第181回『ケチャップ』
〜ケチャップは世界を巡ってトマト味になった〜
6月16日放送予定

■いざ出発!ケチャップの旅
チキンライスにオムライス、そしてナポリタン!今回の主役は、人気メニューに欠かせない甘酸っぱくて美味しいあの調味料・・・ケチャップです。そのケチャップ、一体どのように生まれたのでしょうか?さあ、ケチャップのルーツをたどる旅へ出かけましょう!
■アメリカ生まれのトマトケチャップ
19世紀の後半、アメリカでトマトケチャップが売り出されました。以来、アメリカでは、人気No.1の調味料。ハムエッグやピザ、ホットドッグにハンバーガー、ケチャップは食卓の友なのです。
それ以前、トマトケチャップは各家庭で作られていました。18世紀のレシピを見ると・・・材料には酢も砂糖も使われていないようです。一体、どんなものだったのでしょう?ケチャップに詳しいシェフに18世紀のトマトケチャップを作ってもらいました。その味とは?
■トマト味じゃないケチャップ?
イギリスには、何とトマト味じゃないケチャップがあるといいます。それは雨が多い、イギリスならではの食材なのですが・・・答えはキノコ!4日がかりで作るキノコケチャップは、様々な家庭料理に使います。ミートパイやビーフシチューに、料理の味が際立つ魔法のケチャップなのです。
でも、この“ケチャップ”という言葉、そもそもどこから来たのでしょう?イギリス料理研究家に聞いてみると意外な答えが・・・。
■ケチャップはアジア発祥?
インドネシアでは台所でも食卓でも、ケチャップマニス、ケチャップアシン、ケチャップペダス、といった様々なケチャップが使われています。
そのケチャップを見せてもらうと・・・これがケチャップ?!何と、色も香りも醤油なのです。ケチャップと醤油は親戚?その真相はいかに!
■洋食屋の星☆ケチャップ
「洋食屋にケチャップが無かったら困りますよ」こう話すのは老舗洋食屋のご主人。オムライスやチキンライスなど、かつて、日本人の憧れだったケチャップの味。他にも、ハヤシライス、ビーフシチューなどにも使われます。そして、ご主人オリジナルの隠し味にも・・・。
ケチャップは今や、醤油や味噌と同じように、懐かしさや嬉しさを含んだ日本の味になっています。
世界を巡って、たどり着いた日本で大活躍のケチャップ。その魅力を、歴史を紐解きながら、たっぷりとお届けします。

■取材先
【手造りケチャップ】
小池手造り農産加工所

住所:長野県飯田市下久堅下虎岩578-8
電話:0265-33-3323
http://www.koike-kakou.co.jp/

【アメリカのケチャップ】
ハニービー

住所:横須賀市本町2-1
電話:046-825-9096

【18世紀のケチャップ再現】
ハインツ日本

住所:東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワ-11階
電話:03-5687-7511
http://www.heinz.jp/

【イギリスのケチャップ】
イギリス料理研究家 ジョン・マカボイ

http://johnskitchen.com/indexj.html

【インドネシアのケチャップ】
インドネシアンレストラン チャベ

住所:東京都目黒区目黒3-12-7 パルビゾンビル48
電話:03-3713-0952
http://www.cabe-eco.com/

【老舗洋食屋】
松榮亭

住所:東京都千代田区神田淡路町2-8
電話:03-3251-5511

■制作担当
【ディレクター】 河野 あや子(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】 土橋 正道 那須 恭子 (テレビマンユニオン)
【プロデューサー】 高階 秀之(テレビ朝日)