DREAM MATECHとんねるずのスポーツ王は俺だ!!


夢対決2021 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!
5時間スペシャル

2021
12日() よる630分~1130


出演者

とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)

卓球対決
 

石川佳純、張本智和、張本美和、水谷隼、吉村真晴

サッカー vs バドミントン対決
 

桃田賢斗、矢部浩之、森山直太朗、中山雅史、中澤佑二
潮田玲子、伊藤淳史、シュウペイ(ぺこぱ)、ローランド

ゴルフ対決
 

渋野日向子、原英莉花、笹生優花、石川遼、古閑美保

リアル野球BAN対決
 

■侍オールスター
前田健太、中田翔、柳田悠岐、吉田正尚、鈴木誠也、村上宗隆
■チーム帝京
石橋貴明、吉岡雄二、ゴルゴ松本、杉谷拳士、原口文仁

テニス対決
 

国枝慎吾、上地結衣、クロスリー真優、成田百那、松岡修造、伊達公子

石橋貴明(とんねるず)コメント
 

卓球対決について
 新型コロナウイルスの影響で「スポーツ王」ができるのか心配しましたが、収録を始めることができて、ホッとしています。今回の「スポーツ王」は新しいスタイルになると思います。この番組でスポーツの新しい楽しみ方を示すことができたらうれしいですし、東京オリンピックへの弾みになってほしいです。
 卓球では2年ぶりに張本智和選手が帰ってきてくれました。前回はまだ中学生だったので、体つきも子どもでしたが、すっかり体格が良くなり、雰囲気も少年というより青年という感じで、名実ともに卓球界のエースになりつつありますね。次回会うときは、五輪の一番良い色のメダルを持ってきてくれるんじゃないか、と期待しています。佳純ちゃんも会う度に、キレイになっています。いつお嫁さんに行ってもおかしくないなと、もうお父さん気分ですよ(笑)。東京五輪は相当な決意で臨むでしょうから、こちらも良い結果を期待しています。
 卓球の試合は、特に佳純ちゃんがこちらのトラップに慣れてきていますね。だから動揺してくれない(笑)。こちらもいろいろ考えるのが大変ですよ! とはいえ、次世代を担う張本美和選手も出てくれて、とても充実した試合になりました。これからどんどん収録が控えていますが、良いスタートが切れたと思います。


ゴルフ対決について
 今回、『日本オープン』『LPGAツアー選手権』と今年メジャーで2勝を飾った原さんが来てくれて、ノッてるな、という勢いを感じましたね。そして初登場の笹生さんは19歳! 日本女子ゴルフ界の未来は明るいですね。とんねるずチームが引き立て役になってしまっていたら…どうしましょう(笑)。
 石川遼くんは、今回『駅伝タイムアタック』をやったグリーンで、8年前にすごい雨の中ロングパットを決めたんですよ。“もうあれが8年前なの!?”という感じで、いかに長きに渡ってこの番組に貢献してくれているのかを実感しました。
 『浮島キャッチング』は、ジャニーズの二人も確実にボールを捉えてくれたし、ミラクル連発で過去最高の勝負になったと思います。僕は途中で野球のバットと軟球も持ち出しましたが、なかなか狙い通りにはいきませんでした(笑)。でも、渋野さんはソフトボールやっていたから打てていましたね!
 しぶこちゃん、原さんの女子プロ黄金世代に続く、笹生さんのようなミレニアム世代というんでしょうか…次から次へと出てくる女子プロのニュースターたちに、もうおじさんはタジタジです(笑)。

