2021年12月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • mixiチェック

ありがとうございました

投稿日:2015年02月15日 07:57

 

『烈車戦隊トッキュウジャー』の放送は終了しました。

1年間応援ありがとうございました!

 

 

150215管理人クローズ

またいつか会える日までキラキラを忘れずに!

  • mixiチェック

コメント

大変遅くなってしまい、すみませんm(__)m
私はトッキュウ3号が大好きで、弟と一緒に、一話から見ていました。
そんなトッキュウジャーが終わってしまうので、すごく残念です(泣)
でも、トッキュウジャーにまた会える事を祈って!
いつまでもキラキラを大切にしますね!ヾ(^▽^)ノ
またあの烈車に会える事を願って、これからも応援しています!

終わってしまったけれど、
録画したものを息子とずーと見ています。
息子にとっては一番のヒーローで、いつもニコニコしながら応援していました。

息子が3歳にして初めてハマった戦隊、トッキュウジャー。
ママもあっと言う間にハマって、Gロッソも初体験、地域のトッキュウジャーイベントも行ったり、コンビニやスーパーに行けばトッキュウレッシャー買っちゃったり。
みんなのチームワーク、演技力、脚本、みんな魅力的だったからだなと今も想います^_^

たくさんのキラキラを、本当にありがとうございました☆彡

トッキューヅャーすごくおもしろかったです!これからもみなさんおしごとがんばっていってぐさい!おうえんしてます!

結局、レインボーライン総裁の正体は最後までわからずじまいに終わってしまった…でも、Vシネマではぜひとも総裁の正体を明かしてほしいなと思います。

(続きです)
皇帝陛下とグリッタちゃんの子として転生しそうな気がしてならないのです。変かもしれませんが。

一年間ありがとうございました!

息子と一緒に1話からずっと欠かさず観てました♪
終わっちゃうのは寂しいですが録画を通して何度も見てます!
トッキュウジャー2をやってほしいです!!
みなさま、1年間お疲れさまでした!!

久しぶりの投稿になってしまいましたが、
子どもと一緒に、一話もかかさず
見ていました!

子どもにとっては初めての
戦隊ヒーロー。
それがトッキュウジャーで
本当によかった。

みんな、大好きです。

お疲れさまでした!
ありがとう!

ネロ男爵はシャドーライン一のお調子者で、空回りもおっちょこちょいもコミカルさも多々あったけど、ゼットへの忠誠心は本物で、なぜか憎めない悪男爵でした。モルク侯爵はゼットの乳母なのもあり、頭ごなしに怒鳴りつけてばっかりの古狸ババアでうざったいけど、ゼットやシャドーライン自体を思う考えは本物でした。Vシネマではどんな敵が現れるんでしょうね…!!気になります…(●`ω´●)(●>皿<●)(▼皿▼)

私は中1で妹が2人いて毎週3人でトッキュウジャーを見てました!!皆さんお疲れ様でした!!

息子と見て,とっても楽しかった。

初めて1年間,戦隊シリーズを見ました。クオリティーも高かった!

今は,みなさんに会えなくて,何となく寂しいです。おじさんなのに。。。

1年間ーイマジネーションありがとぉ^^お疲れ様でしたw
Vシネマ楽しみにしてるね^^ノ」

トッキュウジャー出演者ならびにスタッフの皆様、1年間本当にお疲れさまでした。
私は30代の主婦ですが、戦隊ものは「サンバルカン(再放送)」や「ダイナマン」「バイオマン」などから大好きで、「チェンジマン」はチェンジロボなども持っていました。
今は2人の息子の母ですが、毎年息子達に戦隊ものを見せていたのに興味を示さず、初めて好きになったのがこの「トッキュウジャー」でした。
親子でハマった記念に、トッキュウジャーのおもちゃ全部買ったり、Gロッソにショーを見に行ったり、とても楽しい1年間を過ごさせて頂きました。
上の子などは第□駅の○○シャドーと戦った時は◎◎ロボに△△レッシャー(サポートレッシャー)がついて必殺技は●●だ、などと殆ど全て覚える程に、何回も何回も録画を見返しています。
トッキュウジャー制作に関わった全ての皆様、親子で楽しめる素敵な作品を作って頂き、本当にありがとうございました。

