NEXT放送予定

2018.07.21

次回の放送

日本のクラシックの音楽祭を知る休日

夏は音楽フェスシーズン!実は、クラシックの音楽祭もたくさん行われています。今回はその魅力を語りつくします。
♪堤剛、徳永二男、吉野直子、三浦文彰

出演者

堤 剛  つつみ つよし /チェロ
カザルス国際コンクール第1位、ミュンヘン国際コンクール第2位をはじめ、日本芸術院賞、ウジェーヌ・イザイ・メダル、芸術祭放送大賞、中島健蔵音楽賞、毎日芸術賞など多数受賞。また、2009年秋には紫綬褒章を受章。2013年、文化功労者に選出。インディアナ大学教授(1988年秋〜2006年春)、桐朋学園大学学長(2004年4月〜2013年3月)を歴任し、現在、サントリーホール館長、霧島国際音楽祭音楽監督、日本藝術院会員。名実ともに日本を代表するチェリストである。
徳永 二男  とくなが つぎお /ヴァイオリン
人気、実力ともに日本を代表する演奏家。長年NHK交響楽団のソロ・コンサートマスターを務める。1994年NHK交響楽団退団後は、ソロ、室内楽に専念。1996年から宮崎国際音楽祭の総合プロデューサーを経て2011年からは音楽監督を務めている。モントリオール交響楽団、イギリス室内管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団をはじめ国内外の主要オーケストラとも共演。CDも多数リリース。最新CDの「Tango」も好評。2016年には、楽壇生活50周年を迎え、多年の功績に文化庁長官表彰を受ける。桐朋学園大学特任教授。
吉野 直子  よしの なおこ /ハープ
日本が誇るハープの国際スター。第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少で優勝。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団などトップ・オーケストラ、小澤、アーノンクール、ブーレーズ、アバドほか世界的指揮者との共演、ザルツブルク、ルツェルン、ロッケンハウス、グシュタード、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、サイトウ・キネン、マールボロ、モーストリー・モーツァルトはじめ主要音楽祭から招かれている。数々のCDも高く評価されている。
http://www.naokoyoshino.com/
※リンク先は外部サイトへ遷移します。
三浦 文彰  みうら ふみあき /ヴァイオリン
2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に一躍脚光を浴びる。6歳から徳永二男氏に師事。NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽を演奏したことも話題に。国際的な活躍が目覚ましく、今年はロンドンでズーカーマン指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と、サンクトペテルブルクでゲルギエフ指揮マリンスキー劇場管弦楽団との共演を予定。使用楽器は、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス1704年製作“Viotti”。

放送予定曲

  • ♪1:「愛のあいさつ」

    作曲: E.エルガー
    編曲: 萩森英明
    チェロ: 堤剛
    ヴァイオリン: 徳永二男、三浦文彰
    ハープ: 吉野直子

今後の放送予定

2018.07.28

「高嶋ちさ子と7人のチェリストの音楽会」

その強烈なキャラクターでバラエティ番組でも人気のヴァイオリニスト・高嶋ちさ子さんが愛してやまない楽器、チェロの魅力を伝えるために日本トップレベルの7人チェリストを招集。他にはないチェロとヴァイオリンだけのアンサンブルをお楽しみください。
♪高嶋ちさ子、スーパーチェロ7

2018.08.04

「指揮者が愛する「新世界より」の音楽会」

33歳の若きマエストロ・川瀬賢太郎さんの指揮で、ドヴォルザークの「新世界より」をお楽しみ頂きます。この「新世界より」をこよなく愛する川瀬さん。指揮者人生の節目節目にこの曲があったそうです。いったいどの様なかかわりがあったのでしょう?川瀬さんの楽曲に対する想いや解説、独自の解釈を交えながら、「新世界より」をより深く味わって頂きます。
♪川瀬賢太郎、日本フィルハーモニー交響楽団

2018.08.11

「変幻自在な作曲家サン=サーンスの音楽会」

フランスが生んだ偉大な作曲家サン=サーンスは、様々なジャンルで名曲を残していますが、同一人物の作品とは思えないほど変幻自在に印象の異なる作品を作っています。今日はその多彩な楽曲の数々をお楽しみください。
♪藤木大地、佐藤晴真、田中祐子、東京フィルハーモニー交響楽団