プロフィール































2021年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • mixiチェック

怪人ストリウスのプライド、そして愛を大切にした一年でした。

投稿日:2021年08月01日 09:25

皆さん、こんにちは!

 

ストリウス、いや

仮面ライダーストリウス役の古屋呂敏です(言いたかっただけです)。

 

第44章ご覧いただきありがとうございました。

 

今回がラストのキャストブログになると言うことで、

長らく綴らせていただきますが、お付き合いしていただければ嬉しいです。

 

今回ストリウスがグリモワールWRBを使い、

ついに仮面ライダーストリウスに変身しましたね。

 

まさかまさか、正直ストリウスを演じて、

『変身』と言うとは思ってもいませんでした。

 

その個人的に貴重な回の監督は杉原監督。

 

杉原監督はカリュブディス誕生の際のストリウス壁ドンなど、

シーンは少なくとも個人的に記憶に残るシーンを撮影してくださったので

とても楽しみでした。

 

撮影前日、他の役者同様どんな変身シーンにすべきか鏡の前で悩むわけですよ。

 

そう、変身ポーズです。

 

夢です。男の子の。

誰よりもかっこいいポーズをストリウスのため、

ストリウスがかっこいいと思ってくれているちびっ子のために生み出してやりたい。

その一心で何時間も悩むわけです。

 

この角度は誰かに近いから無しにしよう。

これは違うライダーシリーズに近いからやめよう。

 

んー意外に難しい、、、

 

もっと掘り下げてストリウスのバックボーンを大切にしたい。

 

物語、本、ストリウスは詩人、、、

 

そうだ!

変身前に指で体の前に文字を書いて、

おしゃれなCGを杉原監督に描いてもらおう!!

その文字が怪しく光り輝き、そしてストリウスの体に入っていき変身する。

 

文字は『The end of story』

 

シンプルだけど

 

こ、これだ!

 

撮影当日、杉原監督に考えたアイディアの相談をしにいきました。

杉原監督がなんて言うんだろう…緊張するわけですよ。ここで全てが決まる!

 

呂敏『杉原監督!ちょっと今日の大切なシーンでご相談がありまして!』

 

杉原監督『おう、どした!』

 

呂敏『大切な変身ポー』

 

杉原監督『おー!堂々と何もせずに「変身」で頼むな!何もしないってかっこいいから!』

 

呂敏『よろしくお願いします!!!!!』

 

10秒で終わりました(笑)。

 

監督の言葉で確かに、ストリウスは何もしない方がかっこいい!

そう思いました。

 

そして想像を遥かに超えるかっこよさで

仮面ライダーストリウスを生み出してくださりました。

 

漆黒の羽、ストリウスらしくてかっこよい

 

杉原監督、ありがとうございます。

 

写真1

 

本が題材のこの「仮面ライダーセイバー」で

本の仮面をかぶるというその図々しさ(笑)、仮面ライダーでありながら

しっかりと怪人の雰囲気を残しているところが個人的に好きですね。

 

ただ実は個人的に仮面ライダーに変身すると伝えられた時、

とても嬉しい反面、少し切ない気持ちにもなりました。

 

それは「仮面ライダー」になれることは光栄で幸せな事なのを

もちろん理解した上でなのですが、

 

怪人ストリウスのプライド、そして愛を大切にした一年でもあったからです。

 

怪人には怪人の物語があり、怪人ならではの美しさを、良さを肌で実感していたからこそ

「怪人ストリウス」とのお別れに対して悲しくもなりました。

 

怪人にしか理解できないことがある。

怪人だから、伝えられることがある。

 

そして、人間からあの姿になってしまい

2000年という想像もできない長い年月、

記憶を忘れることなくその呪縛から逃れることができなかった

ストリウスの想いはあの姿だからこそ理解できると、

 

一年間で相当怪人ストリウスに愛着が生まれていました。

 

だからこそ見てくださっている方々の中で、

怪人ストリウスが好きな人はそのまま怪人ストリウスも忘れずに

大切にしていただければ嬉しいのです。

 

メギドの三人組、大好きなんです。

元気なズオスに、自分大好きなレジエルに(笑)。

 

もちろん仮面ライダーストリウスも好きなんですけどね(笑)。

 

 

本編に話を戻しますと、物語はどんどん終焉に向かっていますね。

 

今まで傍観者としてセイバーの世界を生きていたストリウス

 

