2020年8月16日(日)よる9時放送

檀れいが《平凡な主婦》から
《妖艶なホステス》へ華麗に変身!?
国仲涼子ふんする
《夫と心中した末に生き残った愛人》と
壮絶嫉妬バトル勃発!!
昭和の名作映画が
2020年版ドラマとなってよみがえる!
2大女優の激突が圧巻! 日本映画史上、屈指の傑作サスペンスがよみがえる!!
夫が死んだ。私と正反対のタイプの銀座のママと心中して…。
心中相手だったママは生き残り、笑顔で暮らしている。
あなたは、どうしてあんな女と死のうと思ったの――?

 岩下志麻×浅丘ルリ子という2大女優が火花を散らした、1971年公開の映画『嫉妬』(監督・貞永方久)。故・藤本義一氏の原作を映像化した、この不朽のサスペンスが約半世紀を経て復活! 現代版へと大胆アレンジを加え、檀れい×国仲涼子の《Wヒロイン》によるスペシャルドラマとしてよみがえります。

女は嫉妬のかたまり!? 亡き夫のため、平凡な主婦が美しき蝶に生まれ変わる!!

 主人公・野口姿津花は、自分と他人を比べて羨むこともせず、誰かにねたまれるほど目立つこともせず、“嫉妬”という感情とは無縁の人生を送ってきた平凡な主婦。ささやかな幸せを守ることだけを考え、ひっそりと生きてきました。
 ところが、そんなある日、夫・高史が銀座のクラブママ・永井文奈と心中事件を起こして死亡。しかも、彼女は生き残ったのです。夫の裏切りに打ちひしがれ、奈落の底に突き落とされた姿津花。しかし、あるきっかけから、夫は“正義”のために動いて殺されたのではないかと直感! 真実を突き止めるため、姿津花は偽名を使い、メークを変え、別人に成りすまし、ホステスとして心中相手の文奈がママを務めるクラブに潜入します。
 しかし、彼女は男から男へと華麗に飛び回る“夜の蝶”…。自分より輝きを放つ相手は容赦なく引きずり落とす――、嫉妬にまみれた女だったのです。

檀れいVS国仲涼子が激突! 絶対に負けられない女の闘いが今、はじまる…!

 ひたすら平凡に生きてきた主婦・姿津花が一転、嫉妬の炎を燃やし、夜の世界へと飛び込んでいく様を、檀れいが繊細かつ大胆に表現!
 一方、姿津花の夫・高史と心中した上に生き残り、正体を知ってか知らずか彼女を迎え撃つクラブママ・文奈を、数々の作品で確かな存在感を発揮してきた国仲涼子が演じます。
《愛人に夫を奪われて殺された妻》と《妻から夫を奪い、心中したものの生き残った愛人》―――この2人のヒロインが、女のプライドをかけて激しい心理戦を繰り広げていきます。

原田泰造、中村梅雀、榎木孝明ら豪華俳優陣も参戦!

 さらに、俳優としての評価も高い原田泰造が2役に挑戦! 姿津花の夫で謎の死を遂げた野口高史と、夫の死の真相を調べはじめた彼女の前に現れるミステリアスな雑誌記者・鈴田雄一郎を巧みに演じ分けていきます。
 そして、中村梅雀が事件を追うベテラン刑事、榎木孝明が高史の勤務先の上役として登場! 物語に深みをもたらしています。

 はたして姿津花は、夫の死の真相にたどりつくことができるのか!? そして、姿津花と文奈――何もかもが正反対の女2人が迎える意外な結末とは…!? “嫉妬”に苦しむ女たちの闘いを描いた本格ミステリーに、ぜひご期待ください!

主な登場人物

野口姿津花/志村実里

檀れい

結婚10年目の主婦。他人に嫉妬を抱くことも、逆に誰かに嫉妬されることも嫌悪し、ひたすら平凡で無難な人生を歩んできた。ところがある日、広告代理店勤務の夫・高史が見知らぬ女と心中死を遂げ、失意のどん底に落とされる。
夫の死の真相を探るため、“志村実里”という偽名を使ってホステスとなり、生き残った心中相手・永井文奈に接近。あれほど嫌っていた嫉妬という感情に揺さぶられながら、真実を突き止めていく。

