プロフィール



















2024年5月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • mixiチェック

いつか、「仮面ライダー」に恩返しが出来るように。

投稿日:2022年08月14日 09:25

どうも、ジョージ・狩崎/仮面ライダージュウガ役の濱尾ノリタカです!

第48話「覚悟の証明!これが…日本一のお節介!」

ご視聴頂けましたでしょうか?

 

このライダー名合わせてのご挨拶は、最初で最後。

キャストブログも今回が最後となりました。

僕はこのキャストブログを書くことが、

長くなり過ぎて困るくらい好きだったのでとても寂しいです(笑)。

 

では早速、第48話について

第47話の流れからと合わせてお話をさせて頂きます。

 

ジョージ・狩崎が皆んなと闘う動機は、

ギフの力を宿す五十嵐家、

そして悪魔の力を用いて変身する全てのライダーシステムを破壊して

本当の平和をもたらす事を謳っておりました。

 

01

 

しかし、今回の最後でお分かりの様に、

本当の目的、心の奥底にある動機は少し違ったものでした。

只々寂しかったんです、ジョージは。

そして羨ましかったんです。

 

大好きなダディと、もっともっと沢山の時間を過ごしたかった。

ダディは五十嵐元太の為に幼いジョージの元を去り、

その後どんなに努力を、研究を積み上げてもダディの陰を追うばかり。

 

FENIXに入って科学者として成果を上げても、

親父の七光だと、

贔屓目だと言われ(TELASAさん配信のリバミスでも描かれておりますのでそちらも是非)。

やっと再会してもダディはウィークエンドメンバーの為に死力を尽くしていました。

 

再会できたからこそ、これまでの分を取り返す程に

もっと沢山の時間を自分と過ごして欲しかった。

回り回ってジョージの為だとしても、

それでも、もっと親子としての、家族としての時間を過ごしたかったんです。

 

02

 

そしてやっとその時が訪れたかと思いきや、

ダディからの自分の中に悪魔を埋め込んだという衝撃的過ぎる事実が

2人の閉じかけていた溝をまた大きく開けてしまいました。

 

それが例え愛の形だとしても、

当初から悪魔の力に頼らないドライバーを目指して来たジョージにとっては

許容し難い事実でした。

 

そんな中、最後に話す事もなく先に逝かれてしまったのです。

行き場の無い感情を向ける先はもう、

自分に無いものを持つ者達に、

ダディから何かを与えられた者達に向けるしかありませんでした。

 

ダディが自分より優先した、大切にした(そう感じてしまっていたのです)

五十嵐家を、ウィークエンドのメンバーを。

 

そしてその為にダディが創り上げた

ダディに由来するライダーシステムを、

仮面ライダーを全て駆逐する事でしか

もう、ダディを超えた事を、

そしてライダーシステムの開発者が自分である必要を

自分の存在意義を証明出来ないのです。

 

ダディに認められたかったんですね、ジョージは。

 

03

 

そんな気持ちを自分でも気付けぬまま、

気付いていてもそれを認められないまま、

仮初めの動機を元に闘いが始まりました。

 

そんな中で感情のさらなる激化を生んだトリガーが大二の放った

「もうこれ以上、俺達家族から何も奪わないで下さい」

この一言でした。

 

ジョージは大二を救いたいヒロミの為に

デモンズドライバーを調整しました。

そしてその調整をしている間に、

ダディはもう二度と話せぬ人となりました。

 

悪魔を埋め込まれた事による怒り、

そして正面からダディと向き合う事が出来ず、

花の呼び掛けにも応えずに

意地を張って会いに行かなかったその自身の判断故に

最後は話せなかった。

 

しかし、大二からこの言葉を投げかけられた時は

「お前が私にそれを言うのか?もう私には、奪われる物さえ無いのに」

そんな気持ちで兎に角怒りが込み上げて来ました。

 

04

 

そうなってからはもう五十嵐家を潰す事しか考えられません。

相手の事など、考えられませんでした。

五十嵐家が自分の持っていない物全てを、

失った物全てを持っているように思えて仕方が無かった。

 

どんなに科学者としての、

大人の皮を被ろうとしても

根本は愛に飢えた、一人の人であり、誰かの息子なのです。

 