リアル野球BAN対決について
 侍オールスターは、みんなタイトルを獲っている選手ばかりで、抑えられる要素がなかったですね。唯一の作戦は、シーズン最後まで試合をしていたのは柳田選手だけだったので、少しだけ時間が空いていたほかの選手の感覚が戻る前に先に点を取って引き離すというものでした。でも、みんなの目が慣れてきてからは、なかなか作戦通りにはいかなかったですね(笑)。
 初参戦の吉田選手と村上選手もすごかったですよ。ほかの選手もみんなそうなんですけど、何億円も稼ぐほど野球の上手い人たち…6人の年俸を合わせたら一体どうなるんだ!?というくらいのメンバーですから(笑)。よくここまですごい選手の皆さんが集まってくれたと思います。でも今回はチーム帝京もすごかったんですよ。杉谷選手のシーズンは始まったばかり、というくらい打っていました(笑)。
 今回はとても長いプレー時間の激戦になりました。侍オールスターのものすごい打線にチーム帝京がどう立ち向かって行くのか…!?  皆さん、テレビの前から離れられませんよ!

テニス対決について
 ついに車いすテニス界のレジェンド・国枝選手と、女子車いすテニス界をけん引する上地選手が「スポーツ王」に参戦してくれます。さらに僕とペアを組むのが、こちらもレジェンドの伊達さんです。予想以上に、熱戦に次ぐ熱戦となりました。僕もボレーが決まって大満足ですし、どんなゲームが繰り広げられたのか、期待してほしいです。国枝・上地ペアのボールは上半身だけの力なのに、ビックリするくらいパワーがありました。ボールはとても重たかったし、いろんなコースに打ってくるので、”世界レベル”というものを体感できました。実際、車いすにも乗せてもらいましたが、何もできない。ラケットを持って、車いすを動かそうとしても動いてくれなくて、ボールにさわれませんでしたから。僕も国枝選手と上地選手がどんな運動神経をしているんだと驚いていますし、きっとこのテニス対決を見たら、車いすテニスに対する認識が一変すると思います。それくらい大興奮しますよ。

木梨憲武(とんねるず)コメント
 

サッカーVSバドミントン対決について
 サッカーVSバドミントンでは、「木梨ジャパン」メンバーに「お正月のお祭りがあるけど、サッカーを一緒にやらない?」と自分から声を掛けました。みんなサッカーは得意なものの、バドミントンは初心者。それでも少しやったらすぐ対応してくれました。良いチームワークを作ることもできて、“一体感”という意味ではいいメンバーが集まってくれましたし、長州さんの存在自体が見どころです(笑)。
 世界ランキング1位の桃田選手は潮田さんから「世界中で敵う人はいない」と言われました。そんなプレイヤーが出てくれて、バラエティーを楽しみながら、決めるときに決める。トッププレイヤーの真髄を間近で見ることが出来ました。

卓球対決について
 卓球では佳純ちゃんがお姉さんになり、張本くんもお兄ちゃんになり、妹の美和ちゃんも出てくれました。さらに驚きの展開がありますから! 佳純ちゃんからは「次もぜひ出たいです」と言ってもらえたのがうれしかったですし、水谷選手、吉村選手も試合が見ごたえのあるものになるよう、いろいろ協力してくれて、まさに一緒に「スポーツ王」を作っている感じです。
 選手と同じ場所に立ってみると、正直怖いです。一流選手の球は目で追えないくらいのスピードです。この試合では肩を凝らず、本格的な試合のだいご味を味わってください。佳純ちゃんはミスしたとき、本当の試合と同じように悔しそうな表情を浮かべていたんです。そういう瞬間を見ることが出来るのもこの番組の良さだと思います。今回は1年かけ、美術スタッフと打ち合わせを重ねて、驚きの卓球台を用意しました! 張本兄妹もとんでもないことが起こりますよ! お楽しみに!


