東京サイト 毎週月〜金 午後2時00分から

バックナンバー

テーマ
期待のパラリンピアン

2016822日(月)

「陸上競技・辻沙絵」

リオパラリンピックの陸上競技日本代表、辻沙絵選手。T47クラスの100、200、400mに出場します。
生まれつき右ひじから先がない辻選手は、健常者とともにハンドボールで全国大会や国体に出場し、大学もハンドボール推薦で入学。しかし大学2年でパラリンピックを勧められ、パラ陸上に転向しました。現在は100、200、400mの日本記録を持ち、400mは今季世界ランク3位。リオでの目標は400mで金メダル獲得です。
電話:03-5706-0948
HP:http://www.nittai.ac.jp
電話:06-6654-5367
HP:http://www.jaafd.org
TOPヘ戻る

2016823日(火)

「水泳・山田拓朗」

リオパラリンピックの水泳日本代表、山田拓朗選手。S9クラスの50、100、400m自由形と100mバタフライに出場します。
生まれつき左ひじから先がない山田選手は、元々水を怖がっていて、何かあったときに命を守れるくらいは泳げたほうがいいと、3歳で水泳を始めました。そして日本代表史上最年少の13歳で、アテネパラリンピックに出場。4回目となるリオでは50mで金、100mと合わせて2つのメダル獲得が目標です。
NTTドコモ(山田拓朗選手所属)
電話:0120-800-000
HP:http://style20.jp/athlete03/
日本身体障がい者水泳連盟
FAX:078-855-6621
HP:http://paraswim.jp
TOPヘ戻る

2016824日(水)

「柔道・米田真由美」

リオパラリンピックの柔道日本代表、米田真由美選手。視覚障害者柔道の63kg級女子に出場します。
生まれつき視覚障害がある米田選手は、子供の頃は外で遊べず、ふびんに思った父親に連れられて3歳で柔道を始めました。そして初出場のロンドンパラリンピックでは、初戦で肩から落ちてドクターストップで敗退。その後の手術とリハビリで柔道をやめようと思ったことも…。リオでの目標はまず1勝、さらに勝ちを重ねてメダル獲得と語ります。
日本視覚障害者柔道連盟
電話:03-3811-5800
HP:http://judob.or.jp
TOPヘ戻る

2016825日(木)

「卓球・岩渕幸洋」

リオパラリンピックの卓球日本代表、岩渕幸洋選手。クラス9に出場します。
足が内側に入ってしまう先天性内反足と、足の関節がひもで縛られたように細くなる先天性絞やく輪の岩渕選手は、中学で卓球部に入部。一般部員とともに活動していましたが、3年のときに障害者の試合に出場し、自分より障害の重い選手に歯が立たず驚いたそうです。2020年の東京パラリンピックで金メダルを目標とする岩渕選手は、リオではメダル獲得を狙います。
早稲田大学卓球部
電話:03-3202-2313
HP:http://wasedatt.jp
日本肢体不自由者卓球協会
電話:03-6229-5427
HP:http://www.ne.jp/asahi/para/tabletennis/
TOPヘ戻る

2016826日(金)

「ボッチャ・廣瀬隆喜」

リオパラリンピックのボッチャ日本代表、廣瀬隆喜選手。ボッチャとはヨーロッパで生まれた、重度脳性まひや同程度の両手足に重い障害がある人のためのスポーツで、BC2クラスの団体戦と個人戦に出場します。
脳性まひによる四肢体幹機能障害のある廣瀬選手は、高校3年の夏にボッチャを始めました。北京パラリンピックから出場し、ロンドン大会では団体で7位入賞。日本のエースとして挑む3回目のリオでは、団体で金メダルを目指します。
日本ボッチャ協会
FAX:072-950-2130
HP:http://www.japan-boccia.net
TOPヘ戻る