ストーリー

2017年9月7日(木)

第114話

 九条摂子(姫/八千草薫)の本葬は東京で行われることになり、小さくなった姫のお骨とともに多くの人たちが出発する。菊村栄(石坂浩二)は静まり返った施設で追悼文の執筆に取り掛かるが、思いがけず名倉修平(名高達男)に誘われ、高井秀次(藤竜也)、白鳥洋介(上條恒彦)とともに姫の見事な最期について話を聞くことに。また、及川しのぶ(有馬稲子)が姫の枕元に置いていったという一冊の詩集の存在を知る。

【ゲスト】
四宮道弘(シノ)…向井 理