プロフィール































2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • mixiチェック

仮面ライダーセイバーが大好きだ!

投稿日:2021年06月20日 09:25

夜、ロケバスに乗って

 

東映スタジオに帰ってきた。

 

スタジオでは、まだ作業が続いている。

 

翌朝、東映スタジオにイン

 

既に準備が始まっている。

 

 

 

俺たちは今、ヒーローを作ってる。

 

 

 

頼れるものは体力。

 

削れるものは睡眠。

 

消耗されるブドウ糖。

 

爆発的な機動力ですべてを前進させていく

 

そんなスタッフさん達の姿に頭が下がる。

 

監督はいつだって

 

本気で作品と向き合っている。

 

脚本家さんは、誰よりも悩んで考えている。

 

そんな方たちに支えられているから

 

身体が痛くても

 

脳内がショートしそうになっても

 

ぼくは全然平気だ。

 

 

 

そして

 

そんなぼくたちを繋ぐ、1つの思い。

 

ぼくたち全員、

 

本気で仮面ライダーを愛してるってこと。

 

 

 

だからぼくたちは頑張れる。

 

大好きな作品に関われているというだけで

 

ぼくたちは明日も明後日も

 

きっと1年後も10年後も

 

笑っていられるような気がする。

 

 

 

仮面ライダーセイバーが大好きだ!

 

210620image01

 

210620image02

 

※写真撮影の時のみマスクを外しております。

  • mixiチェック

刀と師匠とわたし<後編>

投稿日:2021年03月28日 09:25

 

早速とりかかってみれば

 

どう考えても

 

リズム良く進めるなど到底不可能。

 

数百年の技術の壁が

 

私の前に立ちはだかる。

 

 

 

「ハイ、やってみな」

 

“師匠”という人は、何事も簡単そうに言う。

 

 

 

 

「よし、次は“焼き入れ”だな。

 

明るいと色がわっかんねぇんだなぁ。」

 

窓を閉めて、暗幕を引き

 

工房は完全な暗闇。

 

 

 

「はぁい。やってみい。」

 

 

 

炉の前に座り、炎と向き合う。

 

その勢いに焼き尽くされそうになりながら

 

炎と見つめ合う。

 

大きく深呼吸して、刀を炉に入れると間も無く

 

白く光る炭と、赤く光り出した刀。

 

 

 

俺は大秦寺哲雄。聖剣の刀鍛冶。

 

 

 

えい!と刀を引き抜き、水桶に突っ込む。

 

ジュゥゥ、、、

 

 

 

刀の反りと波紋を確認する。

 

すべての作業の結果が、ここに現れる。

 

「よし!」

 

思わず声が洩れた。

 

唯一無二の一振りが出来上がった。

 

 

 

大秦寺一族の誇りとともに、

 

これからも、刀と腕を磨いていこうと思う。

 

 

 

皆様も刀工体験、いかがだろうか。

 

 

 

ブログ_刀鍛冶_1

ブログ_刀鍛冶_2

 

  • mixiチェック

約束守ったぞ、少年。

投稿日:2021年01月17日 09:25

「ねぇきみたち、仮面ライダーみてる?」

 

 

「みてるよ!!」

 

1番元気な少年が答える。

 

 

そして少しマセた少年が次に答える。

 

「見てないよ、そんな子供番組。」

 

誇り高き少年は、

 

自分が子供であることを認めない。

 

完全なる塩対応。

 

 

 

ならば次のクエスチョン

 

「ねー ゼロワンだったら、

どのライダーが好き?」

 

 

「ゼロワン!!」

 

先程の元気な少年が、さらに元気に答える

 

 

「はぁ?バーニングファルコンだろ」

 

ちょっとまった!とばかりに

 

塩対応くんが口をはさむ。

 

 

「私は滅推しだ!」

 

盛大に唱えたい異議を、

 

私はぐっと飲みこんだ。

 

 

 

そんな私をよそにバトルは続く

 

「ゼロワン!」

 

「バーニングファルコン!」

 

「ゼロワン!!」

 

「バーニングファルコン!!!」

 

やたら熱いじゃないか、塩対応くん!

 

 

 

そして、舌戦を遮るように言った

 

「ねえ、兄ちゃんさ、

 

今から仮面ライダーになるための

 

試験受けに行くんだ」

 

 

「ほんとに!?仮面ライダーになるの?

 

すげー!」

 

バトルの勢いそのままに

 

元気くんがはしゃぐ。

 

 

  なれるわけないよ。そんなの。」

 

塩対応くんがうつむいてつぶやいた。

 

 

 

わかってるよ、塩。

 

キミ、誰よりも

 

ライダーに憧れてるんだろ?

 

 

 

「じゃ、約束だ」

 

「え?」

 

「俺、絶対仮面ライダーになるよ。

 

だから俺が変身したら

 

一番に応援してくれよな」

 

「わかった。。」

 

 

約束をした彼は、目を合わせないまま

 

少し耳を赤くしていた。

 

 

 

約束守ったぞ、少年。

 

 

 

岡宏明

210117image01

 

  • mixiチェック

敬意を払って”大人の宝物”を楽しもうとおもう。

投稿日:2020年10月18日 09:25

続・第0章

 

 

その刹那、

 

手からブレイラウザーが滑り落ちる。

 

そこは橋の上。

 

父も私を背負った体では

 

到底ブレイラウザーの自由落下速度には

 

追い付けない。

 

そして私は手からすり抜けた宝物が、

 

うねる渓流に飲み込まれるまでを、

 

ただじっと見ていた。

 

現役のボクサーは、相手のパンチが

 

スローモーションに見えることがあるという。

 

極度の緊張と集中力で、

 

当時の岡園児の目にも

 

ブレイラウザーの落下が

 

スローモーションに見えていた。

 

そして騒がしいセミの声と、

 

川の流れの音にかき消され、

 

ブレイラウザーが着水する音は

 

聴こえなかった。

 

 

 

命ともいうべき剣を失ったことを実感し

 

ふと我に返った私はたまらず泣き出す。

 

───今怪人が襲ってきたら大ピンチじゃねぇか!

 

下山後、父を伴い必死に川を探したが、

 

ついぞおもちゃは見つからなかった。

 

私の人生初の挫折である。

 

 

 

不思議なもので、

 

おもちゃを買ってもらった喜びよりも

 

おもちゃを無くした悲しみのほうを

 

よく覚えている。

 

 

 

今の現場で聖剣を落とすことは

 

絶対にあってはならない。

 

敬意を払って”大人の宝物”を

 

楽しもうとおもう。

 

 

岡宏明

 

 

 

201018image01

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • daishinji04
  • 201011image01
  • ロック解除壁紙
  • IMG_5251-2
フォトギャラリーを詳しく見る≫