ゴルフ対決について
 大雨で寒かった去年とは打って変わって、今回はいい天気の中、女子のトッププロ3人と、とんねるずチームの遼くん、古閑姉さんとでいい戦いができました。
 『浮島キャッチング』の見どころは何と言ってもジャニーズチームの活躍です! 彼らの身体能力の高さ、キャッチング部隊のチームワークが整っていくスピード、そして5つに分割された“ソ-シャルディスタンス浮島”という個人の能力が活かされる新しい浮島にも注目していただきたいですね。
 石川遼くんが出てくれるようになってから10年以上…。「クラブの番手を一つ上げたほうがいいです」など、僕らは石川くんの指示通りにやっているので、もはやチームをまとめるキャプテンです(笑)。
 年に一度、ヒーローたちが遊びに来てくれるバラエティーという名の真剣勝負で、間近でプロの技を見せてもらったうえに一緒に写真も撮ってもらえて、ゴルフおじさんは幸せです(笑)。
 2021年は、1月2日(土)の『スポーツ王』に続き、1月4日(月)、5日(火)は僕が“ドン・キナシ”としてプロモーターを務める『イッテンヨン』(※)にも、ぜひご注目ください(笑)!
※新日本プロレス『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』

サッカーVSバドミントン

■サッカー大好きメンバーが桃田賢人に立ち向かう! 長州力もまさかの参戦!

 『サッカーVSバドミントン対決』では、サッカーを愛する木梨憲武率いる「木梨ジャパン」と、現在、バドミントン世界ランキング1位・スポーツ王初参戦となる桃田賢斗が白熱のバトルを展開。
 桃田を迎え撃つ木梨ジャパン。木梨を始め、矢部浩之(ナインティナイン)、森山直太朗、中山雅史、中澤佑二、潮田玲子、伊藤淳史、シュウペイ(ぺこぱ)、ローランドというジャンルを越えた最強メンバーが集まりました! そのほとんどがサッカー経験者である木梨ジャパンと桃田が、バドミントンとサッカーを融合した3つのゲームで対決するというもの。今回は以上のメンバーに加え、あの、長州力も“特別解説”というポジションで参加します!

桃田賢斗コメント
 

 いつも年始に見ていた番組に自分が出演できるとは思っていませんでした。木梨さんを始め、テレビで見ている方たちとお会いできましたし、終始笑いっぱなしでした。面白いことを言うことについてはプロの方たちにお任せして、この場を思い切り楽しみました。
 今回、バドミントンでいろいろなことに挑戦して、「決まった!」と気持ち良くなる瞬間もあり、大満足です(笑)。
 人気のある「スポーツ王」でバドミントンを取り上げてもらえたことがうれしく、少しでも多くの人にバドミントンの楽しさや魅力を感じてほしいと思います。
 2021年もさらにバドミントンを盛り上げていきたいですし、バドミントンを頑張っている子どもたちにも励みになったらいいなと思っています。

矢部浩之(ナインティナイン)コメント
 

 桃田選手はさすがの一言。特に第3ゲームはトッププレイヤーがどうやって調整していくのかを見ることが出来ました。6年半ぶり(※)の「スポーツ王」は台本があるものの、ゲームは予想外のことが起こり楽しかったですね。バドミントンは好きですけど、プレイやら貢献度やらで満足していませんし、サッカーの能力が披露できる第3ゲームもいろいろ思うところがありまして…。これはすぐリベンジしないとダメですね。「木梨ジャパン」は徐々に自分のポジションを見つけていく感じがおもしろかったです。それに長州さんは必見ですよ! いや~、まったく敵いませんでしたね(笑)。
※矢部浩之さんご出演は2014年夏以来です。

伊藤淳史コメント
 

 “俳優枠”として光栄にも「スポーツ王」に初めて出させていただきました! 俳優さんが出ているのを見て、「何で僕じゃないんだ!」と思っていたのでうれしかったです(笑)。ただ次回、違う俳優さんが同じ枠で出ていたら今まで以上に悔しいでしょうね。悔しいといえば、自分が思うようにプレイできないと、本当の試合のように悔しいものなんですよ。それには自分でも驚いています。木梨さんからは最初、「楽しくみんなでミニゲーム」としか聞いていませんでしたが、「え、桃田選手と対戦!?」とビックリしました(笑)。でもまだまだやれますから! 次回もぜひお願いします!!

