プロフィール

久冨慶子アナウンサー

三谷紬アナウンサー
2015年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • mixiチェック

心に残る試合

投稿日:2015年11月17日 13:44

11月14日(土)J2 第41節
大宮アルディージャ×大分トリニータの試合を取材してきました。
1
大宮は勝てばJ2優勝、J1昇格が決まる一戦です。

試合は小雨が降る中行われました。
2
サポーターの皆さんもレインコートを着ながら懸命に応援します。

これまで取材してきた中で最もドキドキとした試合だったかもしれません。
前半は大宮に勢いがあり、いつシュートが入ってもおかしくないような状況に見えました。
そこを懸命に大分も阻止!とくに大分のダニエル選手が活躍していました。
前半は両チームとも点は入らず0対0で後半へ。

後半は、オウンゴールと大分の若狭大志選手のゴールで、
大分トリニータが2点先制。
大宮のサポーターもどんよりとした気持ちを隠せないようでした。
そんな中、後半69分、大宮のムルジャ選手がゴール!
続けて後半81分再びムルジャ選手がゴールを決めます。
この時会場は大宮サポーターの歓喜でものすごい盛り上がりを見せていました。
両チームの追加点をかけた熱い戦いが続きます。
このまま引き分けで終わるのかと思われた
後半87分ムルジャ選手がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。
家長昭博選手がキッカーに。遠く離れた記者席にも緊張感が伝わってきました。
みごとゴールを決めた家長選手。

試合は3対2で大宮アルディージャが勝利!
J2優勝とJ1昇格を決めました!!
大宮サポーターが喜びを爆発させる中、
大分のサポーターがお辞儀をする大分トリニータの選手たちに力強く、温かい拍手を
送っていたのがとても印象的でした。

3
大宮アルディージャの皆さん!!
J2優勝!!そしてJ1昇格!!おめでとうございます!!!

試合後、ムルジャ選手は
「最高の気分です。J1に戻るという目標を達成できて嬉しい。
これはファン、サポーターのおかげ。」
と話していました。

PKを決めた家長選手は、PKに関して
「こんなシチュエーションあるんだと思った。蹴るまで時間もあって、緊張しすぎた。
改めて決められてよかった。サッカー人生で一番のPK。」
「一年間頑張ってきて優勝できて嬉しい。」
「個人の結果よりチームの結果を出していきたいと思っていた。」
と話していました。

そしてキャプテンの菊地光将選手は
「優勝できてほっとしています。1年を通して良い時期、悪い時期がある中、
ここ数か月良い時期がなく苦しんでいたが、
チーム一丸となって戦えたことが優勝に繋がった。」
この日の試合を振り返って、
「先制されている時、ここからやらなきゃいけないという気持ちでやっていた、
サポーターが雰囲気を作ってくれた。」
と話していました。

初めてチームが優勝する瞬間をみました。
試合後、雨がさらに激しさを増していたのですが、
長い時間選手の皆さんとサポーターの皆さんが一緒になって喜んでいて、
選手とサポーターの絆の強さを感じました。
4

J1昇格の記念Tシャツをお借りしました!
5

6

 

久冨 慶子

  • mixiチェック

リオ五輪世代に注目!!

投稿日:2015年11月12日 18:41

11月7日(土)J1セカンドステージ第16節
浦和レッズ×川崎フロンターレ
の取材に行ってきました
画像
竹内アナウンサーも一緒でしたよ♪

セカンドステージも残り僅か。
両チームとも絶対に負けられないという強い気持ちが伝わってくる試合でした。
結果は浦和レッズの興梠慎三選手と川崎フロンターレ森谷賢太郎選手のゴールで
1対1の引き分けでした。

試合後浦和レッズの槙野智章選手は
「勝ち点3を獲れなかったのはもったいなかったが、内容は良かった。
試合に向けて準備してきたことを出せた。両チームともいいサッカーができた。」
と話していました。
この試合の後すぐに、代表戦に向けて槙野選手はシンガポールへと向かっていきました。
大忙しですね!!

