2019年3月17日(日)スタート!
【毎週日曜】午前9:30~午前10:00

スーパー戦隊シリーズ43作目!

パワフルな【恐竜】の力と

正しき【騎士】の魂をもつヒーロー!

『正義に仕える5本の剣(つるぎ)!』

古(いにしえ)のパワーで宇宙からの敵と対決!

2019年、【恐竜】のパワーと【騎士】の魂をもつヒーローが誕生!
「正義に仕える5本の剣!」 ―― その名は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』!!

 2019年3月からスタートするスーパー戦隊シリーズ第43作のモチーフは「恐竜」と「騎士」。古代のロマンを感じさせる「恐竜」は昔も今も子供たちに絶大な人気を誇り、過去にも「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992年)、「爆竜戦隊アバレンジャー」(2003年)、「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013年)とシリーズ中でも3作品あり、いずれも好評を博しました。
 今作の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、圧倒的なパワーをもつ「恐竜」に正義の魂をそなえた「騎士」をかけ合わせた、これまでにない新しい恐竜戦隊です。

 本作のヒーローは、ティラノサウルスの力をもつリュウソウレッドトリケラトプスの力をもつリュウソウブルーアンキロサウルスの力をもつリュウソウピンクタイガーサウルス(※)の力をもつリュウソウグリーンニードルサウルス(※)の力をもつリュウソウブラックの5人で編成されています。彼らは、それぞれに相棒となる恐竜=騎士竜たちの力を使いこなします。
 リュウソウジャーは、恐竜と西洋騎士の兜がアレンジされたマスクが特徴となっています。彼らは、リュウソウケンと呼ばれる剣をもっており、個々の性格に合わせてスタイルが異なるソードアクションを繰り広げます。さらにリュウソウケンにリュウソウルと呼ばれる騎士竜の力が込められたアイテムを装填することで、リュウソウジャーはリュウソウルの力に応じた武装をすることができます、その名も竜装です。
 「恐竜の力を身にまとって戦う騎士」 ―― タイトルの「リュウソウジャー」は「竜装者」という意味もこめて名づけられました。

 脚本をつとめるのは、ドラマ『遺留捜査』や映画『不能犯』『honey』などを手がけた山岡潤平、パイロット監督をつとめるのは、平成仮面ライダーシリーズを手がけてきた上堀内佳寿也です。いずれもスーパー戦隊シリーズを初めて担当するフレッシュな顔ぶれとなっており、シリーズに新たな息吹をもたらしてくれることでしょう。

注 ※空想上の生物です

■イントロダクション

 今から6,500万年前、かつて地球に君臨していた強大な力を持つドルイドン族。彼らは、ある時、巨大隕石が地球に接近していることから、地球を捨てて宇宙へ脱出する。いつか地球に再び支配者として帰ってくることを言い残して。
 そんなドルイドン族とは別に、地球に残ったリュウソウ族。彼らは仲間の恐竜(=騎士竜)と共に邪悪なドルイドン族に対抗していた。巨大隕石の衝突により引き起こされた氷河期を乗り越えたリュウソウ族は、帰ってくることを言い残したドルイドン族に備え、仲間の騎士竜たちの力をリュウソウルという器に入れ、騎士竜と共に世界各地の神殿に封印したのだった。
 時は流れ、長い年月と宇宙の過酷な環境により戦闘力を極限まで高めたドルイドン族が、再び地球への帰還を開始した。古から地球を守りつづけてきたリュウソウ族、その中で選ばれた騎士であるリュウソウジャー。彼らがその使命に覚醒することで、邪悪なドルイドン族との戦いの幕が切って落とされる。
 「正義に仕える5本の剣(つるぎ)!」 ―― 決めセリフとともに色鮮やかな恐竜の力を身にまとう騎士たちが縦横無尽に敵をなぎ倒す。

ニュース

 

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』会見レポート

2019年2月6日

2月6日(水)シアターGロッソにて、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』制作発表記者会見が行われ、リュウソウジャーを演じる一ノ瀬 颯、綱 啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤの5人と、吹越 満が登壇し、意気込みを語りました。

リュウソウレッド/コウ 役

一ノ瀬 颯(いちのせ・はやて)