涙を拭いたら
烈車が見えた気がして、子どもとパス、作りました
まだまだ胸の中にレインボーラインは走り続けています!
次の駅には何があるのか
その時どんな自分になっているのか
わくわくしています
キラキラな1年をありがとうございました!
受け取ったキラキラをこれからも育んでいきます

トッキュウジャー
フォーエバー‼︎

みなさん一年間お疲れさまでした。
子供と見始めたのが10月からだったので、今DVDで1話から見直しています。
初の列車がモチーフということでしたが、見事に親の私もハマり、通勤電車でレインボーカラーの路線があるので、つい『今日はビルドの電車だ』とか考えてしまうようになってしまいました。
ぜひ続編をお願いしたいです‼
Vシネマではなく、1年で。

楽しい放送ありがとう(^-^)/

毎週欠かさず息子と拝見しました。 ありがとうございました。

一年間お疲れ様でした!
トッキュージャーには子供の頃の想像力に溢れていた頃を思い出させてもらいました。歴代のスーパー戦隊の中でも大好きで、終わってしまうのが寂しいです。楽しい一年をありがとうございました!

楽しかったです♡
ありがとうございました♡

またまたVシネマに関するリクエストですが、完全大人になったライトは相変わらずやせの大食いで、トカッチとミオの恋が実ればいいなと思います。(ミオの恋愛オンチも克服できたらいいな)ヒカリは初恋の人のようなものの女子大生に再会できればいいなと思います。カグラの弟の成長した姿を見てみたいです。この前も書きましたが、ゼットそっくりの好青年がライトたちの友だちとして出てきてくれたらいいなと思います。明とも再会してほしいなと思います。( • ̀ω•́ )✧キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!( ^ω^ )ニコニコ

1年間楽しませて頂きました!
お疲れ様です!
ありがとうございました!

トッキュウジャー世代のこどもたちは幸せですね…。
こんなに素敵な戦隊と一緒に過ごせたので。

素敵な作品を世に送り出してくださった
スタッフ及びキャストの皆様。
本当にありがとうございました!

ライトたちを迎えに来たトカッチ。
「何もかも忘れて子供になるくらいなら、大人のままでいい。」これが4人の決断でした。
改めてライトは4人の有り難みを感じとりました。
また、明はレインボーラインを「生きる場所」と初めて決断しました。
ヒカリたちが闇のな中からの脱出方法を考えていた矢先、列車の窓から見えた光景はライトの母の「思いをこもた灯籠の光」でした。
それが闇を払拭し、(上空に虹が現れ)レインボーライン全列車が巨獣即ちキャッスルターミナルを破壊しました。
ライトは闇で戦うこと自体間違いと気付き、最後までイマジネーションで戦うことを決意しました。

(変身しながらの全員の名乗り、よかったです。)

闇がよわまっているため、シャドーたちは劣勢を強いられましたが、モルクとネロが自分の命と引き換えに、Zに闇を与えたのです。
(この二人にとっての「ギラギラ」は「皇帝への忠誠心」だったのですね。)

圧倒的なZの力に苦戦するトッキュウジャーですが、トカッチたち5人はライトたちに自分の力を与えます。

そして最後は、虹色の姿でZを倒し、その時再び虹が上空に現れました。

Zは上空の虹を手に入れようとして、その闇のせいで危うくライトたちがのみこまれそうになった矢先、グリッタのクライナーが、Zをつれていきました。
グリッタは「ギラギラは闇があって成り立つ」ことを知っていたのです。
Zはグリッタを消さなかった、いや、先にノアの言ったとおり、消せなかったのです。

こうして戦いを終え、ライトたちは子供に戻れないという現実を受け止め旅に出ることを決意しましたが、総裁から別れを告げに来ました。
トカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラの家族が迎えにきたのち、ライトの家族も迎えに来たことによって、彼らは子供に戻り、明たちレインボーラインの列車は昴が浜を後にしました。
数日後、何事もなかったかのように、ライトたちは学校に行き、秘密基地には大人になった自分たちや明に会い、更にレインボーラインの列車も現れました。
これは、少年少女たちの新たな旅の始まりを意味するものでした。
さて、どんな旅になるでしょうか?