ローランドコメント
 

 ノリさんが帝京高校の先輩ということで声を掛けてもらい、この番組に参加することができました。バドミントンはほとんど経験がないものの、やってみたら盛り上がりましたね(笑)。桃田選手のスター性はもちろん、決めるところは決めて、やっぱり世界一の人はすごい! 「木梨ジャパン」もゴンさんのようなムードメーカーの方がいると盛り上がりますね。矢部さんの的確なツッコミもあり、和やかでとてもチームワークが良かったと思います。今回の対決は結構難しかったですね。そんな中でも微調整して、サッカー部出身の人たちがどれだけ力を発揮できたのかを、オンエアで楽しんでください!

卓球

■毎年恒例「卓球対決」 今年もオリンピックメダル候補選手が集結!!

 『卓球対決』は、「東京オリンピック代表最強ペア」と対戦!とんねるずの前に立ちはだかるのは、3大会連続で五輪代表出場が内定している卓球の石川佳純、初の五輪出場での活躍が期待されている張本智和。日本卓球界を代表する選手2人が最強タッグを組みます!
 一方、とんねるずの助っ人として、長年日本卓球界をけん引している水谷隼吉村真晴、さらに第三の刺客として張本の妹・張本美和も参戦!「何としても勝ちたい!」と卓球台に驚がくの細工をして、石川・張本ペアを追い詰めるとんねるず。今回も“変わりダネ”卓球バトルで熱戦を繰り広げます!

石川佳純コメント
 

 「スポーツ王」は本当に楽しいですね。とんねるずさんとご一緒すると笑いが絶えないので、収録ということを忘れ、無邪気に楽しんでしまいました。この番組への出演も8回目ということで、収録に呼んでいただくと、年末になったんだと実感しています。(笑)。今回は昨年のリベンジをしたいと思い、全力で勝ちに来ました! いいプレイもたくさんありますので、ぜひご期待ください! この番組でお正月から卓球を楽しんでいただけたらうれしいですし、2021年は私も気持ちも新たに、オリンピックイヤーを意欲的に過ごしていきたいと思いますので、応援お願いいたします。

張本智和・張本美和コメント
 

(張本智和)今回、2年ぶりの出演ということでちょっと緊張しましたが、楽しむことが出来ました! 木梨さんのサーブはいろいろバリエーションがあって、よくあんなことを思いつくなと驚きました(笑)。今日の試合はどちらが勝つか、ずっとヒヤヒヤする展開になりました。最後まで楽しんでください!

 

(張本美和)とんねるずさんの助っ人として、兄にサプライズでこの番組に出るとは思いませんでした(笑)。そのため、私も最初は緊張してしましました。今回の卓球の試合はとっても楽しいです! きっと他のスポーツコーナーもワクワクすると思うので、卓球も他のスポーツの試合も全部見てもらいたいです!

ゴルフ

■ゴルフ対決に超豪華メンバーが集結!最旬女子プロ3人がスーパープレーで魅了!!

 『ゴルフ対決』では、昨年に引き続き2度目の登場となる渋野日向子プロ、同じく2度目の参戦で、今年日本のメジャー2連勝という偉業を成し遂げノリにノッている原英莉花プロ、そして今回初登場となる19歳のルーキー・笹生優花プロ女子プロチームを結成。一方、石橋貴明木梨憲武率いるとんねるずチームは、『スポーツ王』11度目の参戦となる石川遼プロ、バラエティー番組などで大活躍中の古閑美保を助っ人に、『浮島キャッチング対決』『駅伝タイムアタック』『空中ホールインワン対決』の3番勝負で、最強女子プロチームとガチバトルを繰り広げます。『浮島キャッチング対決』は、浮島を5つに分割する“ソーシャルディスタンス仕様”に変更。それぞれの島に指揮官となるオラキオ、名門・済美高校野球部出身のティモンディ(前田裕太、高岸宏行)、そして初参戦となるジャニーズの人気グループA.B.C-Zの河合郁人&塚田僚一がスタンバイして、女子プロチームととんねるずチームが打ったボールを受け止めます。石橋が「過去最高の勝負になった!」と自信を見せる『浮島キャッチング対決』にご期待ください。

