テレメンタリー2018

毎週日曜日 早朝4時30分 放送中

テレメンタリー2018

番組からのお知らせ

ギャラクシー賞9月度月間賞受賞

9月に放送した「検証・西日本豪雨」の3回シリーズがギャラクシー賞9月度月間賞を受賞しました。

9月2日「道は濁流になった」制作:広島ホームテレビ
9月9日「ダムに沈められた町」制作:愛媛朝日テレビ
9月22日「自治体の悲鳴〜水害列島日本〜」制作:九州朝日放送

<選出理由>
平成最悪の水害となった7月の「西日本豪雨災害」から何を学ぶのか、ローカル3局が地域をまたいで協力して取り組んだ検証シリーズ。
被災者の証言に加え、防犯カメラ、ドライブレコーダー、視聴者提供の映像を駆使して水害の恐怖を伝えるとともに、避難指示の出し方など行政のあり方に鋭く切り込む。
3本とも示唆に富んだ内容だった。

*****************************

『再放送』について
テレビ朝日での放送終了後、『テレ朝チャンネル2』(CSテレビ)にて
作品の一部が再放送されています。詳しくはこちらでご確認ください。

次回の予告

2018年12月16日放送
「“3.11”を忘れない75 廃炉にゆれる町」

廃炉の方針が示された
福島第二原発

多くの県民の生活を一変させた福島第一原発事故。その第一原発から南に12kmにあるのが、津波に襲われながらも事故を免れた福島第二原発。今年6月、東京電力が初めて示した第二原発廃炉の方針は、県などが震災後から求めてきた念願だった。しかし、いまだ復興途中の立地町からは再稼働を望む本音も聞こえる。原発に多くのモノを奪われても、原発に頼らないといけないジレンマ。多くの恩恵を受けてきた町は、廃炉に揺れている。

ナレーター:池田速人(KFBアナウンサー)
制作:福島放送

次々回の予告

2018年12月23日放送
「中洲の夜間保育園」

中洲の夜間保育園の外観

「夜中に子供を預けるなんて、子供が可哀想?」「シングルマザーになったのは、自業自得?」核家族化、女性の社会進出、昔の話とはちょっと違ってきています。九州一の繁華街、中洲。眠らない街の片隅に眠らない保育園があります。夜遅くまで保育園で迎えを待つ子供たち。子どものため、生活のために夜遅くまで働くシングルマザーやシングルファザーたち。様々な事情や突然のアクシデントも夜間保育園はそっと支えてくれます。

ナレーター:仲里依紗
制作:九州朝日放送