2018年10月12日スタート! 毎週金曜 よる11:15~

※一部地域を除く



新着情報

2018年9月21日

相葉演じるコオ先生に猪突猛進!神楽坂の芸者・すず芽役を熱演中の趣里が28歳のバースデー!趣里にぴったり!?三毛猫をモチーフにしたアレンジメントに「かわいい!」と大感激!新しい一年は『僕とシッポと神楽坂』でスタート!

2018年9月20日

『僕とシッポと神楽坂』の原作者・たらさわみち先生がドラマ撮影現場を訪問!
相葉雅紀らキャスト陣を激励!
相葉にはコオ先生&ダイキチ&オギの似顔絵色紙をプレゼント♪

2018年9月14日

関連番組放送情報を公開しました!

関連番組放送情報を公開しました!

2018年9月12日

番組主題歌が嵐56枚目のニューシングルに決定!!

2018年9月9日

尼神インター・渚、女優開眼!?ドラマに初挑戦!
芸者役でレギュラー出演決定、かとうかず子ら共演者を師と仰ぎながら日々、撮影に奮闘中!

2018年9月2日

相葉雅紀主演癒し系ヒューマンドラマ『僕とシッポと神楽坂』で趣里&小瀧望(ジャニーズWEST)が相葉と待望の初共演!趣里は相葉に思いを寄せる芸者に、そして小瀧は若き獣医大生に!個性溢れる共演者たちが作品にさらなる彩りを与える!

2018年8月10日

『僕とシッポと神楽坂』が日本最大級のペットメディア・PECOとコラボレーション!「#PECO僕坂」でドラマにあなたのペットを登場させよう

2018年7月18日

相葉雅紀主演ドラマの現場で広末涼子の誕生日祝い!
息子役・矢村央希くんからの似顔絵メッセージのプレゼントにママ・広末も思わずニッコリ!

2018年7月7日

相葉雅紀主演癒し系ヒューマンドラマ『僕とシッポと神楽坂』ヒロインに広末涼子が決定!
相葉演じる獣医師と働く“秘密”を抱えた動物看護師…ほかにも豪華個性派共演陣が続々。
大倉孝二、村上淳、矢柴俊博、かとうかず子、そしてイッセー尾形らがドラマを彩る!


相葉雅紀、ついに獣医師に!

~動物を愛する全ての人へ~
東京・神楽坂を舞台に
若き獣医師が動物や飼い主たちと
繰り広げる心温まる物語…

“相葉雅紀×動物”

最強タッグによる癒し系ヒューマンドラマ
誰もが待っていたドラマがこの秋、誕生!

日本では3人に1人が犬や猫などの動物と暮らしています。
現代社会において動物は私たち人間にとって
“ペット”という枠を超えたかけがえのない“パートナー”。
そんな大切な存在が、もしも病気になったとき…
尊い命を救ってくれる病院と獣医師は不可欠。
7年半ぶりに金曜ナイトドラマに帰ってくる相葉雅紀が
腕が良くて、心も優しい――そんな理想の獣医師を演じます!
すべての動物を愛する人々へ贈る、心温まるドラマが
2018年秋、金曜の夜に誕生します。

■2018年秋、金曜の夜は“相葉雅紀×動物”…相葉が心優しい獣医師に!

 2018年10月期、相葉雅紀が7年半ぶりにテレビ朝日金曜ナイトドラマに帰ってきます!
 2011年に同枠で放送された『バーテンダー』以来のテレビ朝日連続ドラマ主演となる相葉が、今回演じるのは、獣医師!“相葉雅紀×動物”という鉄板ともいえる方程式で、金曜の夜を彩ります。動物には縁深い相葉ですが、意外にも獣医師を演じるのは初めて…。「ありそうでなかった」待望のドラマが、この秋ついに誕生します!
 今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみち氏が2012年から集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で連載を開始し、現在も続編が連載中の人気漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語です。

■動物だらけの1時間…金曜の夜は相葉と動物たちに癒やされる!

 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていく達也。やがて「コオ先生」と呼ばれるようになった達也は、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていきます。

 心優しくて腕も確か――コオ先生は、そんな理想の獣医師です。
 そんなコオ先生が、手術前に不安でいっぱいの飼い主たちに、必ずかける言葉があります。
 「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」
 常に飼い主の心に寄り添い、患者としてやってくる動物=“シッポ”(※コオ先生は病院にやってくる犬や猫を、愛情を込めて“シッポ”と呼ぶ)を救うことに全力を傾けるコオ先生の言葉と姿勢は、回を重ねるごとにみなさんの心に優しく染み渡っていくことでしょう。
 動物を愛する心と、優しい雰囲気を持つ相葉は、まさにコオ先生という役にぴったりと言えるのではないでしょうか。

 また、今作にはダイキチとオギというマスコットキャラクターのような犬と猫も登場! ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギが、相葉とともに金曜の夜を彩ります。
 忙しい一週間で疲れた心と体を癒す、動物だらけの1時間、『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマが、まもなく誕生します!