Vシネマでは、ぜひともゼットそっくりの好青年がライトたちの現在の親友であってほしいと思うんですが、どうでしょうか?

ハイパーレッシャーを入れて7色だった
のですねぇ。

最初から最後まで、何気に「虹」がテーマ
だったような。

虹を見るためには上を向かなければならない。
いつも下ばかり見ていては、虹を見ることは
できませんからね。

常に上を目指すその気持ちこそ、
イマジネーションなのかもしれません。

それから、闇があるからこそ光が輝いて
見えるというようなことを、グリッタ嬢が
言っていましたが、
虹も同じく、晴れだけでも雨だけでも、
見ることはできないと思います。

雨が降り、晴れることで虹が見られる。

晴れと雨、光と闇。相反するものですが、
どちらが欠けてもいけないのかも
しれません。

などと考えていたら、まるで宇宙の真理を
語っている最終話のように感じました。

トッキュウジャー、あなどりがたし。

眩いばかりのイマジネーションとキラキラを取り戻したトッキュウジャーの前に劣勢を強いられるも、その最期の一瞬までゼット様の側にあり続けた忠臣・モルク侯爵とネロ男爵。口うるさいオババポジの侯爵でしたが、振り返ってみれば何よりも陛下を第一に重んじていた方でした。そしてネロ男爵、始めの一声を聞いて「絶対裏切る!」と感じたこと、この場を借りて謝罪させて頂きます(詫)。
それにしても反旗を翻したシュバルツ様やノア夫人も含めて、皆さん闇の住人という割には結構キラキラしていましたね…シャドーラインの皆さん、今までお世話になりました☆。

さて、ゆく方々への惜別が先になりましたがご無沙汰しておりますツウキンカイソク1号さん(礼)。とうとうトッキュウジャー、終着駅という大団円を迎えましたね。その御祝いと今までの御苦労の労いを僭越ながらここに記したいと思います(御礼)。
そういえば、前述のシャドーライン以上に謎のままに終わった気がする車掌さんやチケットくん、そしてワゴンさんにレディさん&パス子さんを擁するレインボーライン。まぁおかず…もとい総裁の仰った様にその答えを求めるのは野暮というものですね。そんな事よりも寄る年波(汗)に枯れたイマジネーションをかき集めて、またお会い出来る機会を作りたいと思います。

それでは最後に、この「烈車戦隊トッキュウジャー」を届けて下さった皆さん、楽しい一年をありがとうございました(感謝)。
そしてライト、トカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラに明さん、それとゼット様にグリッタ嬢…またいつかお会いしましょう☆。

トッキュウジャー良かったです!ありがとうトッキュウジャー!!

にゃっす! 皆様、1年間、お疲れ様でした!
この1年、本当に楽しかったです。
みんな無事に子供に戻れたし、良かったです(^^)

最後、ゼット様はグリッタちゃんと闇に消えて行きましたが、この先、お二人はどうなるのか、気になりました(^_^)
あと、ウサギさん似の総裁さんの正体も謎のまま…気になりますね…。
またいつか分かる日が来るかもしれませんね。その日まで(/_;)/~~