石川遼コメント
 

 今回、『浮島キャッチング』がめちゃくちゃ面白かったです。ジャニーズのお二人もキャッチング部隊に登場して体を張ってくださったのでビックリしました。今回は浮島が5つに分かれていたんですけど、僕はイメージしやすかったし、キャッチング部隊の皆さんも動きやすかったんじゃないかな、と思います。女子プロチームはみんな勢いがあって強くて明るい選手たちでした。原さんはこの収録の直前の大会で優勝した勢いをすごく感じましたし、手ごわかったですね。笹生さんとは初めて会ったんですけど、お茶目でかわいかったです。
 今年の『スポーツ王』は、みんながいいプレーをして締まったスタートになったと思います。とんねるずのお二人も、ショットの精度がすごく高くて、今年はみんなのショットがキレキレだったという印象ですね。『駅伝タイムアタック』も『空中ホールインワン対決』も本当に楽しかったです。

渋野日向子コメント
 

 バラエティー番組にはいまだに慣れなくて、実は今回もちょっと緊張していたんですが、1年ぶりに参加できて楽しかったです。悔しい部分もあるんですが、面白いシャンクを打てたので、“盛り上げる”という意味ではよかったのかなと思います(笑)。今回は特に『浮島キャッチング』が面白かったですね。本当にいろいろな奇跡が起きています! 木梨さんの水切りショットもすごかったですし、私も野球のバットで打ったりして…かなり面白くなっていると思います。

原 英莉花コメント
 

 去年はすごく緊張しちゃって体が全然動かなかったんですけど、2度目の今回は、楽しんで参加できました。女子プロチームは普段からよく話しているメンバーだし、みんな個性があってよかったなと思います。とんねるずのお二人も合間にいろいろとお話してくださったし、緊張をほぐしていただいたのでありがたかったです。『浮島キャッチング』は、私ももう少し盛り上げられたらよかったんですけど(笑)、本当に楽しかったです。ジャニーズのお二人もすごく面白かったです!

笹生優花コメント
 

 今年日本で暮らし始めるまではフィリピンや海外にいたので、日本のテレビ番組をあまり知らなかったんです。日本語があまり上手じゃないので、ちゃんとついていけてるか心配だったんですが、とんねるずのお二人が優しくて面白かったし、ゲームもまるでアドベンチャーみたいで楽しかったです。『駅伝タイムアタック』で、ティーショットを打った後に走るのが一番不安だったんですが、無事に完走できました(笑)。個人的には『浮島キャッチング』が本当に楽しかったので、ぜひ注目してほしいです。

リアル野球BAN

■石橋貴明率いるチーム帝京が最強打撃陣を擁する侍オールスターと夢の対決!

 22年目となる今回の『リアル野球BAN』では、石橋貴明率いるチーム帝京が、史上最強の打撃陣が集結した侍オールスターと激戦を繰り広げます。
 最強メンバーが揃った侍オールスター筆頭として、昨年日米通算150勝を達成した日本が誇る名投手・前田健太選手(ミネソタ・ツインズ)が『リアル野球BAN』に5度目の参戦! また、4年ぶり5度目の参戦となる昨年の打点王で日本球界を引っ張る強打者・中田翔選手(北海道日本ハムファイターズ)、2年ぶり3度目の出場となる4年連続日本一を決めたソフトバンクの主砲・柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)、昨年に引き続き2度目の参戦となるカープの主砲・鈴木誠也選手(広島東洋カープ)も揃い踏み! さらに、球界随一のフルスイングを誇り、打率.350で初のパ・リーグ首位打者に輝いた吉田正尚選手(オリックス・バファローズ)、打率・本塁打・打点すべてでリーグ上位の成績を残した20歳の若き主砲・村上宗隆選手(東京ヤクルトスワローズ)という2人が『リアル野球BAN』初参戦。まれに見る強打者6名が集結した最強の布陣でチーム帝京に挑みます!
 一方、チーム帝京は、“ミスターリアル野球BAN”石橋貴明をリーダーに、吉岡雄二ゴルゴ松本、内外野すべてのポジションを守ることができるユーティリティープレーヤーで、唯一無二のムードメーカー・杉谷拳士選手(北海道日本ハムファイターズ)、そして昨年に引き続き2度目の参戦、病気を克服して復帰を果たした強肩強打のキャッチャー・原口文仁選手(阪神タイガース)というおなじみのメンバー5人が勢揃い!侍オールスターを迎え討ちます。