永井文奈

国仲涼子

銀座のクラブ『紫嶺』のママ。姿津花の夫・高史と心中して自分だけ生き残った。
自分より輝いている相手はどんな手を使っても引きずりおろす、という嫉妬のかたまりのような女。
したたかで計算高く、姿津花の正体に気づいているかどうかすらつかめない。妖艶さと少女のような愛らしさをあわせ持つ、魅力的な小悪魔。

野口聖子

トリンドル玲奈

姿津花の義理の妹。フリーのウェブデザイナー。大好きな兄・高史を奪った姿津花に対し、“嫉妬心”を抱き、陰湿な嫌がらせをしてきた。兄の死の真相を掴むため、『電宝堂』で働きはじめるが…。

野口時江

藤田弓子

姿津花の義理の母。息子を溺愛し、姿津花に対して嫌味な態度を取る。

岡村忠行

榎木孝明

『電宝堂』常務。高史や佐伯の所属する部門を統括している。

佐伯信勝

手塚とおる

高史の上司。『電宝堂』課長。一見、面倒見のよい親切な男で、高史の死後、姿津花の力になろうとするが、目的は彼女を自分のものにすることだった…!?

城所良一

中村梅雀

神奈川県警箱根警察署刑事課のベテラン刑事。高史と文奈の心中事件の捜査を担当する。

鈴田雄一郎

原田泰造

雑誌記者。高史の死後まもなく姿津花の前に現れ、夫の死の真相を探る彼女に協力を申し出る。高史とどこか面影の似た鈴田に、姿津花は…。

野口高史

原田泰造(2役)

姿津花の夫。大手広告代理店『電宝堂』の係長。堅実な性格で、出世の本流からは外れているが、仕事も真面目にこなし、家庭も大切にしてきた。ところが突然、文奈と心中し他界してしまう。

あらすじ

 野口姿津花(檀れい)は、広告代理店に勤める夫・高史(原田泰造)と結婚10年目の主婦。小さなすれ違いはあるものの、些細な不満には目をつむり、ささやかな幸せを守ることだけを考えて暮らしてきた。
 ところがある日、大阪に出張しているはずの高史が箱根の旅館で死亡した、という知らせが入る。高史は銀座の高級クラブのママ・永井文奈(国仲涼子)と宿泊しており、2人は同じ睡眠薬を飲んで心中。文奈だけが一命をとりとめたという。
 激しいショックを受ける姿津花に、追い打ちをかけるような出来事が起きる。姿津花が席を外している間に文奈が葬儀に現れ、これみよがしに100万円もの香典を置いていったのだ。動揺さめやらぬ姿津花に、高史の上司・佐伯信勝(手塚とおる)がさらなる衝撃を突きつけた。なんと高史が会社の金8000万円を私的流用し、文奈に貢いでいたというのだ。それは真実なのか…!? 確かめたい一心で雨の中、姿津花は文奈のクラブに向かう。だが、そこへ姿津花を自分のものにしようと狙う佐伯が出現。拒否した姿津花は逆上した佐伯に突き飛ばされ、車道に倒れ込んでしまう。 
 そのとき、急停車したタクシーから降りてきたのは、ほかでもない文奈だった。心中相手の妻だとは気づいていないらしく、文奈はずぶ濡れの姿津花に手を差し伸べ、自分の店に連れていき、ドレスを貸す。「みすぼらしい格好でかわいそう」「その気になったらいつでもウチの店に来て。力になってあげる」――文奈に哀れみの言葉をかけられたとき、姿津花の胸に思いがけず、嫉妬が芽生えはじめる。 
 その後、高史が結婚記念日に思い出のレストランを予約していたことが判明。堅実な夫が横領、ましてや心中などするはずはない…。そう確信した姿津花は、文奈が置いていった香典100万円を惜しげもなく使い、メークや髪形を変えて再び文奈のクラブへ。夫の死の真相を探るべく、“志村実里”という偽名を使い、ホステスとして働きはじめる。だが、そんな姿津花の前に、亡き夫とどこか面影の似た雑誌記者・鈴田雄一郎(原田泰造・2役)が現れて…!?

スタッフ

原作

『嫉妬』 藤本義一・著

脚本

深沢正樹

監督

伊藤寿浩

ゼネラルプロデューサー

関 拓也(テレビ朝日)

プロデューサー

渡邊 竜(松竹)

制作

テレビ朝日
松竹