■ドラマの舞台は神楽坂! 昔の面影を残すレトロな街でコオ先生が躍動する

 今作の舞台となる東京・神楽坂。東京のど真ん中にありながら、レトロな雰囲気も持ち、古き良き文化も残すこの街は、近年人気スポットとしてたくさんの人々が訪れています。
 ドラマには実際に神楽坂にあるスポットも多数登場する予定! 神楽坂に行けば、本当にコオ先生に会えるかもしれない――街を闊歩する姿は、視聴者をそんな気持ちにさせてくれるかもしれません。
 また、今作の監督を務めるのは、映画『神様のカルテ』なども手がけた深川栄洋。暖かな雰囲気の作風に定評があり、いま日本で一番忙しい監督と言われる深川が、相葉とともにどのような作品を紡ぎ出すのか――今からそのスタートが待ちきれません!

ニュース

相葉演じるコオ先生に猪突猛進!
神楽坂の芸者・すず芽役を熱演中の趣里が28歳のバースデー!
趣里にぴったり!?三毛猫をモチーフにしたアレンジメントに「かわいい!」と大感激!新しい一年は『僕とシッポと神楽坂』でスタート!

2018年9月21日

 芸者のすず芽役で出演する趣里が、28歳の誕生日を迎え、撮影現場でスタッフから盛大なお祝いをされました!

 神楽坂の街やスタジオセットでの撮影が続く中、この日はちょっと遠方にあるレトロな洋館のような病院でロケ。都心を離れ、開放的な雰囲気での撮影となりました。
 撮影の合間にスタッフから誕生日祝いの声がかかると、自分のことだと思っていなかった趣里はびっくりした様子! 「趣里さん、お誕生日おめでとうございます!!」という呼び声で、自身の誕生日セレモニーだとわかると嬉しそうな笑顔を浮かべていました。

 今作に登場する、神楽坂に住む地域猫のオギにかけ、スタッフからは三毛猫をモチーフにしたフラワーアレンジメントをプレゼント! まさに彼女にぴったりの、粋でかわいらしいフラワーアレンジメントに、「オギにそっくり~」「かわいい!」と、思わず喜びの声をあげていました。

 趣里にとって28歳になって最初の作品となる『僕とシッポと神楽坂』。共演者たちとも和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく撮影しているそうで、そんな現場で新しい一年のスタートを切れたことで、趣里は「いい一年になる予感がしています」と心を躍らせていました。

【すず芽役・趣里 コメント】

 『僕とシッポと神楽坂』の現場で28歳の誕生日を祝っていただくことができ、いい一年になる予感がしています!
 昨年は、誕生日の前日と当日にそれぞれ別のお仕事があり、何回もお祝いして頂いてうれしかった思い出があるのですが、普段はそんなに誕生日とかも気にしない性格で、今日のサプライズも全然気づいていなくて、まさか私のお祝いだとは思わず、びっくりしました。一番にお祝いしていただいて、嬉しかったです。

 『僕とシッポと神楽坂』も撮影が始まってだいぶ経ちました。出演者のみなさんは個性豊かで素敵な方ばかり。特に高円寺家での相葉さん、かとうかず子さん、尼神インターの渚さんとの掛け合いのシーンは楽しくて…! この間、高円寺家最後の撮影があったんですが、ここでの撮影が終わってしまうのが寂しいくらいです。ふと、そのシーンを思い出すと笑えたりするので、視聴者のみなさんにとっても、辛いことがあったときに思い出して笑ってもらえるような、そんな存在のドラマになれるといいなと思います。
 すず芽ちゃんはお着物を着ていることが多いのですが、やはり着物を着ていると背筋が伸びます。神楽坂という街や三味線などもそうですが、日本の文化というものは大事にしていきたいなと、すず芽という役を通してあらためて感じています。
 すず芽ちゃんはすごくまっすぐな子なのですが、私自身はあそこまでまっすぐは行かれないなぁ…。あんな風に生きられたらいいなとは思いますけどね(笑)。

 いつもSNSなどで応援のコメントをいただいて、ありがとうございます! スタッフ・キャストともに力を合わせて頑張っていますので、放送を楽しみにしていただけたら嬉しいです。そして28歳のこの一年も変わらず、みなさんと良い作品を作っていけるよう頑張りたいと思います。


『僕とシッポと神楽坂』の原作者・たらさわみち先生がドラマ撮影現場を訪問!
相葉雅紀らキャスト陣を激励!
相葉にはコオ先生&ダイキチ&オギの似顔絵色紙をプレゼント♪

2018年9月20日

 同ドラマのスタートもいよいよ3週間後に迫ってまいりました。
 そんな中、原作『僕とシッポと神楽坂』(officeYOU 集英社クリエイティブ)の著者である、たらさわみち氏がドラマの撮影現場を訪問! 主演の相葉をはじめ、連日撮影に励むキャスト陣を激励しました。
 たらさわ氏は、相葉の自然体で演技をする姿や動物たちと戯れる姿を見て、いたく感動した様子。そして、ファンだという徳丸先生役のイッセー尾形を見て「(原作でも)ハンサムに描いておけばよかった(笑)」と思わず本音がこぼれていました。
 さらに、ドラマのレギュラーキャストである看板犬のダイキチと地域猫のオギと共に、コオ先生に扮した相葉のイラストを描き、直接手渡し。相葉は満面の笑みでその絵を受け取り、その際には原作執筆の裏話などに華を咲かせ、スタジオは温かい雰囲気に包まれました。
 たらさわ氏は、細部まで作りこまれた動物病院のセットも視察。美術スタッフが趣向を凝らした、セット内に散りばめられた動物のモチーフなども、楽しそうに眺めていました。