<侍オールスター>
前田健太(ミネソタ・ツインズ)コメント
 

 すごい戦いでした! 僕は5回目の参戦なんですけど、今回がこれまでの中で一番すごい試合だったと思います。侍オールスターのチームワークも素晴らしかったです。ギータ(柳田悠岐)も翔も誠也も何度か出ていますし、吉田選手と村上選手は初参戦でしたけど、一緒に楽しくプレーできました。僕はピッチャーですけど、すばらしい打撃を披露することができたので(笑)、ぜひ観てもらいたいです。
 壮絶な打撃戦を繰り広げる中で、プロ野球選手のバッティングのスゴさを見せることができた、すごい戦いだと思うので、ぜひ楽しみにしていてください。

中田 翔(北海道日本ハムファイターズ)コメント
 

 ガチでやってガチでいい試合をしたので…疲れました(笑)! チーム帝京は粘り強かったですね。侍オールスターのメンバーとも楽しく、いい雰囲気でやれました。村上には、「(杉谷)拳士に行け。けちょんけちょんに言わしてやれ!」と、いろいろ仕掛けるように、最初から言っていました(笑)。そんな村上の活躍が一番の見どころだと思います。僕は今回も拳士のウザい絡みに付き合ってあげたので、視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらいいなと思います(笑)。
 見応えのあるいい試合になっているので、放送を楽しみにしていてください。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)コメント
 

 チーム帝京は強かったですね! 今年はさらに皆さんのバッティングに磨きがかかっている気がして、抑える球がなかったです。日本代表で一緒だったメンバーもいたので、侍オールスターのチームワークはよかったと思います。村上くん打ちましたし、本当にいいチームだったと思います。
 注目して観ていただけるとしたらヒットくらいかな…という感じで、僕個人としてはあまりいいところがなかったんですけど(笑)、すごく激しい戦いになりました。
 新年は面白い『スポーツ王』を観て、家族団らんしてください!

吉田正尚(オリックス・バファローズ)コメント
 

 僕は初めて参加させていただいたんですけど、すごく豪華なメンバーでした。小さい頃から観ていた番組に、テレビで観ていた人たちと一緒に出られて、とても不思議な気持ちでした。また次のシーズンもいい結果を残して呼んでもらえるように頑張ります!
 侍オールスターの先輩たちにはとてもよくしていただいたんですが、チーム帝京には翻ろうされました(笑)。球種も多いし、球も速くて…すごく難しかったけど、本番ながらの配球で、いい試合でした。非常にいい経験になりましたね。とても白熱したゲームになっていると思います。

鈴木誠也(広島東洋カープ)コメント
 

 いろんな選手がいて今回も楽しかったです。でも長かったので、非常に疲れました(笑)。
 侍オールスターは、みんなで声を掛け合ったり、楽しみながらプレーできました。僕自身は、注目してもらえるプレーは……でも、楽しかったので満足です(笑)。
 昨年も思っていたんですが、杉谷さんは本当に面白いですね! そこも見どころだと思うので、ぜひ杉谷さんの面白さに注目していただきたいです。