勇猛の騎士、リュウソウレッド/コウを演じる一ノ瀬さんは、「レッドとして1年間頑張ってみんなを引っ張っていきます」と挨拶。昨年の大学の入学式の時に事務所にスカウトされ、本作がデビュー作。「普通の大学生がまさかヒーローになるとは。人生何が起こるかわかりません」と興奮気味に語りました。
好奇心旺盛で怖いもの知らずのコウを演じるにあたり、「コウは肌で感じてすぐに行動に移せるキャラですが、自分は考え込んでなかなか行動に移せない。私生活でもコウのように行動できるよう心掛けています」と役への取り組みを。
また、自分が“守りたいもの”をフリップで発表。「人との繋がり」と書いた一ノ瀬さんは、「人との関わりを大事にしてきたので、いい関係を築け、いい友達に恵まれました。共演者やスタッフの方々との繋がりを大事にして、一丸となっていい作品を作っていけたら」と。最後は、「毎週見てくれる子どもたちに元気と勇気を与えられるよう、僕たち自身も役とともに成長していきたいです。キャスト、スタッフの方々と一丸となって新時代を切り開く史上最高の戦隊にしていきたい」とかっこよくシメしめました。会見中は緊張気味だった一ノ瀬さんですが、キャスト陣から「頑張れ!」と励ましの声がかかり、チーム一丸となる仲の良さをうかがわせてくれました。

リュウソウブルー/メルト 役

綱 啓永(つな・けいと)

叡智の騎士、リュウソウブルー/メルトを演じる綱さんは、「メルトは、いつも冷静でとにかく仲間思い。そんな魅力的なメルトをみなさんに愛していただけるように、頑張っていきたいと思います」と意気込みを。知識欲の塊で努力家のメルトを演じるにあたり、「メルトと僕は仲間思いという共通点を見つけた。これからもっと共通点をみつけて、メルトと啓永をいい感じに繋げたら」と役への取り組みを。
剣と恐竜が好きだという綱さんは、恐竜と騎士がモチーフのリュウソウジャーに「好きなものが合わさっていて、運命感じました」と興奮。変身シーンでは「『うわっ、今変身してる』と興奮しながら撮影しています」と明かし、「かっこいい変身なので、マネしていただけたら」とアピール。
自分が“守りたいもの”は、「睡眠」と回答。「身体の調子は睡眠によるので、1年間のりきるためにも睡眠の時間と質は大事にしたい」と抱負を語りました。

リュウソウピンク/アスナ 役

尾碕真花(おさき・いちか)

剛健の騎士、リュウソウピンク/アスナを演じる尾碕さんは、「“楽しむ”と“真剣”を両立させて、メリハリをつけて、しっかり成長できる1年にしたいと思います」と意気込みを。実は怪力の持ち主ながら隠しているアスナを演じるにあたり、「アスナは女子らしくてぶりっこするキャラクター。私は真逆の冷めているタイプなので、ふっきって演じられるよう頑張っています」と役への取り組みを。
撮影中のエピソードでは、爆破シーンでの裏話を。背後で爆破する中を5人で走るシーンの撮影で、男性陣が女性の尾碕さんに合わせてスピードを落として走る予定だったものの、「爆破に驚いたメルトとトワに置いて行かれて…」と2人が猛スピードで疾走!メルト役の綱さんとトワ役の小原さんは、想像以上の爆破の迫力に「必死だったんで」と弁明しました。
自分が“守りたいもの”は、「自分らしさ」と回答。「この1年はすごく濃い時間になると思います。短いようで案外長いと思うので、自分の中に一本軸を立てて、自分らしさがぶれないようにしたいです」と意気込みを語りました。

リュウソウグリーン/トワ 役

小原唯和(おばら・ゆいと)

疾風の騎士、リュウソウグリーン/トワを演じる小原さんは、「役のトワと同じく元気で明るくリュウソウジャーを盛り上げていけたら」と誰よりも元気に挨拶。バンバの弟で、負けん気の強いトワを演じるにあたり、「トワは自信があるキャラですが、僕は普段からおとなしめのタイプなので、監督やキャストのみなさんと相談しながら(役を)作っています」と役への取り組みを。
16歳で最年少の小原さんは、最初はメンバーと敬語で話していたそうですが、5人の仲を深めるため「敬語禁止令」が発令。それでも「意識して敬語を使わないようにしているけど、出ちゃう」とはにかむ小原さん。すると、兄バンバ役の岸田さんが、あるエピソードを暴露。敬語を勘違いした小原さんは、それまで「綱くん」と呼んでいたメルト役の綱さんのこと、いきなり「綱」と呼んでしまったことを明かし、会場を笑わせました。
自分が“守りたいもの”は、「トワ」と回答。「僕にしかできない役だと思うので、1年間トワと向き合って役を大切にしていきたい」と思いを語りました。

