「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch2】“ピックアップスポーツ”「競泳界の未来を担うクラブ対抗の”団体戦”」水泳 クラブ世界一決定戦 ISL2020

競泳界の未来を担う新たなクラブ対抗の”団体戦” ISL(国際水泳リーグ)

今シーズンから北島康介GM率いる日本チーム「東京フロッグキングス」が初参戦で今、注目の水泳リーグだ。

そんな注目のISLの競技の魅力をここで、ちょっとだけご紹介。
水泳といえば、タイムを競い、メダルを目指して順位を競い合う個人競技としての印象が強いが、
このISLでは、”団体戦“ということで何よりも順位が重要視される。1位から9ポイント、2位7ポイント、3位6ポイントと以下8位まで順位に応じてポイントが加算されるのだが、さらにポイント横取りのチャンスというゲーム性に富んだ“ジャックポット”という独自のルールが”団体競技“としての水泳を面白くしている。
ジャックポットとは1位の選手が、下位の選手と一定のタイム以上の差を付けた場合、得点を横取りできるというもの。まさに一攫千金の大チャンスのルールが、今年から採用されており、試合の展開を熱くさせている。2時間20種目にわたるマッチレースで何度も発生する、このジャックポットは見ごたえ十分だ。
初戦となった東京フロッグキングスで、そんなジャックポットにより1レースで19点もの得点を叩き出したのが、第3戦day2:女子200mバタフライで勝利した長谷川涼香だ。1位LAカレントを一気に逆転し、チームに勢いをつけると、その後のキャプテン入江陵介、大橋悠依もジャックポットの活躍で続いた。
東京フロッグキングスは惜しくも、総合順位で1位LAカレントに29点及ばなかったものの、506.5点で初戦を堂々の2位で飾り、勝ち点3を獲得。順調な滑り出しを見せた。
次の東京フロッグキングスの戦いは、
10/30(金)よる11時から第5戦、DC トライデントLA カレントロンドン・ロアーと相まみえる。ロンドンには、平泳ぎ絶対王者ピーティが待ち受ける。小関也朱篤・佐藤翔馬の活躍に期待だ。
第5戦【日本チーム第2戦】
<2夜連続独占生中継>
day1:10/30(金)よる11時~
day2:10/31(土)よる8時~

詳しくはこちら↓

 

 

 

 

 

 

LINE はてブ Pocket +1
関連記事