リオオリンピック世代の選手にもお話を伺いましたよ♪
まずは、浦和レッズ関根貴大選手!
U-22日本代表、国内合宿メンバーに先日初めて選ばれた関根選手。
「浦和レッズのチームではいない同世代がいて話題も多く楽しかった。
刺激も受けてリオオリンピック予選に行きたい気持ちが強くなった。」
「初めて選ばれて今までイメージでしかなかったのが現実味を帯びてきた。
このチームで一つの目標に向かっていきたい。」
「オリンピックは世代別最後の代表。人生で一回しか出られないと思う。自信はある。
できないイメージもなかったので合宿メンバーにもすんなり入ることができた。
浦和レッズとは違った良さがある。」
と話してくれました。

続いて川崎フロンターレの大島僚太選手!
この日の試合の森谷選手のゴールは、中村憲剛選手から大島選手のアシストでした。
やべっちF.C.の放送で中田浩二さんが
「ボールが入ってくる前からゴールまでのイメージができていたのかなと思う。」
と解説していましたが、
第15節から16節までの2週間での練習が実ったアシストだったそうです。
「浦和レッズのボランチが来る分、
中村憲剛選手がいるからそこをはがせばいけると思った。自分たちのリズムが出せた。」
と話していました。
大島選手にはプライベートのお話も伺いました。
大島選手は現在22歳。
前厄が近いということで最近の趣味は“神社めぐり”だそう!
色んな神社に行って、神社に置いてある言葉を読むそうです。
ちなみに、刑事ドラマが大好きでテレビ朝日の『相棒シリーズ』もよく見ているんだとか!
嬉しいです♪

最後は川崎フロンターレの中野嘉大選手!
U22代表候補初選出の中野選手ですが、年齢が一番上ということもあって
「メンバーにはすんなり入れた。ただ結果はまだ出せていない。」と話していました。
川崎フロンターレでは主に左SHの中野選手。
U22代表合宿では左SBでした。
「川崎フロンターレとはポジションが違う。
川崎フロンターレではボールを持って、攻撃もできる。
代表では決まったやり方の中に自分が合わせていかなくてはいけない。」
「まだJリーグの試合はあるのでアピールしていきたい。
チャンスがあれば前のポジションにも行きたい。理想はトップ下。
代表はずっと夢だった。現実味を帯びてきたと思う。」
と話していました。

日本のサッカーの未来を背負っていくリオオリンピック世代にこれからも注目です!!

  • mixiチェック

リオ五輪世代選手名鑑#3 野津田岳人

投稿日:2015年11月12日 14:24

10月24日のJ1第15節ヴァンフォーレ甲府×サンフレッチェ広島の試合を
取材してきました。

この日は、遠くの山々まで見えるほど、気持ちの良い青空でした。
写真1

写真2

試合は、2対0で広島が勝利しました。
1点目は、ロングパスをダイレクトでパスした清水選手のパスをドウグラス選手がボレーシュート!ダイレクトからのダイレクトとなり、何度も見たくなる珍しい形のゴールでした。

そして、2点目は1点目のアシストでも活躍した清水選手が決めました。
さて、今回の山本オリジナル「リオ五輪世代選手名鑑」は、

写真3

サンフレッチェ広島 MF 野津田岳人選手  背番号24
1994年 6月6日生まれ  21歳

広島県広島市出身で、サンフレッチェ広島ジュニアユース・ユースにも所属していた、
まさにサンフレッチェ広島魂のこもった選手です。

そんな野津田選手に、いろんな質問をぶつけてみました!
Q.試合前はどんな曲を聴きますか?
A.Mr.ChildrenのGIFTや終わりなき旅、エソラなどを聴きます!

 

Q.遠征前に食べる勝負飯はありますか?
A.少し前まで、若手選手で広島空港のお好み焼きを食べるのが決まりでした。
最近は、佐藤寿人選手とご飯を食べることが多いです。

 

Q.佐藤寿人選手はどんな方ですか?
A.本当にまめな人です!スケジュールにチームメイトみんなの誕生日が入っているんですよ!
僕も、誕生日プレゼントにキャリーバッグをもらいました!!

 

Q.休みの日は何をしていますか?
A.掃除をします(笑)あと、最近は寮生でボーリングに行きます!
ボーリングの後のサムギョプサルが最高です!

 

何を聞いても答えてくれるやわらかい雰囲気の野津田選手。
きっとリオ世代のムードメーカーなのではないでしょうか。

キレのあるプレーにも今後大注目の選手です!

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 【写真4】
  • 写真2
  • 写真③
  • image
フォトギャラリーを詳しく見る≫