【原作者・たらさわみち氏 コメント】

 『僕とシッポと神楽坂』のドラマ化が決まったことを最初に聞いたときは、すごくびっくりしました。そして配役を聞いてさらにびっくり! コオ先生を相葉雅紀さんが演じてくださることにとても感激しました。動物と関わるお仕事もたくさんされていて、こんなにコオ先生にぴったりの方がいたんだ!と(笑)。本読みでのご挨拶で「歌って踊るのと同じくらい動物と接しているので」とおっしゃってくださったときに、絶対大丈夫だと確信しました。
 実際にお会いした相葉さんは本当に自然体で、温かい方。昔飼っていた動物の話や、原作のダイキチのお話などをしました(笑)。

 広末涼子さんがトキワさんを演じてくださるのもとても嬉しくて…! 広末さんが原作のトキワさんに寄せて髪をショートカットにしてくださったのも本当に感激しました。実は私はショートカットのヒロインを描いたことがほとんどなく、トキワさんは稀なキャラでした。女性らしさを抑えて、強く生きるスマートなところを描きたくてそうしたのですが、そんなところも広末さんが作品に寄り添ってくださった気がしたんです。訪問時にはちょうど広末さんが動物と触れ合うシーンを撮影されていたのですが、すごく手慣れていて、お好きなんだなと感じました。息子役の矢村央希くんとも息がピッタリで、まるで本当の親子のようでした!

 ドラマの撮影現場にお邪魔するのは初めてだったのですが、スタジオのセットなどを拝見して「漫画家として参考になるな」と思いました。出演者のみなさんももうすっかり役が出来上がっていて…。徳丸先生役のイッセー尾形さんがとてもいい味を出してくださっているのですが、(大ファンなので)原作でももっとハンサムに描いておけばよかったと思いました(笑)。

 実は、この作品を描き始めたとき、動物を描くのが苦手だったんです。出来るかな、と思いながら始めたのですが、気がつけばもう長いこと描いていて、現在もネタが尽きない中でシリーズを続けられています。コオ先生も、原作シリーズ当初は途中から出てきたサブキャラだったのですが(笑)。読者のみなさんもコオ先生に思い入れを持ってくださっています。
 私自身も思い入れのあるそんなコオ先生を相葉さんが演じてくださって、本当にありがたいです。ドラマでは原作とまた違った世界観が出るところもあると思うので、そこを楽しんでいただけたら、と思います。

【高円寺達也役・相葉雅紀 コメント】

 今回、たらさわ先生にコオ先生とダイキチ&オギの似顔絵を描いていただいたのですが、さすが本当にお上手で…!「どうやって描いているんですか?後ろの色もご自分で塗られるんですか?」って、細かいところまでいろいろお聞きしちゃいました(笑)。一枚の色紙にダイキチとオギを描くのでだいたい一時間くらいなのだそうですが、そこにコオ先生が入るともう少しかかるんだそうです(笑)。
 他にも先生とはいろいろお話させていただきました。ほとんどが雑談のようなものだったのですが、実は僕が最初に出させてもらった映画『新宿少年探偵団』は、先生のお友達が書かれた作品だったそうなんです! 先生同士がお話されたときに「20年越しにまた相葉くんで繋がるんだね」っていう話をされたばかりで、「縁を感じる」とおっしゃってくださいました。


番組主題歌が嵐56枚目のニューシングルに決定!!

2018年9月12日


『君のうた』
(ジェイ・ストーム)


尼神インター・渚、女優開眼!?ドラマに初挑戦!
芸者役でレギュラー出演決定、かとうかず子ら共演者を師と仰ぎながら日々、撮影に奮闘中!

2018年9月9日

 人気お笑いコンビ・尼神インターの渚がレギュラー出演することが決定! 渚にとっては、今作がドラマ初出演となります。

■尼神インター・渚、相葉雅紀主演作でドラマに初挑戦!

 『僕とシッポと神楽坂』にレギュラーキャストとして出演することとなった尼神インター・渚。相方の誠子が8月に放送された24時間テレビドラマスペシャル『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』で一足先に女優デビューを飾り、話題となりましたが、今作では渚が待望の女優デビューを果たすことになります!

 渚が演じるのは、神楽坂の芸者・まめ福。相葉演じる達也の母・貴子(かとうかず子)に三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出没しています。達也とは付き合いも長いため、気心の知れた者同士、丁々発止のやり取りも披露。さらに、後輩芸者のすず芽(趣里)も加わり、女3人で寝室に忍び込んだり、風呂場を覗いたり、と達也にちょっかいを出しては楽しんでいるという役どころです。

 初めてのドラマ出演で、わからないことだらけだという渚。一緒のシーンが多い相葉雅紀、かとうかず子、趣里には助けてもらうことも多いようで、アドリブのタイミングがわからず戸惑っていたときも、「趣里さんが間を繋いでくれたり、かず子さんが肩で肩を小突いて合図を出してくれたり…。そういうのを不自然に見えないよう、演技の中に入れながらやってくださっています。相葉さんも、時間がかかってしまっても何の文句も言わずに待ってくれるし。本当にありがたいです」と感謝していました。
 慣れないドラマに日々奮闘している渚ですが、彼女が演じるまめ福のキャラクターは、『僕とシッポと神楽坂』の中で、ひと味違ったスパイスになること間違いなしです!