闇の巨獣が吐き出した大量の闇に全てが呑み込まれてしまった前回。
闇に倒れ為す術を失い諦めかけたライトの元に大人に戻ったトカッチ達が駆け付けました。トカッチ達の想いを受け止め再び揃ったライト達。
闇の中に光る星祭りの灯籠の灯り・・・その灯りはキラキラの光りのレールとなり闇を祓い烈車まで到達。闇は常に巨大であっという間に光りを飲み込んでしまう。それに対抗出来るたったひとつの力は夢、希望、想像、祈り、その全てに通じるイマジネーションだということ。この様子をどこか嬉しそうに見ていたゼット。
闇を走り抜け闇の巨獣をぶち抜いたトッキュウ烈車。6人揃ったライト達はトッキュウジャーに変身し6人の力を合わせた攻撃でゼットやネロ、モルクに大ダメージを与える。
自身の一部だった闇の巨獣を失い闇が弱まっていたゼットを助ける為、ネロとモルクは自分達の命を闇に変え捧げる決意をしました。それはゼットにとって「キラキラ」そ
のものでした。
2人を取り込んで更に力を増したゼットはライトとの一騎打ちに。トカッチ達から託された力で虹色に輝く虹のトッキュウ1号に変身したライトはゼットを追い詰め、最後は6人の力を合わせた一撃でゼットを倒しました。
敗れたゼットは最初の頃の姿に戻っていました。そして空に輝く虹に「キラキラ」を見出だしながら闇となっていきました。そこに無事だったグリッタちゃんがクライナーでやって来て、「陛下、闇は闇へ帰りましょう。陛下の欲しかったキラキラは闇あってこそ」そう言って闇を回収。その闇はゼットの姿になり、グリッタちゃんの導きと共に闇へと帰っていくのでした。
戦いを終えて昴ヶ浜に戻ったライト達を家族が迎えに来ましたね。ライト達の家族のイマジネーションも相当なものだったみたいで、大人の姿でもライト達だと分かった程♪
家族が大人の姿を受け入れた結果、ライト達は子供の姿に戻る事が出来たのでした。
全てが終わったことで明達とお別れとなり家族と共に日
常に戻ったライト達。今度は今までの全ての記憶を持っている状態で(^o^)
だからイマジネーションがある限り、いつかまた会えることでしょう!!
トッキュウジャー終わってしまいましたね(>.<)
キャストの皆さん1年間お疲れ様でした(*≧∀≦*) そして1年間楽しませていただきありがとうございましたヘ(≧▽≦ヘ)♪

1年間お疲れ様でした。スーパー戦隊は「秘密戦隊ゴレンジャー」から(全てではないですが…)見ていますが、「2年間やればいいのにな」と思った戦隊はトッキュウジャーが初めてです。楽しませていただき、ありがとうございました!!

あと、小林靖子さん繋がりで「トッキュウジャーVS電王」をやるんじゃないか?と、密かに期待しています…

最終回のラストシーンは私個人としては「複雑な心境」です。
ライトたちが子供に戻れて家族と再会できのはそれはそれで良かったのですが、大人になったまま再会しても家族たちは違和感がなかったので、大人のまま、新たな一歩を踏み出すってのもよかったのではないかなとも思いました。

皆さん一年間、ありがとうございましたm(__)m
日曜のトッキュウジャーの放送を見るのが家族の日課でした。
子どもの色んな成長を、トッキュウジャーを通して見せてもらった、大切な思い出が詰まった一年でした。家族の絆を繋げて下さった、大切なイマジネーションを親としてもしっかりもらいましたから。
これからも、イマジネーションを大切に、いいお仕事、沢山の人達に出会って、活躍されるのを、応援しています。トッキュウジャーと一緒に育った子ども達に出会ったら、確かなその成長を見てやって下さい。

テレビシリーズは昨日で終わっちゃったけど、互いの自分達(←子供の姿と大人の姿)と対面したラストシーンはジーンときました。番組が終わっても、トッキュウジャーは永遠に不滅です。イマジネーションも永遠に不滅です。

ついに終わってしまいましたね…。

3歳の息子に、もうこれで終わりなんだよ。と伝えると、
「なんで終わりなの?」と泣き出してしまい「なんで子どもに戻っちゃったの?」と大泣き

ありがとうございますとてもいい感じてした。お疲れ様ありがとう

グリッタ嬢と陛下の行方気になりましたが良いエンディングでした。
皆が戻れて良かった〜悲しい終わり方はいやだから。

最終回、録画して、見ました。ライト達五人が家族と再会しそして、元通りに戻れて本当に良かったですね。私の今の心境を一言で表すならばそれはずばりさらば、
鉄道マニア向けの特撮ヒーローといったところです。私がそうである様に願わくばまたいつか、同じモチーフの作品が放送されん事を、
という気持ちの視聴者は少なからずいます。そして、烈車戦隊トッキュウジャーは鉄道をモチーフとした、
作品としてスーパー戦隊シリーズに於いて大いなる、足跡を残した事は後世まで語り継がれるでしょう。

キラキラ忘れません!

