ストーリー

第40話「男の美学」 12月4日(日)放送

 ボンタン狩りをするヤンキー風のプレイヤー・キルメンチに遭遇したレオは、一対一の真っ向勝負を。レオの男気に押されたキルメンチは、一旦勝負をあずけ退散する。そんな中、レオはヤンキーにカツアゲされている小学生・ジュン(新井真悟)と出会う。自分で取られた物を取り返せる強い男になりたいというジュンのため、レオは特訓を開始。体力では勝てない年上相手には、せめて気合いで勝てとアドバイスを。

 取られたお金を取り返しに向かったジュンは、大きな声を出して気合いでヤンキーに勝利。実はレオたちの援護あっての勝利だったが、ジュンは自分が強くなったと勘違い。お金を取り返しただけでなく、今までの仕返しをしようと拳を振り上げる。そんなジュンの姿を見たレオは、ジュンには強くなる資格もないと言い放つ。

 強くなったと認めて欲しいジュンはレオに勝負を挑む。しかし、ジュンはクバルの差し金による邪悪なグローブを使ったため、レオは大きなダメージを負ってしまう。そこにキルメンチが出現。「拳は相手を傷つけるためではなく、守るために振るうんだ」と身を挺して守ってくれるレオの姿を見て、ジュンは本当の強さを知る。レオがキルメンチに気合いの一撃を見舞い、駆けつけた大和たちとともに撃破。巨大化したキルメンチはジュウオウキングオクトパスで撃破する。その頃、クバルに疑念を抱くナリアは、クバルと激突。ナリアを倒したクバルは、記憶を読み取り…

バックナンバー