その気持ちに歯止めは効かないまま、一輝と衝突。

しかし、一輝が投げかけてくる言葉の数々。

一輝の背負っている物、そして覚悟。

 

自分の記憶を投げ打ってでも、自分の心を救おうとしてくれる、

蓋をした本当の思いをこじ開けてくれようとしてくれる

一輝の言葉と行動に闘いの中でどうしても揺れ動いてしまう。

認めたく無くても、気付かされてしまう。

 

そして自身の最高傑作である仮面ライダージュウガの力を出し切っても、

自分とダディの2人で創り上げた最高傑作である

仮面ライダーアルティメットリバイ&バイスには敵わなかった。

 

そんな時に語りかけられる一輝からの言葉。

揺るがぬ証拠としてヒロミが見つけてくれた、ダディとの想い出。

敵わないと、超えたいと思っていたダディの創り出したシステムは、

自分のアイディアが元に、これも2人で創り上げた物だと気付かされました。

 

そこからはもう、愛に飢えた子供としての、

息子としてのジョージが心の奥底から出てきてしまいました。

最後の泣きながらのセリフは上堀内監督が、

自分の気持ちを好きに言葉にしてみなさい、と仰って下さり、

僕がジョージ・狩崎としてダディに感じていた気持ちを吐き出させて頂きました。

 

「気付かせてくれてありがとう、一輝。

もっと一緒に居たかったよ、色々話したかったよ、ダディ。

科学を教えてくれて、ありがとう。

2人を繋ぐ科学が、生きる糧になってきたよ」

 

05

 

僕の中のジョージはこんな気持ちです。

でも、まだまだ未熟な僕は、

最後に自分の力だけでは感情を爆発させる事は、

表現することが出来ませんでした。

 

そしてそれを助けてくれたのは、

上堀内監督の演出、そして準くん、拳のお芝居でした。

 

上堀内監督に気持ちを引き出して頂き、

2人の真っ直ぐな、ジョージを想ってくれる気持ちが

僕を引っ張ってくれました。

 

拳は涙を流す程に、真っ直ぐに向き合ってくれました。

皆様の協力があっての、最後のシーン、感情の爆発でした。

 

そして何より忘れちゃいけないのが、スーツアクターの小森さんの存在。

小森さんと2人で、僕は「仮面ライダージュウガ」に成れました。

 

06

 

どれだけ人に助けられているか、身を持って感じました。

もっともっと、成長したいし、素敵なお芝居を出来るようになりたいです。

人を感動させるお芝居を出来る俳優になりたいです。

 

 

結局もうこの時点で長くなり過ぎてしまいました、、、

ここからは1年間の総括をギュッとまとめてお話させて頂きたいと思います。

 

ずっと夢だった、俳優を志す決め手となった仮面ライダー。

そしてこの「仮面ライダーリバイス」に参加させて頂き、

お芝居をさせて頂く中で加速度的にお芝居が楽しくなり、

ハマっていき、どんどんどんどん好きになっていきました。

 

仮面ライダーを目指す事、そして仮面ライダーとしての時間を過ごした事が

僕を俳優のスタートラインに立たせてくれました。

本当に沢山の事を、経験させて頂けました。

 

07

 

沢山の素敵な方と関わらせて頂けた1年間でした。

プロデューサー陣、監督陣、

現場スタッフの皆様を始めとする作品に関わる全ての皆様。

そして最高のキャスト達。

 

08

 

この1年間で、大好きだった仮面ライダーが、

もっともっと深く、大好きになりました。

好きが愛に変わりました。

 

そしてこの1年間で学んだ一番大きなことは

「自分がどれだけ出来ないか」

でした。

 

作品が始まり、最初は夢が叶った事に気づかない内に

有頂天になっていたのかもしれません。

そんな中経験を重ねていく中で、そしてお芝居を好きになっていく中で、

自分に足りない物、出来ない事が本当に山のようにある事に気付けました。

心の底から、身をもって感じました。

 

この気付きを元に、少しずつ出来る事を増やして

素直に、その役として、根本は楽しく、

お芝居を出来るように日々精進して参りたいです。

 

いつか、「仮面ライダー」に恩返しが出来るように。

 

ただ、最後に一つだけ。

作品が始まる時に立てた一つの目標。

 

「ジョージ・狩崎役は僕にしか出来ないと最後胸を張って言えるようになる」

 

この目標だけは達成できました。

これは、役として1年間共に成長して来られたからだと思います。

ありがとう、ジョージ・狩崎。

 

09

 

さて、最終回か?主人公か君は?ってくらい語ってしまいました、

すみません(笑)。

 

僕らの物語はまだ続きます。

自分の気持ちに気付き、救われたジョージ・狩崎。

ジョージを救う為、家族の記憶を失ってしまった一輝。

来週以降、物語は本当のクライマックスへ。

絶対に見逃せません。

拳のお芝居を、一輝の魂を、目に焼き付けて下さい。

 

では、改めまして皆様!