リュウソウブラック/バンバ 役

岸田タツヤ(きしだ・たつや)

威風の騎士、リュウソウブラック/バンバを演じる岸田さんは、「過去に先輩方が演じてきたブラックのイメージや役割を継承しつつ、オンリーのブラックを演じていきたい」と意気込みを。トワの兄で、寡黙で無愛想なバンバを演じるにあたり、「未知の部分があるので、いかに内に秘めてセリフを言うか、意識しています。また、あまり笑わないので、笑うときは意味を持つ。笑うという表現に気を付けて演じていきたい」と役への取り組みを。
自分が“守りたいもの”は、「ルール」と回答。雑誌の取材などで「最初の取材でこんなに仲がいい5人は初めて」とよく言われるほど仲がいいことを明かし、「ロケバスの中でもうるさいので、これはクギをさしておこうと。特に赤と青な!」と喝! 「ルールは守ろう!」と、最年長らしい言葉で話をまとめました。

龍井尚久(たつい・なおひさ)役

吹越 満(ふきこし・みつる)

コウたちを家に居候させる古生物学者・龍井尚久を演じる吹越さんは、「尚久は驚いた時、『なぬっ!』というので、それを押していきたいと思います」と流行りフレーズを狙うとのこと。
初めてのスーパー戦隊シリーズ出演となる吹越さんは、「他の番組の取材で写真を撮るとき、『笑ってください』と言われても無理矢理笑うことはできないなと思うこともあるんですが、この番組は見ているのが子どもたち中心だと思うと、自然に笑顔になれるのね。自分がとても素直になっているのを感じています」と、自分の中での変化を。アドリブでセリフを言う時も、「ちゃんと気を付けて入れていかないと、と意識する」そうで、「俺もこんな優しいとこあったんだ」と続け、笑わせました。
また、会見のリハーサル時、5人がスタッフに「ヒーローのみなさん、ステージにお集まりください」と呼ばれているのを聞いて、「『ヒーローのみなさん』って、うらやましいね」と羨望。自分の衣装の色を確認しながら「これからはリュウソウチャイロ!」と宣言すると、会場も大爆笑でした。


2月6日(水)制作発表記者会見をビデオパスにて独占配信!

2019年1月31日

2月6日(水)ひる12:30から制作発表記者会見を開催。気になるキャストの初お披露目やスペシャル映像の初公開を予定しています。
なんと、この模様を映像配信サービス「ビデオパス」(全キャリア対応※)において、独占でライブ配信いたします。誰よりも早く番組の情報をゲットできるチャンス!新たなヒーローの誕生をリアルタイムで見届けてください!

配信日時:2月6日(水)ひる12:30から
詳細サイト:http://kddi-l.jp/Gv3

※「ビデオパス」はau以外の方もご利用いただけるKDDIの映像配信サービスです。
 2018年8月から全キャリア対応しました。

キャスト

騎士竜戦隊リュウソウジャー メインキャスト

リュウソウレッド/コウ
出演:一ノ瀬 颯(いちのせ・はやて)

リュウソウブルー/メルト
出演:綱 啓永(つな・けいと)

リュウソウピンク/アスナ
出演:尾碕真花(おさき・いちか)

リュウソウグリーン/トワ
出演:小原唯和(おばら・ゆいと)

リュウソウブラック/バンバ
出演:岸田タツヤ(きしだ・たつや)

龍井うい
出演:金城茉奈(きんじょう・まな)

龍井尚久
出演:吹越 満(ふきこし・みつる)

声の出演

ティラミーゴ ……… てらそままさき


タンクジョウ ……… 中田譲治


クレオン ……… 白石涼子

スタッフ

チーフプロデューサー

佐々木 基(テレビ朝日)

プロデューサー

井上千尋(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)、高橋一浩(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)、菅野あゆみ

原作

八手三郎

脚本

山岡潤平

音楽

𠮷川清之

監督

上堀内佳寿也 ほか

アクション監督

福沢博文

特撮監督

佛田 洋(特撮研究所)

©2019 テレビ朝日・東映AG・東映