タイガーマスクW

毎週土曜 深夜(一部地域を除く)

主な登場人物

東ナオト/タイガーマスク
CV:八代拓

21歳の青年。小さなプロレス団体ジパングプロレスの若手選手だったが、大手黒船団体GWMに道場が潰されてしまう。GWMの裏に存在する「虎の穴」を倒すべく、かつて「虎の穴」に勝ったことのあるタイガーマスクになる決意をし、訓練を始める。

藤井タクマ/タイガー・ザ・ダーク
CV:梅原裕一郎

東ナオトの友人で、同じくジパングプロレスに所属していた選手。 ジパングプロレスがGWMに潰された時、父親が大怪我を負わされ、復讐を決意。 自ら「虎の穴」に入り、内部から潰そうとする。
「虎の穴」での過酷な訓練を受け、ついに「タイガー・ザ・ダーク」となる。21歳。

高岡春奈
CV:三森すずこ

初代タイガーマスクの正体を知る唯一の人物・高岡拳太郎の姪。 ナオトの正体を知る数少ない人物で、タイガーマスクのマネージャーを務める。 ナオトに憧れているが、表面には出さずマネージャーとしてサポートする。

高岡拳太郎
CV:田中亮一

初代タイガーマスク伊達直人の友人。小さなバイクショップ、高岡モータースを経営しながら、東ナオトをタイガーマスクに育てる。姪の高岡春奈と共に、新タイガーマスクをサポートする。

藤井大助
CV:草尾毅

藤井タクマの父親。ナオト、タクマも所属していた小さなプロレス団体、ジパングプロレスを経営している。 虎の穴が仕掛けたレスラー、イエローデビルに破れ、現在も病院でリハビリを続けている。

山科ルリコ
CV:千葉千恵巳

ジパングプロレス社長、藤井大助が入院した病院の看護師。よくお見舞いに訪れるナオトが気になっている。

来間ヒカリ
CV:橘田いずみ

プロレスを取材する月刊プロレスワールドの女性記者。タイガー・ザ・ダークに近づき、彼が抱える秘密に惹かれ始める。

▲ページトップへ戻る