個人的な見解と言いますか、感想になるんですが、

僕は今まで何故か、ストリウスが「仮面ライダーセイバー」という本を読んでいる

読者の一人のように感じることがありました。

 

それはストリウスの謎が多い部分もそうですが、

物語にそこまで大きな影響を与えてこなかった部分が多かったからです。

 

そんな彼が自らの手でイザクの結末を下し、

WRBを手にした瞬間、

初めて「仮面ライダーセイバー」の本の登場人物になったと感じました。

 

雰囲気や表情、そして衣装がガラッと変わった

NEWストリウスに変身した時ですね。

 

ストリウスがイザク、そしてビクトールの結末を決めていけばいくほど、

彼らの物語ですらストリウスの中に溶けていき、自分の物語として繋いでいっている。

 

他者の物語の結末を決めることによって、

彼はその物語を背負っているようにも感じました。

 

そして物語は結末に近づいていく。

 

何千年も止まっていたストリウスの物語の時計が動き出し、もう後戻りはできない。

 

物語が結末に向かうということは、その本に残された言葉が減っていくということ

 

ストリウスの声に変化があったのは

実はそんな部分も表現できたらいいな、というメッセージでもありました。

 

 

ここから一体どんな結末になるか、セイバーを含む剣士たちのかっこよさはもちろん、

ストリウスのいろいろな妄想をしながらも楽しんでいただけると嬉しいです。

 

そしてちびっ子たちにヴィランのかっこよさを少しでも伝えたいな。

 

ヒーローは世界を救うために大切なものを犠牲にするけど、

悪役は大切なものを守るために世界を滅ぼす

 

愛の表現の違いですね(笑)。

 

ストリウスはどんな想いで結末を迎えようとしているのか…

 

さあストリウス

 

「仮面に隠れた涙を見せずに」

 

「君の中の英雄を呼べ」

 

写真2

 

写真3

 

写真4

 

少し早いですが、一年間ありがとうございました!

 

ストリウス役・古屋呂敏でした!

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

もうこれは恋です(笑)。

投稿日:2021年05月16日 09:25

皆様、こんにちは。

ストリウス役の古屋呂敏です。

 

「仮面ライダーセイバー」

35章はいかがでしたか?

 

不完全ではありながらマスターロゴスが全知全能の書を手に入れましたね。

マスロゴさんは喜んでるだろうな。。

お口の中をニチャアとしながら玉座に座る彼が想像できますね。。。

 

さて、せっかくの公式ブログなので

撮影前の写真を。

 

基本、本番前は静か〜に待っています。

画像A

 

もちろん次の撮影シーンについて考えたり

画像B

 

ちょっと目に見えない空間を触ってみたり。。

画像C

 

側から見ると怪しいやつですね。。。(笑)

 

でもストリウスって本当に面白い人?なんです(笑)。

 

以前のブログでも似たような内容になってしまったのですが、

ストリウスの台詞をいただいたら

その台詞以上に考えさせられると言いますか、

底がどんどん見えなくなっていく。

 

まだまだ彼を理解し切れないのですが、

今は彼の美学を見つける旅を個人的にしています。

 

ストリウスの求める興味、美学はどこに存在するのか。

 

彼の行動や想いのWhyの部分を知りたくて、

過去の章を見直してみたり、、、

 

35章にもなってしまいましたが、

まだまだ、もっともっとストリウスを知りたい。

 

いつの間にか僕自身が彼の物語に引きづりこまれ、

その旅に魅了されてしまっています。

 

そうです。。。

もうこれは恋です(笑)。

 

笑ってやってください。

 

でも僕は本当に彼が好きなんです。

 

ストリウスの正義がどれだけ周りに理解されなかろうが、否定されようが、

僕は彼の想いを肯定し、理解し向き合いたい。

 

そんなおストさんに少しでもみている方が

気になったり、知りたいと思ってもらえるよう

役者としてがんばりますので、引き続きよろしくお願いします。

 

  • mixiチェック

褒め言葉にしておこう!

