ストーリー

2017年7月5日(水)

第68話

 水谷マヤ(加賀まりこ)と白川冴子(お嬢/浅丘ルリ子)の仲が急に険悪になる。菊村栄(石坂浩二)は、その原因が『流されて』の舞台化に関係していると察知。どうやら、断捨離にハマり女優への未練すら捨てたというマヤにとって、久々の仕事のオファーに舞い上がるお嬢の姿は年がいもなく、いらだたしく映るらしい。
 そんなマヤにも捨てられないものがあった。それは、犬山小春(冨士眞奈美)が自殺直前に、絶縁状態のマヤに送ってきた手紙だった。