テレメンタリー2019

毎週日曜日 早朝4時30分 放送中

テレメンタリー2019

番組からのお知らせ

『再放送』について
テレビ朝日での放送終了後、『テレ朝チャンネル2』(CSテレビ)にて
作品の一部が再放送されています。詳しくはこちらでご確認ください。

次回の予告

2019年7月21日放送
「故郷と生きる〜西日本豪雨 被災集落の1年〜」

父の最期の場所を
初めて訪れた高取久美子さん

去年7月の西日本豪雨。広島県呉市の市原地区は土砂崩れで3人が犠牲になった。父を亡くし消沈していた高取久美子さんは2ヵ月後、父の言葉を胸に前を向こうと決意する。ただ、思いの詰まった集落には戻れていない。土砂に覆われた市原地区では24世帯58人のうちの半数以上が集落を離れた。残された住民は「米作りが再生につながる」と信じて復旧にあたり、6月には田植えに漕ぎつけた。多くが流され諦めもよぎる中、復興へ苦心する集落の1年を追った。

ナレーター:上白石萌音
制作:広島ホームテレビ

次々回の予告

2019年7月28日放送
「我がら“色川人”〜地元と移住者の40年〜」

学校で遊ぶ
移住者の子どもたち

和歌山県・那智勝浦町の山あいにある色川地区は、人口わずか320人ほど。多くの住民が電気・ガスをほとんど使わず、薪で火をおこし、川の水を引いて生活を送る。実に40年以上に及ぶ移住者受け入れの歴史を持ち、いまでは“半数以上が移住者”という全国でも珍しい地域となった。日本の山間部では過疎が急激に進む中、いったいこの地域の何が人々をひきつけるのか。そこには、地元住民と移住者が築き上げてきたある仕組みがあった。

ナレーター:宮崎美子
制作:朝日放送テレビ