【まめ福役・渚(尼神インター) コメント】

 まめ福はビジュアルも中身も普段の私(尼神インターの渚)とは真逆なので、台本を読んで「こんな女性なのかな」と想像を膨らませたりするのも難しかったんです! でも撮影初日から、貴子さん役のかとうかず子さんが本当にいろいろ助けてくださって、「このとき、まめ福さんは○○だから…こう動いてみたら?」とアドバイスをくださるんです。もちろん監督も演出してくださるんですけど、全部は理解できなくて(笑)だから、かず子さんを『師』と仰ぎながら、助言を頼りに手探りでやらせてもらっています!
 相方は昔からドラマにも挑戦したいと言っていたのですが、私は「絶対無理やからやらん」って。なのでこのお話をいただいたときも「冗談やろ?無理、無理!」って(笑)。まぁ…結果的にマネージャーさんから「大丈夫ですよ。挑戦してみましょう!」と何度も言われて、頑張ってみることにしたんです。でも、最初に自分の芸者姿を見たとき、いつもとあまりに違って思わず笑ってしまって。いろんな意味でみなさんの邪魔をしてしまっていないか、それだけが心配です(笑)
 アドリブでのセリフのタイミングなんかも、私、全然わからないので、現場で黙りこくってしまっていたのですが、すず芽ちゃん役の趣里さんが間を繋いでくれたり、かず子さんが肩で肩を小突いて合図を出してくれたり…。そういうのを不自然に見えないよう、演技の中に入れながらやってくださっています。相葉さんも、時間がかかってしまっても何の文句も言わずに待ってくれるし。本当にありがたいです。私の芝居はみなさんに助けられてこうなってるんだなって、注目して見てください。
 相葉さんとは、ドラマの撮影が始まってから別の番組でもお会いしたんですけど、そのときも私がリラックスできるように、面白いイジりをしてくれました。そんなイジりをする印象ではなかったので、意外だったのですが、きっとドラマの現場でも早く打ち解けられるように、気を使ってくださったんだな、と思って感謝しています。
 初めてのドラマで慣れないことだらけですけど、こうやってみなさんに助けていただきながら楽しんでやらせてもらっています。

【相方・誠子(尼神インター)からのコメント】

 渚はふだん楽屋で漫才の台本を開くことなんてないんです。なのに、今回はドラマの台本を熱心に開いてめちゃくちゃ練習してます(笑) 芸者役ということなので三味線もいつでも練習できるように楽屋に持ち込んだりしていて、その努力は認めます。
 ただ…私まだ渚の演技は見てないですけど、絶対私の方がうまいと思います。自信あります。やっぱり、私は昔から女優さんを尊敬していますし、女優業を視野にいれてきたので私の方が絶対お芝居できます!『僕とシッポと神楽坂』のスタッフさん、誠子もどうぞよろしくお願いします!


相葉雅紀主演癒し系ヒューマンドラマ『僕とシッポと神楽坂』で趣里&小瀧望(ジャニーズWEST)が相葉と待望の初共演!
趣里は相葉に思いを寄せる芸者に、そして小瀧は若き獣医大生に!
個性溢れる共演者たちが作品にさらなる彩りを与える!

2018年9月2日

 動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、金曜の夜を彩る同ドラマに、趣里と小瀧望(ジャニーズWEST)がレギュラー出演することになりました!

■話題作で圧倒的存在感を見せる女優・趣里が猪突猛進な芸者役で登場!

 今作で趣里が演じるのは、神楽坂の芸者・すず芽。達也の母・貴子に三味線の稽古をしてもらうため、昼夜問わず達也の実家に出入りしています。幼い頃から達也に好意を寄せており、多国籍なお弁当を作っては差し入れをするなど、献身的な面も…。そのため、『坂の上動物病院』に看護師として現れた加瀬トキワ(広末涼子)を一方的にライバル視しているふしがあります。
 趣里自身も「猪突猛進タイプ女性」と語るすず芽が、まっすぐに達也に向かっていく姿は誰の目にも可愛らしく映ることでしょう。
 近年、『トットちゃん!』(テレビ朝日系)や『ブラックペアン』(TBS系)など、話題の連続ドラマに多数出演し、強い存在感を見せつけてきた趣里が、今作では芸者という役どころに。三味線と日本舞踊の稽古を積んでから撮影に入ったという趣里が、『僕とシッポと神楽坂』で、これまでとはまた違った魅力を発揮します!

