プロフィール

久冨慶子アナウンサー

三谷紬アナウンサー
2016年6月
« 5月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • mixiチェック

J1ファーストステージ最終節!

投稿日:2016年06月28日 18:24

Jリーグ1stステージが終わりましたね!
最終節は川崎フロンターレ×大宮アルディージャの試合の取材をしてきました。

川崎フロンターレの優勝の可能性もあったこの試合。
26612人ものサポーターが駆けつけ、熱気に包まれていました。
写真1

写真2

1stステージ2位となった川崎フロンターレの大久保嘉人選手は、
「まだ半分。いまここの順位にいることはすごくいい。
年間優勝が1番の目標です!」
と、1stステージ優勝にあと一歩だった悔しさよりも年間優勝に向けて晴れやかな
表情で話していました。
また、中村憲剛選手も、
「自分たちの質を追求することが優勝への道。勝ち点3を積み重ねていくだけ!」
と、年間優勝を見据えて前向きなコメントを話していました。
2ndステージも本当に楽しみです!!!
山本雪乃

  • mixiチェック

ファーストステージ最終節

投稿日:2016年06月26日 18:50

6月25日(土)
Jリーグ ファーストステージ 第17節
優勝のかかった大一番、「鹿島アントラーズ×アビスパ福岡」の試合を
取材してきました!

取材

横断幕

横断幕2

結果は2-0で鹿島アントラーズの勝利。
ファーストステージ優勝が決まりました!!

試合後鹿島アントラーズの小笠原満男選手、柴崎岳選手、植田直通選手に
話を聞いてきました。
小笠原選手

柴崎選手

上田選手
ステージ優勝を成し遂げた直後だったのですが、
小笠原選手、柴崎選手、植田選手とも笑顔で喜びが溢れる感じではなく、
「すぐにセカンドステージが始まる」「目標はここではない」「振り出しに戻って頑張る」
「セカンドステージは全勝する気持ちでやりたい」など
既に気持ちを切り替え、年間優勝を見据えたコメントをしていました。
優勝カップを掲げる際、最初に掲げたのは植田選手でした。
カップ

カップ2
この事を植田選手に伺うと、
「小笠原選手が熊本の人が沢山見てくれているから最初に掲げな。」
と声をかけてくれたそうです。
東日本大震災の時に故郷が被災し、被災された皆さんのために今も尽力している
小笠原選手キャプテンの心意気、優しさを感じました。

さらに試合前、ミーティングで選手全員一言ずつ話をしたそうです。
そこで植田選手は
「沢山の方が観に来てくれる。その環境を楽しんでやろう。
青木選手、ジネイ選手を勝って、優勝して送り出そう。」
と話したそうです。

青木剛選手はサガン鳥栖へ移籍、
ジネイ選手は退団する形となりました。
青木選手、ジネイ選手ともに
優勝セレモニーでは鹿島アントラーズの皆さん、サポーターの皆さんと喜びを分かち合える喜びを噛みしめている、そんな表情をしていたのが印象的です。
ご家族、お子さんも観に来ていて、
カッコいいパパの姿を見せることができたのではないかと思います。

鹿島アントラーズの選手の皆さん、サポーターの皆さん、
ファーストステージ優勝おめでとうございます!!!!!
セレモニー

そして、来週からあっという間にセカンドステージが始まります!
2ndステージもできるだけスタジアムに足を運んで、取材報告をお届けします!

 

久冨慶子

 

以下、久冨アナが聞いた選手のインタビューになります。
DF23植田直通(21)

Q今日の試合はどんな気持ちで?
勝てば優勝というのは決まっていたので「今日必ず勝とう」とみんなで言っていた。勝ててよかった。

Q優勝の瞬間はどんな気持ちでした?
もっとうれしいものかなと思いましたけど、まだまだ1stステージのチャンピオンになっただけなのでこれからが大事だと思いますね。まだまだこれからが大事だと思ってみんな次に切り替えているので次のチャンピオンを狙っていきたいですね

Q1stステージをふり返っていかがでした?
DFとしては10失点でしたが、まだまだ失点が多いなって印象ですね。セカンドステージはもっと減らしていきたいと思いますね

Qセカンドステージへの意気込みを!
DFとしては1失点もやらせない気持ちでいますし、セカンドステージは全勝で優勝していきたいと思います

Qセレモニーの優勝カップを掲げる時のパフォーマンスは考えていました?
あれはクシくん(櫛引選手)の指示です。全部(笑)

MF10柴崎岳(24)

Q1stステージ優勝してどんな気持ちですか?
(自分は)そんなに喜んではない感じですかね(笑)
でもサポーターの皆さんだったり、テレビの前の皆さんは喜んでくれていたと思います。試合が終わって携帯を見てみたら「おめでとう」というメールがたくさん入っていました。
でも僕らはまだまだ先があるのでそこまで喜んでいられないかなとも思っています。

Q1stステージ振り返っていかがでしたか?
上手くいった時期、上手くいかない時期、一瞬優勝戦線から脱落した時期もありましたけど、そこを踏ん張って連勝を飾ることが出来て、最後優勝という形で終えられたのは、「あきらめない」というチームの力だと思いますし、多少幸運な部分はありましたけどこの結果をみんなで共有できることが出来てよかった
Q連勝が続いた要因というのは?
毎試合いい試合は出来てはいたんですけど、ちょっとしたミスが重なって引き分けたり勝点を伸ばせなかった部分はありますけど、いい守備からいい攻撃に繋げた試合が多かったと思います。それは失点数(リーグ最少10失点)にも表れていますね。今全員の守備意識が高いのとそれからいい攻撃を出せていると思うのでそこはファーストステージを総括してよかった部分だと思います

Qセカンドステージへ向けて
またゼロからのスタートだと思っています。1stステージのアドバンテージは考えずに開幕からいいスタートを切りたいですね。

MF40小笠原満男(37)

Q1stステージ優勝をふり返って
スタジアムにも多くの方に集まっていただいて素晴らしい雰囲気の中で1stステージ優勝という結果を出せてとてもうれしかったです
でも1週間後にも試合はありますし、この先セカンドステージ・チャンピオンシップと続いていく。そこを獲っての本当のタイトルだと言えると思うので、これで満足することなくこの先も勝っていけるようにがんばっていきたい

Qキャプテンから見た1stステージの戦いはどうでしたか?
決していい試合ばかりではなかったですし、ここ何試合かも良くない時間帯とかもありましたけどそういう中でもきっちり勝てたのはこの先に繋がっていく。
大事なのはここからだと思う。ここで負けてズルズル行くと1stステージ優勝も何の意味もなくなってしまう。ここからも勝ち続けて年間を通して本当のタイトルを獲っていきたいと思いますね。

Qセカンドステージへ向けて
もちろん優勝はしたいですけど、ダントツで勝てるぐらい。アントラーズは強いっていうそんな勝ち方をしていきたい。自分たちから勝ちを獲りに行けるように、欲を言えば全部勝つぐらいのそんな試合を出来ればと思っています。
1週間後すぐ始まるので喜ぶのも今日だけにして、明日からまた準備しないといけないですね。

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 写真5
  • 5
  • 写真6
  • 3
フォトギャラリーを詳しく見る≫