本当にこの1年間見守って下さり、応援して下さり、

こんな素敵な環境を与えて下さりありがとうございました。

 

ジョージ・狩崎として1年間過ごせて、

「仮面ライダージュウガ」になれて心の底から幸せでした!

僕の一番好きな仮面ライダー作品は「仮面ライダーリバイス」です!!!

夢のような時間を、ありがとうございました!!!!!

 

皆んな、大好きだー!!!!!!!!!!

 

10

 

濱尾ノリタカ

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

ジョージ、もっと頑張ります!!!

投稿日:2022年06月26日 09:25

皆様、おはようございます!

ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカです。

「仮面ライダーリバイス」第41話、如何でしたでしょうか!?

 

僕としては今回は39、40話とはまた違った重さがあるなと感じました。

牛島家や大二と一輝の衝突も胸が苦しくなるシーンでしたが、

今回の元太さん、幸実さん、そして一輝とバイスの

この4人のシーンはかなり重く、胸が締め付けられるようなシーンでした。

 

元太さんの「大二は俺の息子だ!」、

一輝の「たとえ俺自身がどうなっても、、、」に対する幸実さんの抱擁。

両親の愛が伝わってくる描写が多く、

改めて「リバイス」が家族をテーマとした作品である事も伝わってきました。

 

脈絡無いオフショット①

220626image01

(手術後に疲れているダディ、、、)

 

そんな中、少し話を「仮面ライダー」に移しますと、

今回からデモンズトルーパーが参戦しましたね!

これで赤石達の無尽蔵にも思える攻めの手に、

ウィークエンドが対抗出来れば良いのですが、、、!

 

ただこのシーン、特撮好きの方は勿論お気付きでしょうが、

実はバイスのスーツアクターの永徳さんと、

アクション監督である渡辺淳さんが変身をしているのです!!!

この同期お二人のタッグは、僕らとしては激アツで。

 

最早一番強いんじゃ無いかな?

ギフそのまま倒せちゃうんじゃないかな?

と思うくらいチートなタッグです(笑)。

 

しかし現実は甘く無いようで、

デモンズトルーパーではベイルを止めることも難しいようで、、、

あくまで量産型は量産型ですね。

ジョージ、もっと頑張ります!!!

 

脈絡無いオフショット②

220626image02

(石田組の時、赤石長官に吹っ飛ばされたジョージの合成で宙に釣られた瞬間の僕です)

 

そして今回のアクションの見所としましては、

ホーリーライブvsアギレラの空中戦!

なんてったって今回は杉原組ですから!

 

嫌が上にも空中戦はテンションが上がってしまうんです。

ヒーローが空を飛んでぶつかり合う。

子供達だけで無く、大人も、

特に男子(敢えて男子と書かせて頂きます)は目が輝いてしまうのです、

仕方無いんです!(笑)

 

脈絡無いオフショット③

220626image03

(ジョージの子供時代を演じて下さっている平賀仁くんと!とっても可愛いんです!)

 

更に前回、今回と赤石が初めて見せる顔のようなものが多く観られました。

ハッキリと大二に対して愛情を示し、

最後にはリバイス達の攻撃に怯えているようにも見えました。

 

そして最後は上記の様に少しずつベールが剥がれてきた赤石が逃走すると、

リバイス達に追い詰められるベイル。

しかし、元太さんのことを考えると安易に倒すわけにも行かない、、、

そこに現れたのは、ダディ!?(狩崎真澄)

しかもベルトを着けている!

 

と言った感じで!とっても盛り沢山な第41話でした!

ですが、来週は更に、、、?

 

早速次回予告には「命をかけて、戦う真澄!!」の文字が!?

