テレビ朝日 サイト内検索結果

ロッテルダム発

ロッテルダム発

SINGLES' (ユニバーサル 984 333-0) かつてワールドカップ準優勝の 歴史もあり、ヨーロッパの中でも その強さを誇るオランダサッカー サテライト戦でも 激しい試合が繰り広げられます ロッテルダム中央駅は 国際線タリスや急行のインター

https://www.tv-asahi.co.jp/train/contents/holland_belgium_luxembourg2/0804.html

ライトレール 出発

ライトレール 出発

ル 線路を挟み込むよう両側に道路が走っています 車窓に見えてきたのはアステカスタジアムです メキシコではサッカーは一二を争う人気のスポーツ ワールドカップ出場常連国となっています 車内で顔にスパイダーマンのペイ

https://www.tv-asahi.co.jp/train/contents/mexico/0417.html

ロシアの熱い男達

ロシアの熱い男達

は重量上げの選手達 ハンブルクでおこなわれる試合に向かう途中だそうです 頑張ってくださいね! こちらの二人は サッカーのユーロ2008の応援に向かうところです 応援用の旗を見せてくれました   試合の相手は、前回の優勝国ギリシ

https://www.tv-asahi.co.jp/train/contents/russia_belarus_lithuania_latvia_estonia/0825.html

ヨハネスブルグにて

ヨハネスブルグにて

市の機能を失っていると言われています しかし、町の一角には人々が生活を営む地区があります 通りで少年たちがサッカーに興じています 女性が微笑みながら言いました 「大丈夫2010年のワールドカップ開催までには 町は甦るから…」

https://www.tv-asahi.co.jp/train/contents/zimbabwe_southafrica/0311.html

メトロの車内(1)

メトロの車内(1)

わりに使う人 こちらはモップです 鉱山の砂山が見えます 車内からは庶民の暮らしぶりが伺えます これは建設中のサッカースタジアム ワールドカップは2010年の開催です 車内に響く大きな声 「神は私たちを見捨てはしない」 プロテス

https://www.tv-asahi.co.jp/train/contents/zimbabwe_southafrica/0313.html

テレビ朝日|世界の車窓から

テレビ朝日|世界の車窓から

に編んでいるものと思い込んでいたので、意外な展開だった。赤と白の糸を選んだのも、弟が「リーベル・プレート」というサッカーチームのファンで、そのチームカラーだからだという。 7歳の弟は、最高に嬉しそうな笑顔で、自慢げにミサン

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/argentina_uruguay/02.html

テレビ朝日|世界の車窓から

テレビ朝日|世界の車窓から

も喜ばしいことではないか。自然、風土、文化は大きく異なるが、オーストラリアに対し、親近感が湧いてくる。そう言えば、サッカーではオーストラリアはアジアに属する。西欧よりも、アジアに近い国オーストラリアが実感できるようにな

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/australia/03.html

テレビ朝日|世界の車窓から

テレビ朝日|世界の車窓から

メラに手を振ってくれる人もいた。 極めつけはバート・イシュルでの出来事。撮影中に偶然通りかかったスタジアムでサッカーの試合が行われていた。アマチュアのリーグだったが、ホームチームのバート・イシュルSVの代表者に撮影を

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/austria/03.html

テレビ朝日|世界の車窓から

テレビ朝日|世界の車窓から

クトにまとまり、歴史的建造物のイェンス・バング邸から4、5分歩けばお酒を楽しめる横丁に辿り着く。到着した日はサッカーの試合があったがデンマークのサッカーファンはドイツで出会った熱狂的なサポーターと様子がまるで

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/denmark/03.html

テレビ朝日|世界の車窓から

テレビ朝日|世界の車窓から

たく興味がないオジサンたちはキューバ人が経営するバーで夕食。選んだ理由は大型テレビが設置されていたから。サッカーの欧州選手権を生中継しているのだ。これを見ずして何を見る。乾杯の前に、それぞれ持参した薬を飲むのを

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/france/01.html

1 2 3 4 5 
6
 7 8 9 10