「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch1】LUNA SEA 30周年記念のスペシャルコンテンツ&LUNATIC X’MAS 2019アンコール放送!

待望の声に応えて一挙にアンコール放送!!

2019年バンド結成30周年を迎え、記念すべき10枚目のアルバム『CROSS』をひっさげアニバーサリーイヤー真っ只中のLUNA SEA。

テレ朝チャンネルでは、さいたまスーパーアリーナより12月に生中継をした『LUNATIC X’MAS 2019』の模様と、30周年を記念したスペシャルコンテンツ『「30th Anniversary Special Program 5人の伝説(レジェンド)たち』をアンコール放送する。

スカパー!ご加入はこちら

 

幻想的に讃美歌が流れる中、天井からまるで何かが降臨するようにライトが降りて光の柱をつくる。さいたまスーパーアリーナに厳粛な空気が広がっていきアリーナの熱気が高まるなか、メンバーがステージに登場。LUNATIC X’MAS 2019の2日目は『宇宙の詩~Higher and Higer~』でスタート。

オープニングからの熱いボルテージにあわせるようにステージに火花が散る演出のなか『The End of The Dream』から、「今日も飛ばしていくぞ! 」とRYUICHIがフロアを煽ると、キラーチューン『ROSIER』へ突入。

「LUNA SEAのこの30年間の奇跡はこの5人が変わらずここに立っていること。そしてみんなか支えてくれていること。一緒にこれからさらに高見を目指して、未来に向かって走っていきたいと思います。」と、RYUICHIが感謝の気持ちを述べる。

SLAVEからもその気持ちに応えるように歓声があがるなか、終幕以前最後のオリジナルアルバムより『Sweetest Coma Again』を披露。

 

続いて未来的なカラフルな光の演出が飛び交うなか『BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~』ではクラップが巻きあがり、一転、壮大なバラード曲『悲壮美』からSUGIZOのヴァイオリンとINORANのアコギが深く力強く響く『闇火』へ。

ライヴ中盤のドラムソロでは、実はこの日ライヴ会場で鳴らすのは世界初なる、Pearl新電子ドラムe/MERGE(イーマージ)を操る真矢と能の囃子とのコラボレーションを披露、続いてJが男気溢れるベースソロを魅せて「30周年だし、クリスマスだし、俺はなんかテンション高えし、このままの勢いで次の曲コールさせてもらいます! Jesus don’t you love me?! 」と叫ぶと再びステージにメンバーが集結。そしてSUGIZOプロデュースによるLUNA SEAの書き下ろし楽曲、機動戦士ガンダム40周年記念テーマ曲『THE BEYOND』へ。伸びやかで壮大なサウンドにアリーナが包まれていく。

ここで実は、機材トラブルが発生。メンバーはステージに残ったまま「ここからテレビを点けた人は勘違いするんじゃない? そう、今日はトークライヴです(J)」というように、和やかにトークやメンバー紹介などが繰り広げられる。そして「FC SLAVEとしてLUNA SEAの看板を守ってくれたのはみなさんですからね、だから僕たちはここに帰ってこられたんです。(SUGIZO)」「あのときは生意気にもなっていたと思うし、迷っていたとも思う。苦しさも若さがあって、そういうなかで終幕を選んで。“LUNA SEAっていう言葉、ちょっとの間でいいから聞きたくないんだよね”っていう時期をメンバーは多かれ少なかれ経験しているんだと思うんです。そんなときでもLUNA SEAを支えてくれたファンの人たちがいた。(RYUICHI)」と、今だからこそ言える本音と心からの感謝の言葉も飛び出す。

「いやー、こうやって人の絆って深まるんだね(INORAN)」というように、メンバー一丸となってそのトラブルさえも楽しんで乗り切る姿は、まさに貴重な“神回”となったといえよう。

ここでSUGIZOが、機材トラブルを抱えたままライヴを続行することを決断し後半戦に突入。完璧とはいえない状況のなか、メンバーが一丸となって実力と信頼で支えるパフォーマンスで『BLACK AND BLUE』から、本編最後にシンガロングが巻き起こった1stシングルでもある『BELIEVE』まで全力で駆け抜けた。

アンコールを待つ間、アリーナのどこからともなく『きよしこの夜』の合唱がはじまり、スマートフォンのライトでアリーナに光の宇宙が出現。メンバーがステージに再登場するとクリスマスソング『HOLY KNIGHT』から『White Christmas』、そして『I for You』とLUNATIC X’MASにはマストの楽曲たちをお返しとばかりに捧げてくれた。

そしてライヴではラストの楽曲として定番の『WISH』で銀テープが舞う。ステージは暗転するがまだこれだけでは終わらない。アルバム『CROSS』の1曲目である『LUCA』のイントロがはじまる。

「この曲から俺らの新しい旅たちが始まるから一緒に旅しようぜ!(INORAN)」と叫んだように、ラストの楽曲ではあるが終わりではない始まりの余韻を残し、“LUNATIC X’MAS2019”は終了した。

撮影=田辺佳子、橋本塁、清水義史 

 

LUNA SEA 30th Anniversary Special Program

5人の伝説(レジェンド)たち

■2月8日(土) 午後2:00~

LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019 at さいたまスーパーアリーナ day-2

■2月8日(土) 午後3:55~


LINE はてブ Pocket +1
関連記事