■ジャニーズWEST・小瀧望がテレ朝ドラマ初出演! やる気に満ち溢れた獣医大生に

 そしてジャニーズWESTの小瀧望が演じるのは、獣医大の学生・堀川広樹。若くやる気に満ち溢れた青年で、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってきます。
 やる気と優秀さが前面に出過ぎるあまり、人の話をさえぎる傾向があるという、個性的なキャラクターを小瀧が魅力満載に熱演! テレビ朝日のドラマに初出演する小瀧が、どんな若き獣医大生姿を見せてくれるのか、今から期待が高まります。

 今作でドラマ初共演となる趣里について、相葉は「すごく線が細いのに、力強くて迫力があるんですよ!」とびっくりしている様子。また後輩である小瀧についても「嵐とも一緒にイベントをやったり、と全然知らない仲ではなかったのですが、こうしてドラマでご一緒できるのはまた新鮮です。いい意味でフラットな気持ちで共演できています!」と話し、共演を楽しんでいることが窺えました。

 続々発表される豪華な共演陣とかわいい動物たち満載で贈る、10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマの開幕までもう間もなくです!

【すず芽役・趣里 コメント】

 『僕とシッポと神楽坂』は、相葉雅紀さん演じるコオ先生を中心に、毎回ハートウォーミングなストーリーが展開していくのですが、動物病院を舞台にしたお話だからでしょうか、とっても癒しのある現場です。相葉さんをはじめ、素晴らしい役者のみなさんと日々ご一緒できてすごく嬉しいです。
 私が演じるすず芽は“猪突猛進”な女性(笑)。まっすぐ過ぎるくらいまっすぐです。私自身はあまりそういう部分がないのですが、すず芽を通して楽しませていただいています。
 相葉さんとは今作で初めてお会いしたのですが、とても優しくて、動物とも上手にコミュニケーションをとっていらっしゃって、抱いていたイメージそのままの方でした! 相葉さんが現場に来ると、すごくふんわりした柔らかい空気になるんですよ。以前に二宮和也さんと共演させていただいたのですが、そんなお話もしながら、とても気さくに接してくださいました。
 そんな相葉さん演じるコオ先生=達也さんをめぐる、トキワさんとの恋の攻防戦も…(笑)。猪突猛進のすず芽らしく、まっすぐに達也さんに突進していく姿を楽しんでください。ドラマでこんなに大きな声を出したのは初めてだというくらい、テンション高く演じています(笑)。
 今回は、三味線と日本舞踊を教えていただいてからドラマの撮影に入りました。現場では役者のみなさんとコミュニケーションをとり、監督についていく覚悟で撮影に臨んでいます。共演するみなさんが本当に個性的な方々ばかりで、撮影現場もすごく楽しいので、見てくださる方にもそれが伝わったら嬉しいなと思います。
 心の中に悩みを抱えながらも、人と人との繋がりを大切にして前向きに生きていこう、という作品の素敵なメッセージがみなさんにも届きますように。

【堀川広樹役・小瀧望(ジャニーズWEST) コメント】

 今回、初めてテレビ朝日さんのドラマに出させていただけてとても嬉しいです。同時に、先輩である相葉くんの背中を見ながらお芝居ができるというワクワク感も抱いています。以前にCMでご一緒して以来、約2年ぶりなのですが、今回の現場は相葉くんがいることによってすごく温かい空気が作り出されてて、とても穏やかな気持ちになれるんです。お芝居をされているのを見ても、「あぁコオ先生だったら自分のペットを預けたいな」という気持ちになりますし、この作品とコオ先生という役はまさに相葉くんにぴったりなんだと思います! 現場でも相葉くんは他愛もない話を振ってくれたりして、僕の緊張感をほぐしてくれています。
 僕が演じる堀川くんは、一生懸命で好奇心旺盛。そんなつもりはないのかもしれないけど、すぐ人の言葉をさえぎって、先に話しちゃうんです。自分が大好きなんですよね(笑)。なんかウザいんですけど、憎めないウザさ…。そういったあたりを意識して演じています。
 そして堀川くんはひとりしゃべりが多いのですが、その抑揚やテンションが難しいと感じることも…。読み合わせのときに監督に「セリフの前後まで考えておいてください」って言われたんです。喋ることが好きな堀川くんは、きっと台本に書かれているセリフ以上に続けて喋るのではないか、と言われ、少しの恐怖とともに楽しみながら演じています!
 あと注目していただきたいのは、僕の手術着姿です(笑)。衣装合わせのときは、コオ先生やトキワさんと同じスタイルだったのですが、本番になったら僕だけ帽子がシャワーキャップみたいなのに変わってて…! コオ先生たちがビシッと決めている中に、やる気だけはあるシャワーキャップ男が混ざっていますので、そこにもご注目ください!


『僕とシッポと神楽坂』が日本最大級のペットメディア・PECOとコラボレーション!
「#PECO僕坂」でドラマにあなたのペットを登場させよう

2018年8月10日

 動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマが、日本最大級のペットメディア・PECOとコラボすることになりました!


■『僕とシッポと神楽坂』×PECOコラボ【#PECO僕坂】Instagramキャンペーン、スタート!