スタッフの皆様、一年間お疲れ様でした。

そろそろ娘も戦隊卒業か?と思いながらも、脚本家が好きな小林さんだから見始め、結局最後まで見続けてしまいました。

小林さんの本、やっぱり面白い。

でもさすがに、今シリーズで娘も戦隊卒業になると思うので、僕も戦隊卒業です。

脚本家他、監督さん、スタッフさんの名前は、いつも気にしてみています。他の作品で皆様のお名前を見つけるとうれしく思います。

光りと影、役者と違い目立たない地味な仕事ですが、スタッフさんがいるから役者さんが輝けるのです。

仕事に誇りを持って、若い役者さんを育てていってください。

僕も表には出ない地味な仕事をしているので、お互い頑張りましょう。

一年間楽しませて頂き、ありがとうございました。

写真のみなさんキラキラしてますね皆いい笑顔です。
それじゃ
バイバイレインボーライン!!
また会える日まで

ライトへ
どんな時でもポジティブで真っ直ぐな姿、ぶれない信念、強い心がとてもかっこよかったです。ライトの強さに勇気を貰いました。

トカッチへ
自分自身の弱さと向き合い、弱さを受け入れ、前に進んでいく。そんな強いトカッチはとてもかっこよかったです。トカッチの優しさに、心が温かくなりました。

ミオへ
先頭に立ってみんなを引っ張っていく姿が、とてもかっこよかったです。自分のことより相手のことを考えて行動できるミオに感動しました。

ヒカリへ
クールな姿の裏に、仲間への熱い思いを持っている。そんなヒカリがとてもかっこよかったです。
私は流星くんと同い年なので、トッキュウジャーの中でも特別応援していました。私も流星くんのように、誰かのヒーローになれるように頑張ります。

カグラへ
「私は強い」と心の底から信じられるカグラの強さがとてもかっこよかったです。カグラの笑顔にキュンキュンでした。

朗へ
5人の力になろうと、いつも頑張っている姿がとてもかっこよかったです。天然な朗には、たくさん笑わせてもらいました。

最終回の5人が家族と再開した場面で、今自分が当たり前のように平和に生活できていることのありがたさを感じました。感動して号泣でした(笑)。いつ何が起こるかわからない世の中だけど、そんな中でも平和に暮らしている自分は幸せだなぁと思いました。

烈車戦隊トッキュウジャーを見ていて、昔友だちと色んな遊びをしていたことを思い出しました。ジャングルジムの宇宙船でで宇宙に行ったり、魔法を使って空を飛んだり・・・。そんな風にイメージすることをいつの間にか忘れ、忙しい毎日に追われていたように思います。さすがに今はジャングルジムで遊んだりする時間はないけど、今できるイマジネーションもあると思います。私は今年高校を卒業し、専門学校に進学します。4月からは実家を出て、父と2人で暮らします。正直今は、卒業する寂しさと将来への不安でいっぱいです。それでもキラキラの未来になるように、キラキラの自分になれるように、勝利のイマジネーションを信じて、夢に向かって頑張りたいと思います。これが、私の今のイマジネーションです。

1年間、烈車戦隊トッキュウジャーからはたくさんの勇気や感動、元気を貰いました。辛いとき、苦しい時、いつもみんなに助けられ支えられました。1年間あっという間だったけど、皆さんと共に生きられたことを幸せに思います。本当にありがとうございました!!

一年間お疲れ様でした。どの戦隊もそうですが、最終回を観ると、第一話を振り返りたくなるもんですね。にしても、最後にはみんな、家族に逢えて良かったですね。さあ、来週からは、手裏剣戦隊ニンニンジャーだ!!

