第495回『ヨーグルト』
秘められたパワー ヨーグルトの魔法
9月21日放送予定

■万能調味料「ヨーグルト」!
朝食のデザートやお菓子として、人気の「ヨーグルト」。最近では、美味しくてヘルシーだとアイスのように冷やして食べるフローズンヨーグルトなど新しいスイーツとしても注目されています。そんなヨーグルトが料理でも「調味料」として大活躍します。一匙で料理を大変身させるヨーグルトが持つ魔法のような力とは?
■アスリートを支える「ヨーグルト」
オリンピックの金メダリスト、高橋尚子さんなどアスリートを料理で支えているのは管理栄養士の新生暁子さん。新生さんはヨーグルトを「最強の調味料」だといいます。アスリートは食べて競技のための体を作るのも大事な仕事。ヨーグルトによってアスリートたちはより美味しく多くの栄養素を摂ることが出来るようになります。食べることで健康にもなる!家庭でも手軽にできるヨーグルトの利用法とは?
■世界の「ヨーグルト」料理
ヨーグルトと人類の出会いは紀元前5000年ごろまでさかのぼります。遊牧民たちが残していたミルクがある日、酸味のあるとろりとした飲み物に変化していたと言います。偶然生まれたヨーグルトは保存もでき健康にもいいと世界中で作られるようになりました。インドでは釈迦の時代からヨーグルトを利用していて、おなじみのカレーにも旨味調味料としてヨーグルトが欠かせません。また、トルコでは遊牧民の食文化が受け継がれヨーグルト料理が発展してきました。長い歴史の中で育まれたトルコの家庭の味とは?
■人生をかけた「ヨーグルト」
全国でファンを持つヨーグルトを作っているのは吉田陽子さん。夫、成宏さんと牛を育て、採れたての牛乳で、生乳100%の手作りヨーグルトを作っています。ラジオでたまたま聞いて作ってみたヨーグルトが全国区で愛されるようになるには、陽子さんの人生をかけた情熱の物語がありました。
和食に「ヨーグルト」!?
「ヨーグルトは旨味の素」と言うのは、ミシュラン二つ星の名店、分とく山の野崎洋光さん。ヨーグルトの酸味は旨味になり、料理に加えることでより日本らしさが深まり、馴染みのある料理もヨーグルトを加えることで新たな美味しさに出会うことが出来ます。和食の達人がヨーグルトで切り開く新しい和食の姿とは?一匙で魔法のように料理を変身させる万能調味料「ヨーグルト」のチカラを紐解きます。

■取材先
【フローズンヨーグルト】
ウッドベリーズ 吉祥寺店

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル1階
TEL/FAX:0422-48-3315

【ヨーグルトの家庭料理】
新生暁子さん

ブログ:http://ameblo.jp/tokko-shinjo0831/

【手作りヨーグルト】
陽子の手作りヨーグルト

住所:兵庫県小野市西脇町161
電話:0794-62-5093
FAX:0794-63-8093
E-mail:info@yoko-yogurt.com

【トルコ料理】
トルコ料理アセナ

住所:東京都港区赤坂2-8-13 赤坂こうゆうビル1F
TEL:03-6230-2239 
FAX:03-6230-2238

【インド料理】
インドレストラン モティ 赤坂TBS前店

住所:東京都港区赤坂2-14-31 金波ビル3F
TEL:03-3584-6649

【日本料理】
分とく山

住所:東京都港区南麻布5-1-5
TEL:03-5789-3838

■制作担当
【ディレクター】吉田 夕日(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】土橋 正道(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】安田 裕史 紫藤 泰之(テレビ朝日)