第261回『れんこん』
〜寒さに勝つ! パワーの源 れんこん!!〜
2月7日放送予定

■穴の開いた縁起物
穴の開いた不思議な食べもの「蓮根」。その穴から「先が見通せる」と縁起を担いだ蓮根は、祝いの料理に欠かせません。シャキシャキとした食感は、サラダに煮物にはさみ揚げ、芥子蓮根や酢蓮など独自のおいしさが楽しめます。
華麗な花を咲かせる蓮の地下、閉じ込められていた蓮根のおいしさを冬、存分に楽しみましょう。蓮根には、豊富な栄養がたっぷり詰まっているのです。今回は、知られざる蓮根の王国へご案内します!
■驚きのれんこん料理
上野の不忍池は、江戸時代から蓮見客が訪れた蓮の名所です。上野に建つ店、その名もずばり「れんこん」。この店自慢の蓮根料理はなんとニョッキにカナッペ、それにふろふき蓮根。なんと、お店には15種類もの蓮根料理が並ぶんです。驚きの変身ぶりをお楽しみに。
■蓮を味わいつくす 中国の薬膳料理
中国からその食べられ方が伝わった蓮根。中国では蓮根のみならず、蓮の葉や蓮の実も食材として調理されます。蓮根は、冬を乗りきる大切なパワーの源とされています。蓮根の効能を生かした薬膳料理で、体の中から元気をいただきます。
■日本一のれんこん王国
           茨城県土浦市

霞ヶ浦の広大な湖の程近くに、日本一の蓮根の産地があります。茨城県土浦市、胸まで水田に浸かり地下から蓮根を堀上げる収穫は、全て手作業で行われています。「寒くないよ」と語る蓮根農家の鈴木さん。掘りあげる蓮根は、まさに苦労のたまものです。土浦市にある老舗料亭「霞月楼」では、その日の朝に採れた蓮根を使います。華麗な料理には、日本一の蓮根産地のこだわりが込められていました。可能性の尽きない、蓮根の魅力をご堪能下さい!

■取材先
【多彩なオリジナルれんこん料理】
「下町の隠れ家 れんこん」

住所:東京都台東区上野4-9-1
電話:03-3831-5100
http://www.kei-planning.com/

【医食同源 中国薬膳の店】
「中国薬膳料理 星福 銀座本店」

住所:東京都中央区銀座6-9-9 かねまつビル6F
電話:03-3289-4245
http://www.xingfu.co.jp/

【日本一の産地 土浦のれんこん農家】
「鈴木農園」

住所:茨城県土浦市沖宿町842
電話:029-828-0747
http://www5d.biglobe.ne.jp/~okijuku/

【創業120年の老舗料亭】
「料亭 霞月楼」

住所:茨城県土浦市中央1-5-7
電話:029-822-2516
http://www.kagetsu.org/kagetsuro/
 
【土浦のれんこん問屋】
「榎清」

住所:茨城県土浦市手野町1939-1
電話:029-828-1131
http://www.enosei.co.jp/

■制作担当
【ディレクター】椎葉 百合子(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】土橋 正道 那須 恭子(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】高階 秀之(テレビ朝日)