村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)コメント
 

 初めて参加させていただき、周りがスター選手ばかりで気が引けましたが、とても楽しかったです。侍オールスターは前田さんを筆頭に引っ張っていただきました。
 テレビで観ていたのと実際にやってみたのとでは少し違いましたね。ベンチにいるチーム帝京の皆さんの声を放送で観るのが楽しみです。詰まってもヒットになるとか、飛んでもアウトになるとか、あとゴルゴさんと杉谷さんのやり取りとか…シーズンとは違う面白さがあったので、僕が心底楽しんでいる姿を観てほしいです。きっとテレビの前の皆さんにも楽しんでいただけると思います。

<チーム帝京>
杉谷拳士(北海道日本ハムファイターズ)コメント
 

 侍オールスターの6人の名前を見た時、「すごいメンバーだな!」と震えました。実際に試合をしても、スイングのスピードが速いし、ここぞという場面でしっかり点を取ってくる手ごわい相手でした。
 チーム帝京のチームワークは年々よくなっていますし、今回もいい雰囲気でプレーできたと思います。一番注目してほしいのは、初出場の村上くんと吉田くんとの初絡み(笑)。そして今回の『リアル野球BAN』は、これまでとひと味もふた味も違う史上最長試合になっているので、どうぞお楽しみに!
 また、僕個人としては中田さんをあおって1年が始まるので(笑)、2021年も楽しいシーズンになればいいなと思います。“全集中”して2021年も頑張ります!

原口文仁(阪神タイガース)コメント
 

 今回は試合時間も長く、激闘だったので疲労がすごいです(笑)。とても長い試合でしたが、最後まで楽しくプレーできました。僕個人としては、いい感覚の打席もありましたし、抑えられた打席もあったので、ボチボチかなという感じです。1年ぶりにチーム帝京のユニフォームを着たんですが、やっぱりいつもと違う不思議な感覚がありました。チーム帝京は、序盤からいいムードでしたね。盛り上げてくださる皆さんに僕は付いていくだけなんですけど(笑)、本当に楽しかったです。今回は両チームの激しい打ち合いになったので、ぜひその打撃戦に注目して観ていただけるとうれしいです。

テニス

■歴史的スペシャルマッチが実現! パラリンピック最強ペアが石橋貴明の前に立ちはだかる!

 2年ぶり(前回のテニス対決は2019年放送)の『テニス対決』は、石橋貴明からの熱烈オファーを受け、車いすテニス界の絶対王者・国枝慎吾選手と、女子車いすテニス界の女王・上地結衣選手番組に初参戦し、車いすテニス最強ペアを結成! まさにパラアスリート界のトップ選手が、石橋からの挑戦を受けます。
 今回石橋とペアを組む日本テニス界のレジェンド・伊達公子は、過去にとんねるずチームの対戦相手として登場(2018年放送)、激闘の末、伊達が勝利を収めました。そんな伊達が石橋の助っ人として、国枝・上地ペアに立ち向かい最強ガチバトルを繰り広げます!白熱の試合が続く中、石橋はさらなる助っ人を呼び込みます。それは将来有望な子どもたちを石橋が天塩にかけて育てた“石橋チャレンジ”のクロスリー真優選手と、伊達が自ら指導するジュニアプロジェクトの門下生、成田百那選手。ジュニア選手として実績十分な2人が国枝・上地ペアにありったけの力でぶつかっていきます!

国枝慎吾コメント
 

 貴さんのプレーが予想以上にすごかったです。圧倒的なパワーを見せつけられ、対決の間にボレーの技がどんどん上達していったのも驚きでした。あれだけ強いともう手がつけられないですね(笑)。「スポーツ王」は毎年見ているので、声を掛けていただけてうれしかったです。さらに今回は伊達さんというテニス界を代表する選手と打ち合えて楽しかったです。こうして車いすテニスに注目してもらえたことを光栄に思っていますし、貴さんと打ち合えたことも非常にエキサイティングでした。ぜひ放送でどう決着したか見ていただきたいです。

上地結衣コメント
 

 何とか国枝選手の足を引っ張らないように、自分も見せ場を作れるようにとの思いで、「スポーツ王」に参加させていただきました。とても楽しかったですが、「良いプレーがしたい!」と力み過ぎてしまい、気持ちが空回りしてしまうこともありました。今回の放送をご覧なってぜひ車いすテニスに興味を持っていただきたいです。2021年は東京オリンピック・パラリンピックも控えています。車いすテニスのことも応援お願いします!

