キャラクターCharacter

氷河声・宮野真守(みやの・まもる)

白鳥座ことキグナスの青銅聖闘士。星矢とともに幾多の闘いを乗り越えてきた伝説の聖闘士。小宇宙により凍気を操る。その闘技同様、常にクールであることを心がけているが、その胸のうちには熱い魂を持っている。巨大な氷の壁に囲まれた「慟哭の谷」の谷底でアリアを失い、絶望の淵にいた光牙に、大切な人を守ることの大切さを説き、再び戦いへと立ち上がらせた。パラスとの闘いでは、白鳥座の新生聖衣と携えてパラスベルダに現れる。刻の門を前に光牙とついに合流した。得意技は、すべての物を凍りつかせる氷結拳「ダイヤモンドダスト」。