 『僕とシッポと神楽坂』×PECOコラボで行われる【#PECO僕坂】Instagramキャンペーン!
 参加方法は、無料の写真共有SNS・Instagramでキャンペーンハッシュタグの【#PECO僕坂】を付けて、ご自身のペットの写真を投稿するだけ! 見事1位の『高円寺達也賞』に選ばれた写真は、“PECOポスター”になってドラマ本編に登場できるのです! みなさんの大切なペットたちがドラマデビューする貴重なチャンス。まさに超レアなキャンペーン特典となっています。
 2位の『たらさわみち賞』は、今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』の著者・たらさわみち先生がペットのイラストを描いてくれるという超豪華な賞! さらに3位の『坂の上動物病院賞』に選ばれた20名の方々のペットの写真も、特製ポスターになっちゃいます! もちろん、1位から3位までの賞に輝いた方々には、ポスターやイラストをプレゼントします!
 どれも、ここでしかゲットできない貴重なものばかり…! 是非この機会にキャンペーンに参加してみてください!

 応募期間は2018年8月10日(金)から、24日(金)まで。Instagramにハッシュタグを付けて投稿するだけで応募完了なので、超簡単! たくさんのご応募、お待ちしています!

■PECOのサービスで、ペットにそっくりなぬいぐるみを作ろう!

 PECOには、ご自身のペットの写真をもとにオーダーメイドの“ぬいぐるみ”を作れる『PECO Hug』というサービスがあります。ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の中にも、ビションフリーゼのダイキチと三毛猫・オギのPECO Hugが登場予定! どんな場面で登場するか、是非探してみてください。


相葉雅紀主演ドラマの現場で広末涼子の誕生日祝い!
息子役・矢村央希くんからの似顔絵メッセージのプレゼントにママ・広末も思わずニッコリ!

2018年7月18日

 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマにヒロインの動物看護師・加瀬トキワ役で出演する広末涼子が誕生日を迎え、撮影現場でお祝いのセレモニーが行われました!

■誕生日を迎えた広末をサプライズでお祝い! 可愛らしいケーキと似顔絵に思わず…

 都内某所の民家でのシーンを終えると、スタッフから「広末涼子さんがお誕生日です!!」との声が。『僕とシッポと神楽坂』の看板犬・ビションフリーゼのダイキチのモフモフ顔をモチーフにしたケーキが贈られると、広末は「すごーい! こんなのはじめて見た!!」と驚きの表情を浮かべていました。
 さらに、息子の大地を演じている矢村央希から、似顔絵付きのメッセージカードも贈られ、「かわいい! 大地、書いてくれたんだ。嬉しい!ありがとうございます」とニッコリ。「毎日本当に暑いけど、みんなで頑張ります!」とこの先の撮影に向けて、決意を新たにしていました。

 暑い毎日が続く中、撮影に励んでいる『僕とシッポと神楽坂』のキャスト・スタッフ陣。「この暑さの中でのみんなの頑張りが映像に反映されるといいな」と広末。「誕生日を迎えて、最初のドラマがみなさんに愛されると嬉しいです」と、今作への意気込みも語ってくれました。

【加瀬トキワ役・広末涼子 コメント】

 10代の頃は「中学生」「高校生」といった区切りのようなものがありましたが、だんだんそういった区切りがなくなってくるので、なかなか目標をあらためて考えたり、ということもなかったのですが、今回は誕生日を迎えて最初のドラマが秋から放送されるので、この作品『僕とシッポと神楽坂』がみんなに愛されるドラマになったら嬉しいなと思います。
 誕生日と言えば、やはり子どもの頃の思い出が多いですね。クラスのみんなを呼んでお誕生日会をしようと思ったら、家に入りきらなくて近くの公園で誕生日会をやったこととか…。大人になってくるとなかなか誕生日会ってやらないですね。今は誕生日会をセッティングしてあげる側になったので、私のように思い出に残る誕生日会をしてあげたいなって思います。
 本当に暑い中での撮影が毎日続いていますが、みんなが頑張った証が映像に反映されるといいです!


相葉雅紀主演癒し系ヒューマンドラマ『僕とシッポと神楽坂』ヒロインに広末涼子が決定!
相葉演じる獣医師と働く“秘密”を抱えた動物看護師…ほかにも豪華個性派共演陣が続々。
大倉孝二、村上淳、矢柴俊博、かとうかず子、そしてイッセー尾形らがドラマを彩る!

2018年7月7日

 動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマに、ヒロイン役として広末涼子が出演することが決定しました!

■相葉雅紀主演! 動物好きたちに贈るハートフルドラマが10月金曜ナイトに登場

 今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみち氏が集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で現在も続編を連載中の人気漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語です。
 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生は達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらも獣医師として奮闘を続けていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれ、地域の人々と交流を深めていくことになります。

■相葉演じる獣医師のパートナーとなる動物看護師役に広末涼子が決定!

 そんなコオ先生=達也に請われ、『坂の上動物病院』で動物看護師として働くことになるのが、広末涼子演じる加瀬トキワです。女手一つでひとり息子の大地を育てるトキワ。最新鋭の設備を備えた『ナルタウン動物病院』で動物看護師を務めていましたが、ある事情から『坂の上動物病院』で働くことになります。心優しく強い女性で動物看護師としての腕も確かなトキワですが、彼女には実は大きな“秘密”が…。いつしか達也とトキワは固い信頼で結ばれる最高のパートナーになっていきますが、トキワが抱える“秘密”がふたりの関係にも変化をもたらすことになるのです!
 テレビ朝日の連続ドラマ出演は2011年10月期に放送された『11人もいる!』以来、7年ぶり。清純な役どころから体当たりの汚れ役までを幅広くこなし、実力派女優として活躍する広末が、加瀬トキワという役でまた新たなジャンルを開拓します!