投稿日:2021年01月24日 09:25

「仮面ライダーセイバー」『第19章』ご覧いただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

 

慎吾君の純粋な夢をあんな形で利用しメギドにしてしまうなんて。

なんてストリウスは悪いやつなんだ。

慎吾君を救ってくれ、なんて観ながらセイバーを応援しておりました(笑)。

 

さて、今回もブログの後半書かせていただきます

ストリウス役の古屋呂敏です。

 

今回の章で個人的にストリウスの撮影で記憶に残っているのは、

短いシーンではありますが、慎吾君との撮影です。

ストリウス自らジオラマ大好きな慎吾君に白い本を入れるシーンですね。

 

撮影は基本、まず最初に動きの確認をしてカット割が決まり、

カメラを含めたテスト、

そして本番をして皆様に見ていただいた映像をお届けしております。

 

慎吾君とのシーンは彼とその日が“初めまして”なわけなのですが、

場当たりからじっとりねっとりと距離を詰めて

ストリウスらしく襲わせていただきました。

 

もちろん、いきなりそんな感じ来られると思っていなかったみたいで

若干リアルに引かれてしまい、、、苦笑。

 

そりゃそうですよね。

 

それを確認していた石田監督が遠くから

『大丈夫!そいつ、気持ち悪いけど普段はそんな趣味ないから安心しろー!じゃ、本番っ!』

と、

 

スタッフの皆さんも笑ってくださり、

慎吾君も自分も笑ってたんですが、

 

んっ?

 

ちょっと待て、

 

これは、、、褒め言葉なのか、、、、

 

褒め言葉でいいんだろうか、、、

 

褒め言葉にしておこう!(笑)

 

答えは聞けずじまいでしたが、

石田監督に次あったら聞いてみよう。。。

 

日々短いシーンからもストリウスの想いだったり、

彼の姿を少しでも自分の中で掴めるよう

真っ直ぐ『彼の物語』と向き合っていこうと思っています。

 

 

あ、以前撮影の合間に無理を言って

個人的な妄想を叶えさせてもらうために

撮らせてもらったものをシェアさせていただきたいのですが、

 

それは

 

蓮と倫太郎、須藤芽依が高校の同級生で、

2人とも須藤芽依に少し恋心があれば、、、

 

そして、その相談を受けた自分はどっちを応援すればいいのか

この2枚の写真を眺めて一生悩むっていう。

だってどっちもかっこいい。。。

 

210124image01

 

あなたならどうしますか?

 

2021年もどうぞ皆様、

「仮面ライダーセイバー」をよろしくお願いいたします。

 

  • mixiチェック

少しでもワクワクとドキドキを届けられますように。

投稿日:2020年10月25日 09:25

第8章「封印されしは、アーサー。」

観ていただきありがとうございました。

 

キングオブアーサー!!

 

まさか秘められた力が巨大な剣士のことだったなんて、、、

 

秘めた力。。。

敵幹部としてはさらにワクワクしてしまいますよね。

 

どうも、ストリウス役の古屋呂敏です。

ブログの後半を引き続き書かせていただきます。

後半戦では個人的にストリウスの好きな所を紹介したいと思います。

 

これは個人的にですが、

「仮面ライダーセイバー」の衣装固定組で

一番ストリウスの服がお洒落な気がします。

というのも、普段でも着られる!

201025image01

(*残念ながらレジエルが現場にいない時だったので2人になってしまいました)

 

特にこのコート!

丈感といい、ポッケの感じといい

首元のお洒落な襟といい

ボタンの工夫といい

 

このコートは一番最初に

ストリウスの衣装を決める打ち合わせをした際、

お店よりもたくさん並べてある服の中から

たくさんの服を着ては変えてをしていた時に出会いました。

 

ぽんっとラックにかけられてはいるものの、

ずっと候補に選ばれないこのコート。

 

何故か大人の皆様がこのコートの存在を消しているかのように

次から次へと違う服を着ていたのですが、何着か着た後に

 

僕が『あの、これがいいです。。。』

と言うとスタイリストの村瀬さんがギョッとされ、

皆さんの時がとまる感じがして、

『この服はちょっと予算的に。。。』と

 

『じゃ着てみるだけ着てみますね!』

 

そこから脱ぎませんでした(笑)。

 

このコートのカットの綺麗さやポケットの位置など、

自分の中でのストリウスのイメージと合っていました。

 

結果このコートに決定!

 

「仮面ライダーセイバー」は他のキャストも含め、

細かい部分にまでスタッフの皆さんの想いが詰まっています。

そこも感じていただければ嬉しいです。

 

201025image06

 

こんな情勢ですが、多くの人の日曜日に

少しでもワクワクとドキドキを届けられますように。

 

ストリウス役・古屋呂敏でした。

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • strius02
  • 201018image01
  • daishinji04
  • 201011image01
フォトギャラリーを詳しく見る≫