第424回『メープルシロップ』
楓(カエデ)の森の奇跡
メープルシロップ
5月5日放送予定

■森の恵み“メープルシロップ”
カエデの樹液だけで作る天然の甘み、“メープルシロップ”。優しい味わいとどこか懐かしい香りがします。その魅力は無限大。メープルシロップといえばホットケーキ…だけではないんです。和食ともフレンチとも相性抜群。さらに低カロリーでミネラルも豊富。体に優しい甘みです。神戸フレンチの巨匠も驚く、メープルシロップに隠された魅力とは?甘い誘惑“メープルシロップ”の知られざる魅力をお伝えします。
■マリーさんの甘〜い食卓
メープルシロップといえばカナダ、世界の約9割が生産されています。カナダの食卓では日本の醤油のように使われている“メープルシロップ“。カナダ出身の小山マリーさんのお宅で、家庭料理を作っていただきました。マリーさんは煮物や照り焼きなどの和食もメープルシロップで味付け。一体どのように使うのでしょうか。マリーさんが懐かしむ、郷土の味「シロップの中のお爺ちゃん」という名の料理も登場します。さて、どんな料理なのでしょうか。
■幻の国産メープルを発見
北海道美幌町、ここで国産のメープルシロップが作られていました。春先の1ヶ月だけしか採れない楓の樹液。ゆっくりと溜まった樹液を、なんと40分の1にまで、煮詰めることで美しい琥珀色のメープルシロップが生まれます。生産者の平野茂夫、祥子さん夫妻は、10年前からシロップ作りに挑戦してきました。互いに支えあい、苦難を乗り越えて完成したメープルシロップ。夫婦の幸せが詰まった、心温まる物語です。
■森の恵みを活かす若き料理人
釧路にあるフレンチレストラン「イオマンテ」。地産地消を追求する舟﨑一馬シェフは、平野さんのメープルシロップに惚れ込んだ一人です。できたてのシロップを使い、驚きの調理法を披露してくれます。森の恵みが溢れる創作料理。これぞ北海道フレンチ!!そこには舟﨑さんの“自然への感謝の気持ち”が込められています。

■取材先
※各URLから先は外部サイトとなります

【100%天然の恵み】
ケベック・メープル製品生産者協会

http://www.pure-maple.com/

【美幌の魅力を紹介】
美幌観光物産協会

住所:北海道網走郡美幌町新町3丁目 JR美幌駅舎内
電話:0152-73-2211
http://bihoro-k.com/index.html

【素材の旨味を最大限に引き出す】
神戸北野ホテル

住所:神戸市中央区山本通3丁目3番20号
電話:078-271-3711
http://www.kobe-kitanohotel.co.jp/

【旬と文化を感じる…釧路フレンチ】
Restaurant&Community 「イオマンテ」

住所:北海道釧路市末広町2-23
電話:0154-65-1802
定休日:月曜日
http://www.i-omante.com/

■制作担当
【ディレクター】森田 孝生(ViViA)
【プロデューサー】加納 満(ViViA)
【プロデューサー】江野 夏平(テレビ朝日)