参加施設募集中

【児童福祉】児童養護施設・母子【児童福祉】児童養護施設・母子
  • 「プログラミング体験学習」参加者 募集中!
  • 「第11回 子どもキラット!楽演祭」参加施設募集中!
  • 2024年度【高齢者施設訪問】応募案内
  • スタディサプリ

事業概要

テレビ朝日福祉文化事業団は、「児童福祉」「母子福祉」「障がい者福祉」「高齢者福祉」の分野で、社会的な課題を考え、時代の要請に応える事業を展開し助成しております。急速に進む少子高齢化の中で、特に未来を担う子どもたちが自信を持って自立していけるような支援を充実させようと考えています。

児童福祉

親と暮らすことのできない児童は国内に約42000人。少子化にも関わらず児童虐待の通告件数は過去最高を毎年更新しています。

児童養護施設や乳児院などの施設で暮らす子どもたち、里親家庭で養育される子どもたちの中には、発達障害や愛着障害などがみられ、養育が困難なケースも多いということです。

子どもキラット!楽演祭
スタディサプリ
ヤングケアラーの啓発活動

児童福祉法の改正も多く、新制度の理解やスキルアップが求められることから、当事業団では、「里親大会」や「里親制度研修講座」「フォスターケア研究会」、また「児童養護施設職員のためのワークショップ」や「児童福祉士認定資格研修会」などのセミナーや大会などへの助成を行っています。

また、社会的養護の子どもたちに、様々な経験を通して力強く生きていけるように、体験活動や勉強の支援も行っています。ダンスや音楽を披露する「子どもキラット!楽演祭」、「里親子のためのスキーツアー」「里子のためのポニーキャンプ」を行います。

また「スタディサプリ」などの学習支援や「プログラミング体験学習」を今年も継続して行い、学習意欲の向上やコンピューター社会への興味を深めてもらう取り組みも行っています。

そのほか、ヤングケアラーの啓発活動包括的性教育への助成など社会的な課題へ取り組んでいる団体への助成も行っています。

母子福祉

母子生活支援施設は、DV(ドメスティックバイオレンス)など何らかの事情で離婚したり、離婚の届出ができないながら母子家庭に準じる家庭の女性が、子どもと一緒に利用できる施設です。

児童福祉と同様に、子どもたちに学習支援やプログラム学習などの支援を行っています。また、親子で楽しむことが出来る「大人と子供のための読みきかせの会」などのイベントに招待する活動への助成も行っています。

中井貴惠の「絵本の世界へようこそ」
中井貴惠の「絵本の世界へようこそ」
障がい者福祉

障がい者福祉事業では、障がい者の健康増進や、障がい者スポーツの普及を目指す、「車いすバスケットボール」「ハンディスキー」「ろう社会人軟式野球」「視覚障がい者柔道」などの活動や、自閉症、ダウン症、知的障がいのある方など、様々な生きづらさを抱える方たちへの、社会的な理解を向上させる取り組みの「Warm Blue Day」「バディーウォーク東京」「りんごプロジェクト」などを支援しております。

障がい者による芸術活動については、発表の場を広げ、作品への理解を深め、作家の地位向上や、権利の保全を目指す活動を支援しております。

障がい者就労支援の「ジョブボンプロジェクト」へは、テレビ朝日と一体となって古書の寄付を続けております。

NAKANO街中まるごと美術館!アール・ブリュット -人の無限の創造力を探求する2023-
高齢者福祉
高齢者施設アレンジ花贈呈企画

日本は超高齢化社会に突入していて、人暮らしや夫婦2人の世帯が多い現状があります。シニアの皆さんが少しでも生き甲斐をもって、明るく過ごせるようにと願っています。

「国際シニアの合唱祭」などを応援するとともに、施設で暮らすお年寄りに楽しいひとときを過ごしていただければと、昔なつかしの歌謡ショーやDJ OSSHYの健康いきいき運動ディスコショーなど、「高齢者施設訪問」を行っています。常時高齢者施設からの応募もお待ちしております。応募はこちらからどうぞ。