■大倉孝二、村上淳、かとうかず子、イッセー尾形…豪華個性派共演陣、続々!

 ほかにも今作『僕とシッポと神楽坂』を彩る豪華共演陣が続々決定!
 達也の幼馴染のライター・名倉雅彦を演じるのは大倉孝二。そして『ナルタウン動物病院』の獣医師でトキワに思いを寄せる田代真一を村上淳が演じます。さまざまな映画・ドラマで一癖も二癖もある役を数々演じてきている大倉と村上が、相葉とどのような掛け合いを見せるのかにも注目です。
 達也の家の近所にある赤城出世稲荷神社の神主役には矢柴俊博。とても神出鬼没で、なぜかいつも突然達也の前に現れてはお告げのような言葉を残し、達也を戸惑わせます。
 達也の母である高円寺貴子役にはかとうかず子。三味線の師匠をしながら女手一つで達也を育てた貴子は、息子の将来を心配しながらも獣医師として成長していく姿を温かく見守ります。
 さらに、達也に神楽坂の病院を任せ、姿を消してしまう獣医師・徳丸善次郎を演じるのは個性派俳優としても名高いイッセー尾形。達也を振り回すことになる徳丸を、イッセー尾形が軽妙に演じ、作品にまた違ったエッセンスを加えます。
 個性豊かな共演陣とかわいい動物たち満載で贈る、10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマのスタートまで、もうしばらくお待ち下さい!

【加瀬トキワ役・広末涼子 コメント】

 『僕とシッポと神楽坂』は、とても優しくて温かいドラマになる予感がしましたので、撮影に入るのが楽しみでした。コオ先生は相葉さんのイメージにぴったりですよね! 気遣いさんで優しくて動物好き――相葉さんそのままのキャラクターだと思いました。一緒にお芝居をしていても、どこまでが相葉さんでどこからがコオ先生なのか、わからないくらい(笑)。一方で、手術のシーンや命に真剣に向き合う場面などはまた違った男っぽい一面も出ていたりして、そのギャップには見ている方々もキュンキュンしてしまうのではないでしょうか!
 わたしが演じるトキワはあまり表裏のない女性。きっと息子の大地といるときが一番“素”なのだと思いますが、すごく一生懸命で真っ直ぐで素直な人。とても魅力的な女性だし、共感できる部分も多いです。劇中のトキワは煮物が得意、なつもり、という役なのですが、インパクトの強いキャラクターなんです(笑)。そのあたりも楽しみにしていてください。
 金曜の夜に大人から子どもまで、幅広い世代の方々に見ていただける作品です。是非このドラマで元気をもらったり、勇気をもらったりしながらご覧ください!

【高円寺達也役・相葉雅紀 コメント】

 広末さん演じるトキワさんは、ちょっとワケありなお母さんなのですが、すごく素敵に演じていらっしゃいます。優しくて包み込むような部分もありつつ、気の強いところもあって…幅の広いお母さんで、素敵だなって思っています。コオ先生とトキワさんが、どんな関係になっていくのか、楽しみにしていただけたらと思います。
 このドラマの撮影現場は、作品の雰囲気そのままな空気に包まれていて、優しい気持ちになれる現場なんです。穏やかな方々ばっかりで、オン/オフなく撮影に臨めているような気がします。
 放送までまだ時間はありますが、期待して待っていてください!

主な登場人物

高円寺達也(こうえんじ・たつや)

相葉雅紀

高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。獣医大学を卒業した後、勤務医として動物病院で働いていたが、実家に戻り、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。一見、気弱そうだが腕は確かで、優しい心の持ち主。病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて“シッポ”と呼んでいる。言葉を話すことができない“シッポ”たちに対し、持ち前の動物の心に寄り添う才能と勤務医時代の経験をもって接し、街の動物のお医者さんとして唯一無二の存在になっていく。

加瀬トキワ(かせ・ときわ)

広末涼子

『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。大地というひとり息子を女手一つで育てている。得意料理(自称)は“煮物”で、大地は(やがて達也も)味が染みに染みた煮物を何日も食べさせられている。

すず芽(すずめ)

趣里

神楽坂の芸者。貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、達也の家に出入りしている。幼い頃から達也に思いを寄せており、大好きな達也のために多国籍なお弁当を作って届けたりと、まっすぐな気持ちをぶつけまくっている。『坂の上動物病院』に現れた看護師・トキワをライバル視している。

堀川広樹(ほりかわ・ひろき)

小瀧望(ジャニーズWEST)

東都獣医大の学生。田代に感銘を受け、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる。何事にも一生懸命で好奇心も旺盛、そして知識も豊富で優秀だが、そのやる気が前面に出過ぎて、人の話を遮りがち。

まめ福(まめふく)

渚(尼神インター)

神楽坂の芸者。すず芽と同じく、貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出入りしている。達也との付き合いはそれなりに長く、しょっちゅう貴子、すず芽と3人がかりで達也にちょっかいを出しては楽しんでいる。

神主(かんぬし)

矢柴俊博

達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没で、突然達也の前にぬっと現れては不可思議な言葉を残し去っていくため、常に達也を戸惑わせている。

加瀬大地(かせ・だいち)

矢村央希

トキワのひとり息子。達也に頼まれて、『坂の上動物病院』に通うようになり、動物たちの面倒をみるようになった。

看板犬・ダイキチ

アトム

『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった。大地の熱意により、コオ先生たちに看板犬として迎え入れられることに…!?