そして観たことない仮面ライダーらしき者が2人!?

ベイルと元太は一体どうなるのか!?!?

いやーこれは絶対に見逃せませんよ、皆さん!

僕もめちゃくちゃ楽しみなんです、来週!!!

 

以上!最後ハイテンションになってしまった濱尾ノリタカでした!

もう残すところ後10話も無く、最後まで「リバイス」を宜しくお願い致します!!!

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

「お前の変身だ、好きにやれ」

投稿日:2022年04月03日 09:25

皆様、おはようございます!

ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカです!

 

第29話、如何でしたでしょうか!?

今回は総集編かつコメディ回と見せかけて(コメディ回でも勿論ありましたが)、

本編の方では初公開となるヒロミが生きていたという真実や、

赤石長官と敵対すること、

三兄妹がそれぞれの場所でそれぞれが信じる道を進む事。

 

220403image02

 

そしてジョージ・狩崎のエクササイズ、、、(?)

後半に向けての大事な大事な各キャラの意思表明の回でもありました。

(最後ふざけましたが、ジョージも自分の非を認めて真剣に頭を下げていますしね)

 

今回29話はてれびくんのDVDでもコメディ演出をして頂いた葉山監督が手掛けており、

しあわせ湯のシーンは1日ぶっ通しでみんなでアイデアを出し合いながら、

わいわい楽しく撮影した、僕らにとっても放送が楽しみな回でした!

 

皆さんが楽しんで下さっていたら嬉しいです!

僕も某DVDをオマージュしたとんでもないヒロミへの思い出ムービーを作りましたが、

自分でも笑っちゃいながら撮影していました(笑)。

 

220403image01

 

後半にベビーオイルをつけられて

テカテカになっていたら渡辺アクション監督が

「テカリザキ」と命名して下さり、しばらくその名で呼ばれていたのですが

嫌がるように見せかけて実はオイシがっておりました(笑笑)。

 

さて、ここで一旦1話分話を戻して、28話についてお話しさせて頂きます!

ジョージ・狩崎の変身、仮面ライダーリバイスの誕生、オルテカの消滅など

本当に盛り沢山でしたね!

先週、隼汰が書いてくれたので僕は自分の変身にだけ触れさせて頂きますね!

ただ、その前に2つだけ。

 

「仮面ライダーリバイスの変身ポーズエグすぎ!!!正に50th!!!」

 

「隼汰、本当にお疲れ様。僕らではわからないような重圧を背負いながら、

最高にして最悪の悪役を演じ切ってくれて、

そして何より作品を盛り上げてくれてありがとう。

またすぐ、成長した姿で別の現場で会おうね」

 

220403image04

 

そして僕は待望の初変身なワケでありますが、、、

「幸」

この一言に尽きます。

 

正直に言うと僕はずっと、自分が1番好きなのに(と思っている)、

それなのに自分が変身出来ないことがコンプレックスでした。

 

最初にデモンズを目にした時の印象は…

蜘蛛モチーフでダークライダーっぽい見た目でって、、、

蜘蛛男やん!!!原点回帰!!!

みたいに大興奮していたのを覚えています。

 

そのデモンズがヒロミの手に、、、次はオルテカに、、、

準くん!隼汰!

この幸せ者め!(笑笑)

 

なんて思いながらも、僕はなんともなんとも幸運なんです。

自分の1番の強みを聞かれたら

「運の良さ、人に恵まれている事」

といつも答えているのですが、今回もその豪運を発動させて頂きました!

 

まず嬉しかったのが、ジョージ・狩崎の変身を待ち望んでいてくれた方、

祝福してくれる方、自分のことのように喜んでくれる方が多かった事です!

これが何より嬉しかった。本当にほぼほぼ全ての反応を見ました(笑)。

皆さんにどれだけ支えられているか、再確認しました。

改めてありがとうございます!!!

