2022年1月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール


身長:163cm
出身地:高知県生まれの東京育ち
入社年月日:1996年4月1日
コメント:
『ちい散歩』お散歩ナレーションを担当させていただいておりますはぎのしほこです☆
地井さんのお散歩の後を追いかけて 声を吹き込むとき、いつも頭の中にあるのが、《糸電話》です。
距離があっても振動で伝わる温もりを目指して、日々学ばせていただいています^v^
番組を通して培ったたくさんのことをこの場でも大切に温めていけたら、とってもありがたいことです。
ブログ初経験ですので緊張気味ですが、「お話のお散歩」に、ぶらりと立ち寄っていただけたら嬉しいかぎりです♪
  • mixiチェック

あの日から1年

投稿日:2012年03月09日 12:24

 

 

 

ある日の「スーパーJチャンネル」のロケで宇都宮へ。

取材を終えて東京ロケに戻る道中。
ロケバスの窓から
男体山が見えました。

中央右
電灯の向こう・・・

わかりづらいでしょうか。

 

雪化粧の男体山。

 

高速道路に乗るところ、
車のスピードが増す地点でしたので

時差の生じる画面タッチ電話の撮影では
なかなか・・・
いい位置に激写できず

 

んー無念。

 

空と雲と峰の色が溶け合って、

それはとても絵画的な

すばらしい光景でした。

 

改めて、
「日本は美しいくにだなあ」と。

じんと来るものがありました。

 

 

 

3月11日の震災から
1年が経とうとしています。

 

世界が変わった日。

自分の身の回りの小さな世界すら
大きく変わった。

あの日より前と後。

気づいたことがたくさんある。

問題点、改めるべきこと
浮き彫りになったことがたくさんある。

一方で、

大切で、いとおしいことが
どこにあるのかにも、

気づかされている。

 

 

犠牲になった方々のご冥福を、
心からお祈り申し上げます。

そして、

被災地のみなさんのほっとできる時間が、
暮らしが、
少しでも多く、早く叶うよう

願ってやみません。

 

 

 

 

 

 

  • mixiチェック

コメント

ほんとに1年経ってしまいましたね。
ヒルズの中にいたけど船のようにゆれたときは本当にびっくりしました。

あの日から・・・
今がんばっているか、
恥ずかしくないことをしているか、
未来のためになっているか
確かめて経営するように
本当になりました。

生き残ったものとして

もし、日本列島に意志があったら
人間を「美しい」と感じてくれるのだろうか?
一年前、確かに日本中の人たちが同じ方向に愛を叫んでいた
今は、各々の立ち位置により叫ぶ方向が違う・・・
大切な人を守るための叫びなら、どんな立ち位置、方向でも、決して間違っていない・・・ 
頭では理解してるのに・・・

けっこう考えたつもりなんだけど、この程度コメントしか出来ません・・

重い内容と感じたら削除してください。お願いします

萩野さんはじめまして。毎週土日のニュース拝見しています。とても丁寧な言い方で共感しております。私も17年前兵庫県南部地震で被災しました。とても一年ぐらいでは元に戻る事など無理でした。東北、関東地方の方々はまだまだ大変でしょうが、頑張って下さい。あと兵庫県南部地震も今回の震災も感じる事ですが、報道されている地域が限られておりもっと他に被災している地域も報道されたらなあと思います。そしてこれからもこの震災が忘れる事がないように継続して報道して下さい。

喪に服した衣装でのN&Sでしたね。

この震災で何の為に生きるのか何が大切なのか 気付かせてくれたことが多いです。
亡くなられた方や苦しんでいる方の為にも誰かに尽くしていけるような人間になりたいと思っています。

何年か前に歩き旅をしたことがあるんですけど 本当に日本はきれいで美しいです。

自然は愛しいと思える気持ちを人に思い出させてくれますよね。

あの日から思うようになったこと
それは平穏なこの日常は
絶対ではないということ・・

昨日の古舘さん格好よかった
月曜日からも会える
きっと会える

萩ちゃん、

> わかりづらいでしょうか。

わかりますよ、雪化粧の男体山。

> いい位置に激写できず

いいんですよ。‘頑張ってくれた感’が伝わってきました。
絵画的な光景をイメージ出来ますよ。

> 「日本は美しいくにだなあ」と。

美しい光景に素直に「美しい」と感じられるって、良いことだと思います。

> 3月11日の震災から

ちょうど一年が経ちました。
あの日あの瞬間、震源から遠く離れた私にさえその後の生活に影響が及ぶことなど、考えもしませんでした。
一年後の現在、私の身の回りでは以前の日常を取り戻しています。

一方で、
不安を抱えながらの以前と異なる日常を余儀なくされている方が、いまだ数多くいる現実があります。

> 大切で、いとおしいことが

> 被災地のみなさんのほっとできる時間が、
> 暮らしが

んん、そうですよね・・・。そう思います。

こんばんわ、はぎーさん。
もう日付変わりましたが、1年が過ぎましたね。
3.11は、考え深い日になりますね。

見えるものを愛でたい、でも見えない物事も考えなきゃいけない。
そんな一年でしたが、これからもそうでしょうね。
自分の生活も少々変わりました。
大きく人生が変わってしまった人達が少しでも安らげる世の中になっていって欲しいです。

 萩野さん、この一年成長されたと思いますよ。

            ではでは♪

電灯の向こう、見えます!
富士山のような、男体山(^^)/

感謝の心を持てるって大事ですね。

もう1年。
なんか早いな~って気がします。

私の周囲は以前の生活とほぼ変わりなくなりましたが、被災地の方々はそうはいかないでしょう。
報道で見る限り何も改善されていないことが伺えます。
少しでも早く被災地の方々でも日常が戻ることを願ってやみません。

1年後の日曜日には各局が3.11に関連した特別番組を放送しますね。
テレビ局をはじめとするマスコミの皆さんには日曜日で1年経って一区切り、などとなることのないよう、今後も被災地の苦しみ、復興支援の問題点を報じ続けていただきたいと思います。

コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

  • 4f508e5bc6039
  • 4f50886d1d09d
  • 4f507f19af78a
  • 4f3e269eee262
フォトギャラリーを詳しく見る≫