

もっと言うと、日本人は失敗を許さない。

スタジオで、パネリストの皆さんから出た言葉です。

そんな中、「チャレンジした方が人生は面白い」と、田原さん。

許す、許さないではなく、受け入れるということでしょうか。

 

全体

 

今月、内閣府が初めてフリーランスの推計を公表しました。

306万から341万人で、国内就業者全体の5%だそうです。

政府は、多様な働き方を推進していて、

6月にまとめた成長戦略でも、フリーランスとして働きやすい環境づくりや、

副業や兼業の拡大などを打ち出しています。

 

3S

 

番組終了後、皆さんに「政治家にはならないのですか?」と伺ってみたところ、

一斉に「なりません!」と即答。

ただ、「お互いに敵対せず、相互関係に持ち込めたら良いですね」と。

分断とは程遠い言葉が、力強く響いていました。

 

また、今回は番組の冒頭で、田原総一朗さんが

第35回ATP(全日本番組制作者連盟)賞の特別賞を受賞されたことをご報告しました。

田原さんは、毎月必ず若手起業家の取材をされています。

85歳、若さの原動力はそこにあるのかもしれません。

 

田原さんATP1

 

 

 

  • mixiチェック

G20が終わって

投稿日:2019年07月02日 16:30

今月のテーマは「激論!米中対立と日本の覚悟」でした。

 

朝生①

 

先週末、日本で初めての議長国となるG20サミットが大阪で開かれました。

世界のトップリーダーたちが一堂に会し、世界の金融、貿易、環境問題などについて協議し、

結果、採択された首脳宣言に「反保護主義」の文言は盛り込まれなかったものの、

自由貿易の推進を打ち出すことで合意しました。

 

朝生②

 

期間中は、大枠のテーマとはまた別に

日米、日中、日ロ、米中など、様々な国々との二国間協議が同時多発的に行われました。

苛烈化する米中貿易戦争が一時停戦となったものの、

日本にとって、中国は最大の貿易相手国。

かたやアメリカは、日本の安全保障を全面的に頼っている状況です。

折しもトランプ大統領が、日米安保の片務性に頻繁に言及するなど、

米中関係を通じて、今後は日本の通商政策や安保政策、

引いては、覚悟があぶり出されることになります。

 

全体片側③   全体片側④

 

閉幕直後、電撃的な3回目の米朝首脳会談が行われるなど、

世界情勢は目まぐるしく動いています。

G20の議長国は、2年前に決まります。

日本政府は外交成果を見据えて、参議院選挙前のこの時期に

2年前から戦略的に手を上げていたのです。

しかし、真の成果を知るためには、さらに中長期的な視座が必要かもしれません。

 

朝生全体⑤

※今回は、渡辺宜嗣さんがG20取材のため、佐々木亮太さんと進行を務めました。

 

  • mixiチェック

新しい時代に

投稿日:2019年04月02日 17:58

今月のテーマは「激論!原発と日本のエネルギー政策」でした。

震災以降、毎年この時期に議論し、毎年同じ問いかけを行ってきました。

番組では震災以降、毎年のように「原発」を議論してきました。

視聴者の皆さんに「原発が必要か不必要か」とアンケートを行っていますが、

日本に原発は「不必要」と答える割合は、ここ数年ほとんど変わりません。

 

2019.3.29 

 

しかし、野党が中心となって国会に提出した「原発ゼロ基本法案」は、

去年以降一度も審議されていません。

番組の議論の中では、野党が提出していること自体知られていませんでした。

また、日本の成長戦略の柱とされてきた原発輸出についても、頓挫が相次いでいます。

日本のエネルギー政策はどうあるべきか。

立ち止まって考えることも必要なのではないでしょうか。

 

MIUT0074

 

新しい元号が発表されました。

新年度も始まりました。

時代は否応なく移ろいますが、

引き継ぐもの、引きずるもの、

断ち切らなければならないもの、置き去りにしてはいけないもの。

始まりの新しさに目が眩み、何もかも終わりにしてはならないと思います。

 

原発

 

  • mixiチェック

トランプ流外交と日本

投稿日:2019年02月26日 14:16

今月のテーマは「激論!トランプ流外交と日本」でした。

折しも今週は、2回目の米朝首脳会談がベトナム・ハノイで行われます。

 

①

 

それに先立って日米電話首脳会談も行われ、

核、ミサイル、そして拉致問題の解決を重視することで一致しました。

ただ、去年の米朝首脳会談で合意されたはずの「朝鮮半島の非核化」は一向に進んでいません。

2回目の会談で、どの程度具体的なプロセスが示されるのか。

蓋を開けてみるまで、結果が見通せない状況です。

 

②

 

トランプ大統領のみならず、中国の習近平国家主席、

ロシアのプーチン大統領、北朝鮮の金正恩委員長―。

独裁型と言われる強烈な個性を持つリーダーたちを相手に、日本はどう向き合うのか?

世界の誰もが認める「シンゾー」「ドナルド」の蜜月関係ですが、

質すのか、諭すのか、従うのか。

近い距離にいるからこそ、その振る舞いが注目されています。

 

③

 

 

 

  • mixiチェック

若手議員の皆さんと

投稿日:2019年02月12日 18:57

今月の放送は、「激論!若手政治家大集合!」と題して

若手・中堅政治家の皆さんにお越し頂きました。

9名中7名が初出演ということもあり

スタジオの空気がどう変化するか予測がつかなかったものの、

始まってみれば、田原さんの声がかき消されるほど、終始賑やか。

不正統計問題に始まり、安全保障や外交問題に至るまで、話題は多岐にわたりました。

 

朝生0228①

 

せっかく若手の皆さんにお越し頂いたので、どうしても伺いたかったことがあります。

エンディングで少しだけ触れたものの、この場を借りて改めて。

小泉進次郎氏が「国会改革」を進めようとしています。

具体的には、

①国会のIT化(タブレット端末の導入など)

②党首討論の定例化・夜間開催の実現

③女性議員の妊娠出産時への対応(代理投票の検討など)

 

朝生0228③

 

これらの改革を、元号が変わる前の平成のうちに超党派で実現すべく提言をまとめました。

中でも、国会のIT化については、時代が止まっているのではないかと思うほど進んでいません。

私も日々永田町や官庁で取材していますが、基本的に配布物は全て「紙」。

明日の日程ひとつとっても、掲示板に無数のA4用紙が貼り出されるため

莫大な量を一枚一枚目視してチェックする毎日です。

最近では、スマートフォンを使う議員も増えては来ていますが、

まだまだこの文化は根強く残っています。

公文書の管理もデータ化が検討されているものの、完全な以降はしばらく先になるとか。

データ化することでコストダウンも出来ますし

スマホやタブレットを駆使する皆さんこそ先頭に立って進めて頂きたく、伺いました。

 

朝生0228④

 

実はこの紙文化、「国会戦術」としても使われています。

野党側は、内閣不信任案などを提出する際、

何万枚もの紙を印刷するため、処理するのに約2時間がかかります。

その間、国会審議がストップするため、

審議を止める、事実上の「遅延行為」として扱われる場面もありました。

法案成立を阻止するため、国会が深夜まで及ぶことも多々あります。

 

「これからは、紙に頼った古い手法も含めて見直さないといけないよね」

 

オンエア後、ある野党議員の方がおっしゃいました。

資源保護の観点からも、コストダウンの観点からも、

そして何よりも、働き方改革を進めるためにも、是非!

 

朝生0208

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • スタジオ②
  • 2018.11.30 (3)
  • 朝生③
  • 朝生③
フォトギャラリーを詳しく見る≫