Newsニュース

2019年3月28日

「体ごとぶつかっていけた!」天海祐希vs.浅野温子 初共演で大激突!!

天海祐希と浅野温子、待望の初共演! リスペクトし合いながら役の対立関係を構築

 第1話(4月11日放送)に、浅野温子が警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子役でゲスト出演! 圧倒的な権限を持つ警察組織の上司として、また、人質救出目的だったと主張する“監禁立てこもり犯射殺事件”について取り調べを受ける被疑者として…。「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」を撹乱し続ける“史上最悪の敵”に扮し、初共演となる天海とともにゾクゾクする対立関係を演じます!
 天海と初めて会った浅野は「人の中にすっと入っていく方で、ビックリしました!」と仰天。「とても気遣い屋さんな天海さんが中心となって門戸を開いてくれていたから、疎外感が全然なかった! だからこそ気持ちがラクだったし、芝居でビシバシやるときも、切り替えがラクでした」と、リラックスした表情を見せました。対する天海も「佇まいの雰囲気から細部に至るまで、細心の注意を払って役作りをされていて、とても勉強になりました」と、大先輩の女優魂に心酔! 「撮影を終えた温子さんからは『最後まで頑張ってください』という言葉も頂き、今後への活力になりました。素晴らしい先輩に第1話を華々しく飾っていただき、本当に幸せです。感謝しかありません!」と、充実の初共演に並々ならぬ思いを馳せていました。

緊迫の心理戦を享受する浅野が、体ごとぶつかってくる天海をドンと受け止める!

 第1話の見どころはやはり、取り調べを中心に展開される玲子とキントリの駆け引き! 過去には取り調べる側も、取り調べられる側も演じてきた浅野ですが、「今回はキントリという専門チームが主体なので、心理戦の要素が強いんです。相手の作戦にいかに引っかからないようにするか、あるいは引っかかったふりをしてやるぞ…というような、“お互いの筋書きが裏でぶつかるキャッチボール”は、私にとっても初めての経験でしたね。今まで経験してきた刑事の取り調べとは一味違う、心理戦の最たるものになっていたなぁって思います」と、緊迫の取り調べ劇を満足げに振り返ります。
 そんな浅野とのセッションを、天海も全身で堪能! 「温子さんのお芝居によって菊池参事官が台本の中から立体的に浮かび上がり、第1話の撮影最終日に撮った一番重要なシーンでは、私も温子さんに体ごとぶつかっていけたような気がします。そんな私をドンと受け止め、お芝居を返してくださったので、すごく素敵な時間を過ごさせていただきました」と語り、笑顔を覗かせました。
 両者ともに魂を震わせた圧巻の取り調べ劇。一瞬たりとも目を離せない攻防戦を経て、マル裸にされる真実とは一体…!? 痛烈なパンチとともに開幕する第3シーズンを、どうぞお見逃しなく!

第1話に続々参戦…! キントリ・メンバーの前に立ちはだかるゲストたち

 第1話には浅野以外にも、ゲストが次々と登場! 市川由衣は監禁立てこもり犯射殺事件の現場となった家の主婦・藤沢さおりを、淵上泰史は立てこもり事件を起こした犯人・野本雄太を、吉川愛はキントリを振り回す“ある事件”の被疑者・北山未亜を、そして…第1シーズン以来の登板となる篠井英介は今や警視庁の副総監となった相馬一成を熱演。キントリ・メンバーの行く手に、立ちはだかります! はたして、彼らはどんな形で物語とキントリをかき乱していくのか…!? 乞うご期待です。

天海祐希(真壁有希子・役) コメント

 温子さんは佇まいの雰囲気から細部に至るまで、細心の注意を払って役作りをされていて、とても勉強になりました。菊池参事官が警察組織の中で踏ん張り、頑張ってきた理由は想像以上に苦しく、切ないものです。ですが、その背景をも真っ直ぐに見据えている女性を、温子さんが力強く演じてくださいました。温子さんのお芝居によって菊池参事官が台本の中から立体的に浮かび上がり、第1話の撮影最終日に撮った一番重要なシーンでは、私も温子さんに体ごとぶつかっていけたような気がします。そんな私をドンと受け止め、お芝居を返してくださったので、すごく素敵な時間を過ごさせていただきました。それを視聴者の皆さんに見ていただけると思うと、とても幸せですし、ぜひ楽しんでいただきたいです。
 撮影を終えた温子さんからは「最後まで頑張ってください」という言葉を頂き、今後への活力になりました。素晴らしい先輩に第1話を華々しく飾っていただき、本当に幸せです。感謝しかありません!

浅野温子(菊池玲子・役) コメント

 天海さんと共演するのは初めてなので、どんな人なのかなぁって、すごく楽しみでした。実際にお会いしたら、警戒心がなくて、人の中にすっと入っていく方で、ビックリしました! そんな天海さんがリーダーシップを取っているキントリ・チームは、ほんわかしていて、すごくいい! 普通はそういう出来上がったファミリーの中に外からゲストで入ると、すごくつらいんですけど(笑)、とても気遣い屋さんな天海さんが中心となって門戸を開いてくれていたから、疎外感が全然なかった! だからこそ気持ちがラクだったし、芝居でビシバシやるときも、切り替えがラクでした。
 私が演じる玲子は53歳まで仕事一筋で、独りで生きていくと決めた人。その中で天海さん演じる真壁有希子のことは唯一認めていて、仕事における今後の道を一緒に歩んでいってほしい人だと思っているんです。でも、2人の生き方は水と油のように違う! そういう「好きなんだけど、一緒にはいられない…」という、恋愛以外でも存在する愛情と関係性が出たら、すごくうれしいなぁって思いました。
 私はこれまで取り調べる役も、取り調べられる役も演じることが多かったんですけど、作品によって取り調べの進み方や描かれ方が違うんですよね。今回はキントリという取り調べ専門チームが主体なので、心理戦の要素が強いんです。相手の作戦にいかに引っかからないようにするか、あるいは引っかかったふりをしてやるぞ…というような、“お互いの筋書きが裏でぶつかるキャッチボール”は、私にとっても初めての経験でしたね。今まで経験してきた刑事の取り調べとは一味違う、心理戦の最たるものになっていたなぁって思います。『緊急取調室』の魅力は、時間の経過とともに視聴者もキントリと被疑者のペースに巻き込まれて、どちら側からの見方でも楽しめること。今回もどれだけお客さんがだまされて、チッと舌打ちしてくれるかなぁって(笑)、私も楽しみです!