2020年2月9日(日)よる9時放送


日本を代表する名バイプレイヤーたちが一挙集結!!
森村誠一の傑作ミステリー
『正義の証明』が
遠藤憲一主演でドラマ化!
法で裁かれない犯罪者に制裁を加える“私刑人”と
それを追う警察が繰り広げる激しい攻防――
そしてたどり着く驚きの結末…
あなたに「正義とは何か」を問いかける

森村誠一の傑作ミステリーをドラマ化!世の中に「正義とは何か」を問いかける

 『人間の証明』をはじめとした“棟居刑事シリーズ”や『駅』『終着駅』などの“牛尾刑事シリーズ”で知られる作家・森村誠一氏の小説『正義の証明』がドラマ化! 2月9日(日)の夜9時からテレビ朝日系にて放送されます。
 『正義の証明』は、森村誠一氏が2004年に幻冬舎から刊行した傑作ミステリー。法で裁かれない卑劣な犯罪者たちに自らの手で制裁を下す“私刑人”と、その存在を追う警察の攻防を描き、そこに登場する人々を通して「正義とは何か」を読む者に問う、重厚な社会派小説は、刊行されると同時に大きな反響を呼びました。
 今回、同作を約9年ぶりにドラマ化。“私刑人”というダークヒーローvs日本の治安を守る警察組織、という構図は、世の中の人々に「正義の基準は絶対的に正しいのか」「果たして正義の定義とは」を再び問いかけていくことになるでしょう…!

遠藤憲一が“私刑人”を追う元SPに!テレ朝ドラマに初単独主演!

 今作で主演を務めるのは、今や映画・ドラマに引っ張りだこの俳優・遠藤憲一! 持ち前の鋭い眼光とコワモテな風貌を余すことなく発揮した硬派な男性から、ちょっと情けないけど可愛らしいおじさんまで、ありとあらゆる役柄を演じ分け、日本の映画界・ドラマ界には欠かせない存在となっている遠藤が、“私刑人”を追う元SPの警察官・松永祐一郎を演じます。
 松永は元警視庁警備部警護課の優秀なSP。“私刑人”に関する事件で銃弾を受けて以来、SPの職を辞し、交番勤務の制服警官を続けています。事件から3年後、姿を消していた“私刑人”が再び行動を開始したことで、警視庁は庁内に『私刑人対策室』を設立。SP時代の上司で、『私刑人対策室』の室長に就任した相馬によって、松永は最前線の現場へと呼び戻されるのです。
 これまで『民王』や『私のおじさん~WATAOJI~』、そして『ドクターX ~外科医・大門未知子~』など数々の作品で獅子奮迅の活躍を見せてきた遠藤。今作は遠藤にとってテレビ朝日ドラマ、単独初主演作となります! 遠藤演じる松永が、“私刑人”を追う中でさまざまな葛藤と向き合い、その末にたどり着く結末は、視聴者をあっと驚かせてくれるに違いありません。

豪華共演陣にも注目!日本随一の個性派俳優たちが芝居合戦を繰り広げる!

 そして共演者にも豪華俳優陣が続々!
 松永のSP時代の後輩で、現在はタクシー運転手をしている江崎哲平役には、数々のドラマで存在感を発揮する実力派俳優・北村有起哉。与党・民自党の幹事長で次期総理大臣候補の筆頭と言われる大物議員・龍岡泰邦役には、今作で初の政治家役に挑む竹中直人。龍岡の地盤を継ごうと目論む私設秘書・山葉文雄役には、映画『カメラを止めるな!』で一気に知名度を上げた濱津隆之、そして“私刑人”の事件を追う週刊誌の女性記者・吉尾恵美役には、ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍する女優・内山理名が決定しました!

 “個性派”という言葉だけでは足りないほどの強烈な色を持った、日本を代表する俳優陣――『正義の証明』という重厚な作品で、どのような濃密な芝居合戦を繰り広げてくれるのか、今から期待が高まるばかりです!

主な登場人物

松永祐一郎(まつなが・ゆういちろう)

遠藤憲一

交番勤務の制服警官。元は警視庁警備部警護課の優秀なSPだった。『私刑人』の再出現により設置された『私刑人対策室』に呼ばれる。

江崎哲平(えざき・てっぺい)

北村有起哉

タクシー運転手。元は警視庁警備部警護課のSPで松永の後輩だった。

吉尾恵美(よしお・えみ)

内山理名

『週刊エラー』の女性記者。松永とは旧知の仲で浅からぬ因縁がある。

山葉文雄(やまは・ふみお)

濱津隆之

龍岡議員の私設秘書。龍岡の跡を継ぐ野望がある。

龍岡泰邦(たつおか・やすくに)

竹中直人

与党・民自党の大物議員。大臣を歴任し、現在は次期総理大臣候補の筆頭。

あらすじ

 罪を犯しているにも関わらず、法では裁かれない者を自ら裁き、刑を執行する人物=『私刑人』の出現に、世間は騒然。麻酔銃を使って対象を狙撃する『私刑人』による刑執行に怯え、自ら真実を吐露する者、謝罪する者が続出する中、次なる標的となっていたのは、厚生労働大臣の龍岡泰邦(竹中直人)だった。
 とあるパーティーの後、ついに龍岡に銃口が! しかし間一髪、警護に付いていた警視庁警備部警護課の松永祐一郎(遠藤憲一)が盾になり、事なきを得る。
 そしてその日から、『私刑人』はぱたりと姿を消した…。