放送連動プレゼント

とんねるずの勝敗を予想して、プレゼントに応募しよう!


連動データ放送では、勝敗予想に参加すると素敵なプレゼントに応募することができます。
番組中にdボタンを押し、勝利するチームを選ぶだけ!
正解した方には30ポイント、不正解でも10ポイント獲得することができます。
プレゼントは40ポイント以上で応募可能です。
みなさま、奮ってご参加ください。

※開発中画面

※開発中画面

※録画再生時は勝敗予想に参加することはできません。
※アサヒスーパードライ(缶350ml×24本)は20歳未満の方は応募することができません。

Twitterキャンペーン

とんねるずのスポーツ王は俺だ!!Twitterプレゼントキャンペーン


《プレゼント》

【卓球対決】
・石川佳純 選手 サイン入りラケット 1名様
・張本智和 選手 サイン入りラケット 1名様

【野球対決】
・前田健太 選手 サイン入りボール 1名様
・柳田悠岐 選手 サイン入りボール 1名様
・鈴木誠也 選手 サイン入りボール 1名様
・中田翔 選手 サイン入りボール 1名様
・吉田正尚 選手 サイン入りボール 1名様
・村上宗隆 選手 サイン入りボール 1名様
・杉谷拳士 選手 サイン入りボール 1名様
・原口文仁 選手 サイン入りボール 1名様

【ゴルフ対決】
・渋野日向子 選手 サイン入りキャップ 1名様
・原英莉花 選手 サイン入りキャップ 1名様
・笹生優花 選手 サイン入りキャップ 1名様
・石川遼 選手 サイン入りキャップ 1名様

【サッカーvsバドミントン対決】
・桃田賢斗 選手 サイン入りラケット 1名様

【テニス対決】
・国枝慎吾 選手、上地結衣 選手、伊達公子 選手、松岡修造 選手
4人のサインが入った大きいボール  1名様
・アサヒスーパードライ(缶350ml×24本)  10名様
※テニス対決は賞品にアルコール飲料を含むため、応募を満20歳以上の方に限定させていただきます。

《キャンペーン内容》
番組公式Twitter(@Tunnels_sports)をフォローし、番組公式Twitterより投稿された「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!Twitterプレゼントキャンペーン」ツイートの2つの選択肢の中から1つのハッシュタグを選択しツイートしてください。正解者の中から抽選で豪華賞品をプレゼントします。
キャンペーンツイートは全部で5ツイート。番組対決種目ごとに実施いたします。
・卓球対決
・ゴルフ対決
・野球対決
・サッカーvsバドミントン対決
・テニス対決
※テニス対決は賞品にアルコール飲料を含むため、応募を満20歳以上の方に限定させていただきます。

《キャンペーン期間》
~2021年1月2日(土)よる6:29
※番組放送開始時間まで

《応募方法》
下記(1)および(2)の両方を行っていただくことで応募完了となります。なお、(1)および(2)の順序は問いません。
(1)本キャンペーン期間中に、@Tunnels_sports をフォローする。
(2)本キャンペーン期間中に、番組公式Twitter(@Tunnels_sports)より配信される「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!Twitterプレゼントキャンペーン」ツイートの2つの選択肢の中から1つのハッシュタグを選択しツイートする。
※注意事項は応募規約ページをご確認ください。

※ここから先は外部サイトになります


※本キャンペーンに応募するためには、Twitterのアカウントを保有していることが必要です。