NEWS ニュース

2017年11月11日

ディーン・フジオカが徹子に“熱血授業”!?
黒柳の熱望により贅沢すぎるゲスト出演が実現!

ディーン・フジオカが、ゲスト出演!!

 ヒロイン・徹子(清野菜名)をめぐる個性豊かな登場人物たちを充実の俳優陣が演じて大きな話題の本作ですが、またまた豪華キャストが実現! ディーン・フジオカのゲスト出演が決定しました。

テレビ女優としての“使命”と“誇り”を徹子にレクチャーする、NHK講師役!

 ディーンが演じるのは、アメリカ帰りのNHK講師・河毛博(かわけ・ひろし)。河毛は、NHK専属俳優の最終選考に残った徹子に“テレビの可能性”について講義。合格したとはいえ、毎日、叱られてばかりの徹子に、テレビ俳優としての熱き使命を教え授ける役どころです。
 河毛は黒柳が研修時代に出会った実在の講師をモデルとした、ドラマ・オリジナルのキャラクターですが、アメリカでテレビジョンについて学んできたという設定で、グレーのチェックジャケットに黒ベースのネクタイというスタイリッシュな衣装をまとって登場。
 「テレビジョンによって、世界は永遠の平和を実現できるかもしれない」「あなた方はテレビジョンを成功に導くため、全身全霊で努力しなければなりません」と熱弁をふるう河毛に、徹子ら一期生たちは感動! 徹子が思わず「ステキ……」とウットリする場面も。

黒柳のオファーに、熱演で応えたディーン!貴重な1シーンが完成!!

 もともと、ディーンは黒柳が今、最も注目している俳優のひとり。黒柳本人が出演を熱望し、ディーンがそれに応える形で、今回の出演が実現しました!
 ディーンの出演は、11月22日(水)放送の第38話の1シーンのみです。ぜひ、お見逃しなく…!

ディーン・フジオカ コメント

黒柳徹子さんの人生を語る上で、大切な出会いとなった先生役を演じる機会を頂き、とても光栄に思います。

そして何より、徹子さんから出演オファーを頂き本当に嬉しかったです。

僕が演じた河毛博という役は、若い頃の徹子さんに、当時まだ未知数であったテレビが持つグローバルな可能性を初めて説き、その後の徹子さんの人生に大きな影響を与えた方をモデルにした役です。

役者として、一人の人間として尊敬する徹子さんの人生の物語の一部に、短いシーンではありますが登場する機会を頂けた事を、とても誇りに思います。

清野菜名 コメント

ディーンさんとは1年半前に
お仕事をさせていただいて、今回また再会できたことが嬉しかったです。
1年半ぶりのディーンさんもかっこよかったです。