 3年後――。
 松永は、再生不良性貧血の治療を続ける妹・琴乃(酒井美紀)とその娘・しずく(竹野谷咲)の面倒を見ながら交番勤務の警察官を続けていた。
 そんな折、準強制性交等罪で逮捕されながら不起訴になった大学生・金山言訓(横山涼)が何者かに麻酔銃で狙撃される! 
 現場を目撃していた『週刊エラー』の記者・吉尾恵美(内山理名)は、姿を消していた『私刑人』が活動を再開したことに驚がく。さらに「過重労働により過労死を招いた居酒屋チェーン」「パワハラで告発された大学空手部の部長」らが相次いで謝罪会見を行い、世間は『私刑人』の出現に再び騒然となる。
 『私刑人』の標的となった金山の叔父は、民自党の議員・湖中重義(井田國彦)。3年前、同じく標的となって狙撃を受けた龍岡幹事長の派閥に属する大物だった。警察の威信にかけ、なんとしてでも『私刑人』を逮捕するべく、警視庁は庁内に『私刑人対策室』を設置。室長に就任した相馬晃弘(浅野和之)は松永を呼び戻し、『私刑人』を特定するべく捜査を開始する。

 今や“次期総理大臣”を期待されるほどの立場になっていた龍岡。だが3年前の『私刑人』による狙撃は、ある事情から警察によってもみ消され、そのことがきっかけで、当時松永の相棒だった江崎哲平(北村有起哉)は、組織に不信感を抱いて警察を去り、タクシー運転手として再出発していた。
 瀕死の重傷を負ったにも関わらずその事実を隠され、今再び龍岡の警護に付こうとする松永に『週刊エラー』の恵美は「私利私欲にまみれたクズのために、どうしてまた命を賭けるのか」と問いかける。実は恵美も、松永が銃弾を受けた記事を官邸からの圧力によって差し止められていたのだ。
 『私刑人』の存在を善悪では割り切れなくなってくる恵美。しかし龍岡の身代わりとなって秘書の山葉文雄(濱津隆之)が凶弾に倒れたことで、世論は“『私刑人』憎し”へと傾いていく。
 やがて捜査一課は『私刑人』としてある人物を逮捕。しかし納得ができない松永らが捜査を続けるうち、意外な事実が明らかになる…!

コメント

松永祐一郎役・遠藤憲一 コメント

 個性的なキャストのみなさんが次々と登場します。まさかの展開をお楽しみに!

江崎哲平役・北村有起哉 コメント

 ここまで徹底的に硬質なドラマは今時じゃない、だからこそやり甲斐をすぐに見出せました。こうした愚直で熱い登場人物のドラマが流行っていた時代もあった気がします。でも時代は変わり、そして演技スタイルもリアルに移り変わってきています。
 この作品の中では、使命感や人生観そして正義感を背負ってそれぞれの登場人物がうごめいていきます。そしてそれぞれが違う価値観だからこそ、ドラマが生まれます。これを令和の時代にどう表現できるのか。目標としている素晴らしい俳優さんとガチンコでお芝居できる機会をいただきまして、ヤル気スイッチがショート寸前です。どうぞお楽しみに!

吉尾恵美役・内山理名 コメント

 重厚感ある作品に参加することができ、うれしさと同時に身の引き締まる思いでした。
 週刊誌記者役というのも初めてでしたが、こんなに記者さんは大変なのかと思いながら、芯が強く、熱い思いを持った週刊誌記者を意識して演じさせていただきました。
 ベテランの役者さんばかりの現場でしたので、役と同様、攻めていく覚悟で挑んだつもりです。一つの事件を様々な方向から見ていく作品ですので、是非じっくりと観ていただけたらうれしいです。

山葉文雄役・濱津隆之 コメント

 龍岡泰邦という、いわゆる黒い政治家に仕える秘書の役を演じさせていただきました。
 こんな現実が今まさに、と言うか、もしかしたらずっと昔から、見えないところで平然とあったのかもしれないという恐ろしさを、少しでも感じていただけたらと思います。

龍岡泰邦役・竹中直人 コメント

 尊敬する俳優、遠藤憲一さんと久しぶりに共演出来た時間はとても贅沢な時間でした。
 今回、初めての政治家役でもあり監督のご指示のもと、ものすごく緊張しました。どんな風に皆さまの目に止まるのか、とてもドキドキしております。

スタッフ

原作

森村誠一『正義の証明』
(幻冬舎文庫刊)

脚本

久松真一(映画『64-ロクヨン-』ほか)

チーフプロデューサー

黒田徹也(テレビ朝日)

プロデューサー

服部宣之(テレビ朝日)
大久保直実(ビデオフォーカス)

監督

竹園元(テレビ朝日)

制作協力

ビデオフォーカス

制作著作

テレビ朝日