東京サイト 毎週月〜金 午後1時45分から

バックナンバー

テーマ
競え技能!in東京

1週間分の動画はこちら
※ここから先はYouTubeです

20211213日(月)

「造園」

東京で開催される「Tokyo技能五輪・アビリンピック2021」に出場する選手を紹介します。
「技能五輪」は、次世代を担う若者たちが全42職種で技能レベルの日本一を競う全国大会です。努力目標を与え、優れた技能に触れる機会を提供することを目的としています。
東京都代表の一人として「造園」の競技に出場する笠原湧太(かさはら・ゆうた)さん。高校から造園を学び、造園会社に入社して3年目の21歳です。「造園」の競技では、決められた区画内で図面通りに作庭することが課題です。取材した日、笠原さんが練習していたのは「敷石」の部分。2枚の長方形の石を1枚はそのまま、もう1枚は図面通りの形に割っていき、指定された寸法に仕上げる練習です。見習いとして働いている笠原さんは、この大会の課題をきっかけに、石を割る作業の練習を始めました。
「造園」の競技では、1日目に決まった工程まで仕上げることが求められます。そのため2日間、合計10時間で全ての作業を終えるための時間配分もポイントの一つです。「大会本番では、時間内にミスなく誤差なくパーフェクトでやりきりたい」と笠原さんは話していました。
住所:東京都杉並区永福2-47-12
電話:03-3321-8688
HP:http://www.obazouen.co.jp/
TOPヘ戻る

20211214日(火)

「時計修理」

東京で開催される「技能五輪」は、次世代を担う若者たちが全42職種で技能レベルの日本一を競う全国大会です。今回、東京都代表の一人として「時計修理」の競技に出場する小堺涼(こさかい・りょう)さんは専門学校の3年生。「時計修理」の競技では、クオーツ式腕時計と機械式腕時計の修理・メンテナンス、そして時計に使われる部品の製作という3つの課題でその技術力を競います。競技は「てんぷ」というパーツを取り出し、不具合があるものと交換し修理を行うことが条件の一つになっています。
取材した日、小堺さんが練習していたのは、うずまき状になっている「ひげぜんまい」と呼ばれるパーツの修理。不具合のあるものを、ピンセットを使って正常なものと同じ形に曲げていきます。「ひげぜんまい」はとても柔らかい金属で作られているため、少しの力でも簡単に変形してしまうそうです。さらに、曲げて形を作るだけでは修理は終わりません。実際に回転させて、うずまきの広がり具合などを確かめることが大切なポイント。「ひげぜんまい」の修理は、その出来具合で時計の精度が左右される一番重要な作業です。「本番でも頑張って金賞を狙っていきたい」と小堺さんは話していました。
専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ
住所:東京都渋谷区神宮前5-29-2
電話:03-3499-0300
HP:https://hikohiko.jp/
TOPヘ戻る

20211215日(水)

「とび」

東京で開催される「技能五輪」は、次世代を担う若者たちが全42職種で技能レベルの日本一を競う全国大会です。今回、東京都代表の一人として「とび」の競技に出場する小山空我(こやま・くうが)さんは、建設会社に入社して3年目。高校生の時は予選で敗退し、今年念願の初出場を勝ち取りました。「とび」の競技では、金属のパイプなどを使った足場の組み立て・解体の安全性、正確性などを競います。取材した日、小山さんは、30分以内を目標に手すりを精度よく組み立てる練習をしていました。図面通りの位置に時間のロスなくつけるために、寸法は全て暗記したそうです。そして、手すりをつけるときに水平を測るのは“自分の目”。大会では専用器具が使えないため、周囲の建物を参考にしながら、自分の目で水平を見極める練習も必要になります。
小山さんが所属する向井建設は13年連続で大会に出場しています。「高校生から出るのが目標だったので必ず入賞したい気持ちはある」と小山さんは話していました。
向井建設
住所:東京都千代田区神田須田町2-8-1
電話:03-3257-1301
HP:https://mux-hp.jp/
TOPヘ戻る

20211216日(木)

「ビルクリーニング」

「アビリンピック」とは障害者技能競技大会のことで、障害者が日頃培った技能を競う大会です。全国アビリンピックでは、15歳以上の障害者が25種目で技を競い合います。
東京都代表の一人として「ビルクリーニング」の競技に出場する木村優基(きむら・ゆうき)さんは、都立港特別支援学校に通う3年生。「ビルクリーニング」の競技では、決められた区画内の清掃を準備から道具の片付けまで、10分間で行います。取材した日、木村さんは、大会へ向けて通し練習をしていました。区画内を模擬オフィスとして「ゴミ箱にあるゴミの処理」、「床面の掃き・拭き作業」、「机の上の拭き作業」を順番通りに行います。大会では、作業の効率性や掃除用具を大切に扱い、正しい姿勢で行っているかなどを競います。また、入退室の挨拶もしっかりできているかもポイントの一つです。「自分の力を精一杯引き出して挑めたらいいと思っています」と木村さんは話していました。
東京都立港特別支援学校
住所:東京都港区港南3-9-45
電話:03-3471-9191
HP:http://www.minato-sh.metro.tokyo.jp/site/zen/
TOPヘ戻る

20211217日(金)

「フラワーアレンジメント」

「アビリンピック」とは障害者技能競技大会のことで、障害者が日頃培った技能を競う大会です。全国アビリンピックでは、15歳以上の障害者が25種目で技を競い合います。
東京都代表の一人として「フラワーアレンジメント」の競技に出場する聴覚障害者の猿子美那(ましこ・みな)さんは、15年前に趣味でフラワーアレンジメントを始め、3年前に日比谷花壇に入社しました。「フラワーアレンジメント」の競技では、支給された花を使って「贈答用の花束」、「花嫁のブーケ」、「食卓テーブルの装飾」を作成します。知識と表現力、実用性などが求められます。競技で作る花束は直径40pの大きさ。猿子さんは、その大きさに形作るポイントは“何度も練習して体が覚えた感覚”だと言います。さらに、高さや幅を徹底的にメジャーで測ることによって正確に仕上げていきます。猿子さんは、「今年は東京都で開催されるので、東京都代表として結果を出したいと思います」と意気込みを話していました。
日比谷花壇
HP:https://www.hibiya.co.jp/
LORANS. 原宿店
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-15 ベルズ原宿ビル1F
電話:03-6434-0607
HP:http://www.floran-jp.com/harajuku/
TOPヘ戻る

『Tokyo技能五輪・アビリンピック2021』 12月17日(金)〜20日(月)開催
電話:03-5320-4705
(Tokyo技能五輪・アビリンピック2021推進協議会事務局
※東京都産業労働局雇用就業部能力開発課内)
HP:https://www.tokyo-ginou-2021.jp/
Twitter:https://twitter.com/tokyo_ginou2021