地域猫・オギ

ミーちゃん

神楽坂の地域猫。達也の家、『坂の上動物病院』、赤城出世稲荷神社がお気に入りの場所。

名倉雅彦(なくら・まさひこ)

大倉孝二

達也の幼馴染でフリーライター。自分がヒマなのをいいことに、達也を誘って神楽坂の居酒屋で飲んでばかりいるが、達也の優しさを一番わかっている人物でもある。

田代真一(たしろ・しんいち)

村上淳

『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。トキワに思いを寄せていて、達也を恋敵として意識している。

高円寺貴子(こうえんじ・たかこ)

かとうかず子

達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。「いつ結婚するのか」「孫の顔は見られるのか」と、何かと息子の将来を心配しつつ、優しく見守っている。

徳丸善次郎(とくまる・ぜんじろう)

イッセー尾形

神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。神楽坂の人々に慕われる街のお医者さん。

あらすじ

2018年10月12日(金)よる11時15分~

第1話

 勤めていた動物病院を辞め、実家がある神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也(相葉雅紀)。尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという強い意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた…。
 「看板は下ろした あとはまかせた 徳丸」
 達也に病院を任せ、引退するという徳丸に戸惑う達也。ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、達也の新天地一日目はドタバタの中で幕を開けるのだった。

 そんなある日、達也は街で車に轢かれたパピヨン犬と、その犬に付き添う少年・大地(矢村央希)と出会う。大地とともに血だらけのパピヨンを動物病院に運んだ達也は、早急に手術の必要があると判断。さっそく準備に取り掛かろうとしたその時、急に連絡が取れなくなった大地を心配して、母親の加瀬トキワ(広末涼子)がやってくる!
 古びた病院の設備と人手の足りなさに、「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と主張するトキワに対し、「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と返す達也。そんなふたりの様子を見て、パピヨンの命の危機を感じて不安になる大地は、今にも泣きそうになりながら「先生、ワンコを助けて…」と懇願する。

 「大地くんの気持ちは受け取りました。頑張ります」

 大地の手を優しく握り、そっと目を閉じてそう囁いた達也は、トキワの制止を振り切り、手術を開始してしまう!

 成り行き上、サポートに入ったトキワ。しかしその丁寧で繊細なメスさばきに驚きを見せる。一方の達也も、トキワが動物看護師だと知り、この病院で働いてもらえないかと切り出してみるが…?

コメント

高円寺達也役・相葉雅紀 コメント

 お話をいただいた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人との繋がりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとても素敵な物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです。
 僕が演じるコオ先生はすごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です。コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑)。
 一話に一回は手術のシーンも出てくるので、クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています。

 僕にとってペットは家族。子どもの頃、犬を飼っていたのですが、その犬が亡くなったときというのが最初に経験した“死”でした。命は尽きるものなのだと教えてくれたので、忘れられない経験をさせてもらったのだと今でも思っています。

 初めて主演ドラマをやらせていただいた金曜ナイトドラマの枠にもう一度戻ってくることができてとても嬉しいですし、光栄です。『僕とシッポと神楽坂』は温かいお話なので、みなさんの金曜の夜を温かくできたらいいなと思います。

テレビ朝日・都築歩プロデューサー コメント

 原作を読んだとき、心優しい獣医師の動物に対する真っ直ぐでピュアなストーリーを、映像化してみたいと思いました。今を生きる私たちにとって、動物はペットというか『家族』…だからこそ「僕とシッポと神楽坂」は動物を愛するすべての人に安心とやすらぎを与えてくれるものになると考えております。主人公の獣医師:通称コオ先生は、相葉雅紀さんのイメージそのもので、この“奇跡の合致”を逃すわけにはいかない、絶対に演じていただきたい!と思いオファーさせていただきました。
 このドラマの舞台は神楽坂。撮影は地域の皆様にご協力いただき、実際に神楽坂でも行う予定ですので、ドラマに出てくる場所を探してぜひ歩いてみてください。
 さらに何と言っても注目すべきは、白くてモフモフな看板犬“ダイキチ”や無愛想な地域猫“オギ”など、とってもかわいい動物たち!金曜の夜に、深川栄洋監督が紡ぎだす『少し不思議で何だかほっとする』世界を楽しんでいただければと思っています。穏やかで、優しい気持ちになれることを…お約束します。

スタッフ

原 作

たらさわみち「僕とシッポと神楽坂」(officeYOU 集英社クリエイティブ)

脚 本

谷口純一郎、国井桂

監 督

深川栄洋(『神様のカルテ』『60歳のラブレター』)ほか

ゼネラルプロデューサー

三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー

都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)

制作協力

アズバーズ

制作著作

テレビ朝日