プロフィール

久冨慶子アナウンサー

三谷紬アナウンサー
2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • mixiチェック

新コーナー!

投稿日:2017年04月25日 21:04

またまた新コーナーが始まりましたね~!

その名も、
「ヒーローインタビューっち」です。

ヴァンフォーレ甲府×アルビレックス新潟の試合では、
新潟のルーキー原輝綺選手がヒーロー!
鈴木武蔵選手にインタビューしてもらいました。
1

チームメイトだからこそ引き出せる素顔がありますね~^^
18歳とは思えない落ち着きの原選手。
アメトーークや金曜ロンドンハーツを見ているそうですが、
どんな表情で笑うのでしょうか?^^
今年から加入した新潟での生活では、
「新潟のお米が本当に美味しいです!」と話してくれました。

とてもクールに見える原選手ですが、試合に臨むときはあまり緊張しないそうです。
「でもここぞの場面では緊張しますよ!」と言っていて、
この試合でのゴールも、
滞空時間の長いボールを待っての、ヘディングだったため、
ボールがくるまでの時間は、すごく長く感じて、緊張したそうです。
しかし、体を張った見事なゴールでした!!!

また、「期待するっち」のコーナーも引き続きやっています。
イベントで来ていた2700のお二人にも、伺いました^^
2
ツネさんは体中に選手の名前を書いていましたよ!
3

今後もサポーターのみなさんに、
お話を伺っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

山本雪乃

  • mixiチェック

25周年記念マッチ

投稿日:2017年04月11日 14:08

4月8日(土)
日産スタジアムにJ1第5節
横浜F・マリノス×ジュビロ磐田の試合を取材しに行きました!

1

2

この日は横浜F・マリノス25周年記念マッチということで
試合前に素敵なオープニングセレモニーが行われました!!
TUBEのギタリスト・春畑道哉さんによる演奏や、
光の演出、劇団員の方による歌のパフォーマンスも♪
3

ハーフタイムにはクレヨンしんちゃんも登場!
4

さらにこの日は
以前横浜F・マリノスで10番を背負っていた
ジュビロ磐田の中村俊輔選手の移籍後初の日産スタジアムでの試合ということでも
注目が集まっていました。

結果は2対1で横浜F・マリノスの勝利となりました。

試合後中村選手は
横浜F・マリノスで10番を引き継いだ齋藤学選手について
「責任感が出てきたと思う」
と話していました。

この日の試合については
「負けたからこその反省の仕方がある。試合が終わって各々反省して
コミュニケーションをとるところがジュビロ磐田の良いところ。
1年を通して成長できればいいと思う。」
と話していました。

また、古巣横浜F・マリノスとの試合については
「横浜F・マリノスが勝ってもジュビロ磐田が勝っても嬉しい。
横浜F・マリノスが勝ったらチームが良くなっているなと思う。」
と語りました。
しかし、「勝ちたかったですね。」と悔しい思いも話していました。

勝利を収め、2アシストを決めた横浜F・マリノスの齋藤学選手は
「25周年ということでこれだけ多くのサポーターが来てくれて、
サポーターの力が大きいと改めて感じた。」
「一人一人が走って勝てたのは嬉しい。
もっともっと強くなれる。これからも声援をお願いします。
25周年、このまま流れに乗って優勝しよう。」
とヒーローインタビューで話していました。
さらに
「僕も点を取りたい。」
と得点への想いも語りました。

齋藤選手は中村俊輔選手と試合ができることをとても楽しみにしていたようでした。
齋藤選手から試合後中村俊輔選手にユニフォームの交換をお願いしたそうです!

この日は横浜F・マリノスの金井貢史選手の得点の後に
ゆりかごパフォーマンスがありました。
ウーゴ・ヴィエイラ選手、前田直輝選手、お子さん誕生おめでとうございます!!
そして、横浜F・マリノス25周年おめでとうございます!!!!!

  • mixiチェック

新年度になりました!

投稿日:2017年04月09日 13:03

4月1日(土)味の素スタジアムに
J1第5節 F.C.東京×サガン鳥栖
を取材してきました。
1

2
結果は3対3で引き分けでした。

この試合は
F.C.東京のGK林彰洋選手は、以前はサガン鳥栖所属、
そしてサガン鳥栖のGK権田修一選手は、SVホルンの前にF.C.東京所属
ということでも注目が集まっていました。
試合後、権田選手は失点してしまったことに
とても責任を感じているような姿をみせていましたが、
サガン鳥栖のサポーターが権田選手を励ますように
名前を何度もコールしていたのが印象的でした。
3
古巣F.C.東京のサポーターの前にも権田選手は足を運び
涙を流しながら謝るような姿を見せていました。
F.C.東京のサポーターの皆さんも権田選手を励ます言葉をかけていました。
試合後、「普通の状態でいられなかった」と話し、
権田選手は丁寧に取材陣に対応してくれました。

試合後、
後半から途中交代で入り2点を決めた
F.C.東京のピーター・ウタカ選手は
途中交代で入る前に監督から
「1つはシステムを変えること。もう1つは自分のよさを出してゴールをすること。」
という指示をもらったそうです。

自身の得点については、
「1点目はいいポジション取りをすることがポイントになった。
阿部拓馬選手がいいクロスを上げてくれたので
自分はいいポジション取りをして、ゴールに流し込むだけだった。」
「2点目は相手のミスを上手くつくことができてゴールできた。」
「常にゴールにつながるプレーを意識していきたい。」
と話していました。

次節へ向けては
「今日の試合勝つことが出来なかったので、
しっかりと修正をして自分たちがいい状態で勝ち点3をとれるように、
チーム全員でハードワークしていきたい。」
と語りました。

F.C.東京の大久保嘉人選手は
「今日は勝っているのに焦ってしまい、失点してしまったのではないか。」
と試合を振り返りました。
また、
「繋げなくてはいけないシーンでもできていないかった。
ディフェンスからボールを奪われてしまうと思った。」
「クリアについてもすごく無駄がある。繋げなくてはいけないところも外に出してしまう。
中盤で繋げるところも裏に蹴ってしまう。何もジャブをしない。サッカーになっていない。頭も体も動いていない。先のことを考えていかないと。皆で意識していかないといけない。」
「前線の選手の連携もまだまだできていない。
攻撃の形ができていない。早めに皆の意識を変えないといけない。
練習からどんどんやっていかないと。」
と課題を語りました。

2得点を決めたウタカ選手については
「ウタカ選手は非常にやりやすい。
今日の試合は途中から入ってきたが最初からできれば、
チームのリズムができるのではないかと思う。」
と話していました。

次節への意気込みは
「早く成長しないと。早く成長してできればいい。」
と話し、
チームの意識をとにかく変えなくてはいけないという思いが伝わってきました。

段々と暖かくなり、
サッカー観戦が気持ちの良い季節になりましたね。
これからも選手を追っていきます!

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 画像2
  • 4
  • ブログ用
  • 松木さん
フォトギャラリーを詳しく見る≫