一年間楽しませて
もらいました
お疲れ様でした
ありがとうございます

面白くてあっという間の一年でした。
皆さん、子供トッキュウジャーの皆さんも最後までお疲れ様でした。
イマジネーションを忘れずに、また会える日を楽しみにしています!

6月頃に出ると思うVシネマは本編から10年ほど経ったライトたちと明の再会、再びトッキュウジャーになれるといいですね(*⌒▽⌒*)

毎週日曜日、子供と楽しみに見ていました!終わってしまうのがとてもとても寂しいです。1日に何度も録画やDVDも見ています。トッキュウジャーさん、ありがとうございましたo(^▽^)oこれからもテレビでの活躍を楽しみにしています♪

最終回、泣きました。
悲しすぎます・・・
1年間、ありがとうございました!

tomo2000FXの最後の戦績報告だ!

トッキュウジャー よくやったぞ!
君たちと歴代37大スーパー戦隊の力が
闇の巨獣を倒し 地球に再び平和が訪れた!
シャドーラインも敗北を認めて故郷である
闇の世界へ帰還し もうこの世界に闇の路線が
敷かれることはなくなり 地球は光の路線で
輝き続けることになった!

トッキュウジャー 今まで地球とみんなの夢を
守ってくれてありがとう!
君たちも今日から歴代スーパー戦隊38番目の
新しい仲間だ!
これからも歴代37大スーパー戦隊とともに
それぞれの平和を守るために光の路線を末永く
駆け抜けてほしい!

ニンニンジャー これからは君たちの出番だ!
地球の平和は君たちに任せたぞ!

さようなら トッキュウジャー!
君たちの名は 決して忘れない!
いつかまた会う日まで!

by tomo2000FX

トッキュウジャーの出演者・スタッフのみなさんお疲れ様でした☆

一年間ありがとうございました。

息子が2歳になった直後からスタートしたトッキュウジャー。
一年間、毎週日曜日の朝を楽しみにしてまいりました。

大好きな電車に、大好きなトッキュウ烈車が加わって、本当に幸せな日々でした。

皆さま、本当にありがとうございました。

サポートレッシャーに乗り換えれたらもっと面白かったとか、乗り換えチェンジの恩恵が偏ってるとか、オモチャが少なかったとか、もう言いません(笑)

たくさんのキラキラをありがとう!

イマジネーションをありがとう!

また、どこかの駅で逢おうな!!

一年間、楽しい時間をありがとうございました

1年間、キラキラをありがとうございました!

線路は続く。キラキラも続く。

一つだけ心残りなのは、
総裁がニンジンを食べるところを
見られなかったこと(笑)。

あの顔を見ていると、無性に
ニンジンを食べさせたくなるのは、
私だけではないでしょう(たぶん)。

また会える時には、ニンジンを食べて
ほしいなぁ。

みんなサイコーでした。 大好きです。これからのご活躍、期待してます。一年間お疲れ様でした。

おはようございます^^

今日も楽しく涙を流しながら見させてもらいました!
みんなが町に戻れて本当に良かった。。。泣
イマジネーションって本当にすごいなって思いました!
1年間夢をありがとうございました!!
もう、「来週のトッキュウジャーも楽しみにしてます♪」って言えないのがとても悲しいですが、私はいつまでもトッキュウジャーを大好きでいます!!

本当に本当にありがとうございました!!

一年間、ありがとうございました(。>д<)
毎週、息子が楽しそうに観てました。トッキュー1号から6号に順に乗り換える息子を見て、微笑ましかったです。
Vシネマ版でまた会えるとの事で親子で楽しみにしてます!

今までありがとうございました!!イマジネーション!!

もちろん!またいつか…必ず!楽しみに待ってます(^∇^)‼

ありがとう

あぁありがとう

ありがとう

またイマジネーションが高まれば、レインボーラインが現れたら…良いな。

コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

  • 150215長濱2
  • 150215森高3
  • 150201横浜3
  • 150125梨里杏2
フォトギャラリーを詳しく見る≫