2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

新着記事

RSSフィード配信
相棒番組サイト
相棒
■2017年02月15日 15:57

ブログをご覧の皆様、こんばんは。
AP増田です。

 

「劇場版IV」も無事公開され、おかげさまで大変好評頂いております!!
ご覧いただいた皆様、本当に本当にありがとうございます!!

 

また、先日2月13日(月)放送された「Qさま!!×相棒」はご覧いただけましたでしょうか?

「Qさま!!」スタッフの尽力により実現した相棒史上過去最大級のコラボ企画でした。
“亘の奇跡”で初優勝をされたなんぶ桜澤山さん、おめでとうございます!!
まるで台本があるかのような展開で、スタジオは笑いと興奮の渦でした。
ドラマ仕立てのヒントVTRは、相棒ドラマ撮影の合間を縫って撮影されました!!ハードスケジュールでしたが、「劇場版IV」の盛り上げの為と、キャスト・スタッフ一丸で乗り越えてもらいました!!

 

そして!! 劇場版のみならず、ドラマ「相棒15」も盛り上がってまいります!!

相棒15 第15話「パスワード」
今夜 215日(水)よる9時放送!!
ゲスト:橋本真実 他

▼あらすじ
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0015/

介護ヘルパー刺殺事件が発生!!
被害者が担当していた視覚障害を持つ真奈美に捜査の目が…。
誰が犯人なのか、そして動機はなんなのか?
事件のカギとなるのは、“ある香り”・・・!?

「相棒15」第15話_0029

幸子さんが入院!? 「ついてない女」復活!?

「相棒15」第15話_0012

鑑識の益子と亘の関係にも変化が!?

「相棒15」第15話_0075

「相棒15」第15話_0200

今回、視覚障害を持つ女性・井上真奈美を演じる橋本真実さん。

「相棒15」第15話_0115

物語のキーパーソンであり、目が見えない役という表現の難しい役を演じていただきました。

 

 

今回は、そんな橋本真実さんにコメントを頂きました!!

IMG_2881

Q.視覚障害を持つ女性・井上真奈美役をオファー受けられての感想はいかがでしたか?

A.ドラマをご覧頂く方々が、実際は視覚障害ではない私の演技にリアリティを感じていただいて物語に入り込んでほしいので、細かい仕草などにも嘘があったらいけないと思いました。それでこの役を頂いてすぐに実際視覚障害を持たれるアドバイザーの方を制作の方にご紹介頂き、お宅を訪ねました。その方からいろいろな話を伺い、一緒に散歩に出かけたり、お茶をいれてみたり、点字に触れたりして、生活の一部をご一緒させていただきました。


Q.
演じる上で特に難しかったところはどんな点ですか?

A.目の芝居ですね。目は開けていますが、見えてはいないということに説得力を持たせないといけない。セリフを言いながら感情を表現しようとすると、どうしても目線を上下させたり、まばたきが多くなったりしてしまうんです。まばたきはなるべく控え、目線も心情によってあまり動かさないよう心がけました。手元を見ずにお茶を淹れるシーンがあるのですが、そこも苦労しました。真奈美という役は目が見えない生活に慣れてはいるので、おぼつかない動作でもいけないわけでしたから。


Q.
撮影現場はいかがでしたか?

A.「相棒」の撮影現場はとてもチームワークがいいなという印象です。新参者の私は最初緊張していましたが、監督やスタッフの皆さん雰囲気がよく、スッと入れました。

また、水谷豊さんとは初めての共演だったのですが、とてもフランクな方で、緊張させないよういろいろ話しかけてくださいました。私のクランクインが屋上で冬の寒空の下での撮影だったんですが、私の衣裳はパジャマだったので、「その格好で寒くない?(笑)」など気さくに声をかけてくださったおかげで、お芝居に集中できました。


Q.
見どころをお願いします。

A.私が演じた真奈美という女性は、やりたいことが自由にできないジレンマや寂しさなどを持つ女性で、そんな心の動きが繊細に描かれているお話だと思いますので、是非注目して見ていただければと思います。


Q.
ありがとうございました!

A.ありがとうございました!!

伊東仁(いとう ひとし)
1972年生まれ。京都出身。
1997年テレビ朝日入社。
2004年念願のドラマ班へ。
「相棒」はシーズン3よりAPとして担当し、シーズン6よりプロデューサーに。
「相棒」のほか「刑事部屋」「PS羅生門」「吉祥天女」「ホテリアー」「ゴンゾウ」を担当。現在に至る。