「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch2】「競泳ジャパンオープン2021」今日の見どころ -2日目-

 

6/4(金):2日目

■女子400m個人メドレー
大橋悠依 女子エース登場

注目は世界水泳銅メダルの大橋悠依(25)。4月の日本選手権で優勝を飾るも、タイムに納得いかず体力面を課題としていた。4~5月でがっつり泳ぎこみをしたい、と話していたが、どこまで体力を戻せているか確認のレースとなりそうだ。現在世界ランキングは2位(4:35.14 5/31時点)。トップは五輪金メダルのカティンカ・ホッスー(4:34.76)。五輪まで2か月を切った今大会で少しでも差を詰めて自信をつけておきたい。
「かわいいっす」と大橋が話すのが、高校生で代表入りを果たした、新鋭・谷川亜華葉(あげは)(17)。現在世界ランキング10位。目標である五輪決勝進出に向けて、ここで自己ベスト更新を狙う!

■200m自由形
松元克央 ラスト60mで追いカツオ作戦

東京五輪の金メダル候補、“世界のカツオ”こと松元克央(24歳/19世界水泳・銀)が登場!4月には自身が持つ日本記録を更新し『新カツオ!』(1:44.65)。以前から取り組んでいるラスト60m地点からテンポをあげキックをさらに打つ“追いカツオ作戦”に成功し、金メダルへ求められる1分44秒台に突入した。今シーズン世界ランキングは現在3位(5/31時点)。44秒前半を出したイギリスのD・スコットについて「正直焦った」と漏らすも、冷静に現在地を把握すると勝負はラスト60mだと再確認。「(ラスト60mから)追いカツオができれば勝てる」。今大会のラスト60mに注目!
ちなみに五輪前最後の大会となる松元は、午前中に決勝が行われる五輪をイメージして予選から9割で泳いでいきたいと話している。

■男子100m背泳ぎ
入江陵介 土台見直し!進化し続ける31歳

五輪4大会連続出場となった競泳ニッポンのキャプテン入江陵介(31)。06年、16歳で初代表となり、東京五輪で16年目の日本代表となる。今大会は今年の競泳ニッポンがチームとして挑む大会でもあり、入江は頼れる大黒柱としてこの先チームの中心となる若手選手へ積極的にコミュニケーションをとっている。今シーズンは全レース53秒台と安定感は健在。4月日本選手権後には、自由形を多く取り入れた練習や補強を加えたウエイトに取り組み1から土台作りに励んでいる、今なお努力を惜しまない31歳。目標は09年にマークした日本記録52秒24を更新し、かつての自分を超えること。五輪を目前に今季初の52秒台は出るか!?

競泳ジャパンオープン2021
テレ朝チャンネル2/2日目>
■6月4日(金) 午後4:30~
【生中継】

 

LINE はてブ Pocket +1
関連記事