 

そして2つ目に、憧れの石田監督、そして倉田カメラマンのもとで

変身シーンを撮って頂けた事。

僕が俳優を志したきっかけは仮面ライダーであり、

その仮面ライダーを好きになったきかっけは「仮面ライダークウガ」であり、

それを実際にカメラを持って撮ったのが倉田さんで、それを監督したのが石田監督。

 

220403image03

 

そして石田監督に変身ポーズを相談した時、

「お前の変身だ、好きにやれ」と。

これまで色々オリジナルポーズを考えてきました。

ただどれもしっくりこない。

いや、自分としてはしっくりきているのですが、

これジョージ・狩崎が咄嗟にやるか?みたいに思ってしまい、、、

 

そこで役のことを考えた時

「リバイスシステムを始めとした数々のシステムに

他ライダーのオマージュを入れているジョージが、

自分のポーズにオマージュを入れない訳は無いよな!?」と。

 

そこでデモンズドライバーの構造(上に押印して、最後ベルトのディスプレイに押印)

から考えて取り込みやすい

平成ライダーのオマージュ(ジョージ・狩崎は平成好きなので平成に限定)で

と考えた時、クウガのポーズはピッタリで候補にあがりました。

 

そうしたら監督は石田監督ですし、僕は1番クウガ好きで、、、

そりゃあもう決まりですよね!?!?!?

と言うことで自分の1番好きなポーズをオマージュしており、

ポーズとしての合理性も高く、憧れの当時のスタッフさんのもとで撮って頂けてと、、、

最高な環境のもと、このポーズが出来あがりました!!!

 

更に最後は、準くんと隼汰という僕の大っ好きな2人とお揃っちな事!!!(ギャル風)

2人が最高なお陰で、デモンズ人気も半端じゃないですし!!!

有り難くその人気にあやからせて頂きました(笑)。

 

と言うことで!長くなってしまいましたが(まだまだ書き足りない(笑))、

この辺で僕の初変身への感想とさせて頂きます!!!

長い文章、ご拝読ありがとうございました!

 

それぞれの向かう道がハッキリして、別々の道へと進んでいった五十嵐三兄妹。

オルテカの消滅により揺れ動くデッドマンズの心情。

怪しさを持ち始めたFENIXに、謎が少しずつ解き明かされていくウィークエンド。

記憶が戻り、過去が明らかになり戸惑う五十嵐家

(詳細は絶賛TTFCにて配信中の『仮面ライダーベイル』をご覧下さい!)。

そして狩崎家の親子関係。

 

220403image05_ボカシあり

 

ここからラストまで待ったなしでございます!

皆様片時も、1話たりとも目を離さぬよう宜しくお願い致します!!!

 

では、ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカでした!

来週もお楽しみに!!!

 

P.S. まだ「変身!」と言えていないので、いつか言いたい、、、(笑)

オリジナルライダーも、、、欲しい、、、(笑)(私利私欲)

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

正にヒーロー、正に仮面ライダーです。

投稿日:2022年01月30日 09:25

こんにちは!ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカです!

「仮面ライダーリバイス」第20話「非情で無常な、変身の代償」如何でしたか!?

 

まずはジョージ・狩崎から一言

「一輝君 nice playだよ!!!」

オルテカからついに悪魔を分離し、

更にはヒロミの命も同時に救うという神技!

 

そんな器用なことが出来るんだね、、、

いやまあ確かにカゲロウと大二を上手に痛めつけて

入れ替わらせたりしてるしね、、、(笑)

 

オルテカは分離だけでなく過去も描かれておりましたね。

デッドマンズを作った男、、、怪しい香りがプンプンでございます。

今後デッドマンズの3人はどう描かれていくのでしょうか?

 

そして千草の回想を始めとした描写で、

FENIXに闇があるようにも、、、!?

赤石長官も怪しさ満点、ジョージもヒロミとバッチバチだし煽り倒すし、、、

まあそりゃ闇があるように思いますよね、、、

 

皆さんFENIXの事を嫌いにならないで下さいね!(笑)

そう!FENIXには我らが(今は亡きですが)若林司令官が居ますから!

今週も胸に響くお言葉を頂きました。

台本を頂いて読んだ時、自分のシーンじゃ無いのに

マークしちゃうぐらいに好きです、やっぱり最高です!

 

さて、ここまで色々と書いてきましたが、

なんと言っても今回は(も?)とにかくヒロミです。

千草がギフテリアンになり、怒りの変身。

セリフから演出やら爆破までもうカッコ良すぎました。

自分を犠牲にして、人の為に戦う。

正にヒーロー、正に仮面ライダーです。

 

ヒロミがこれだけ人気が出る理由は、

やはり誰より彼が仮面ライダーなのだからでしょう。

その姿勢は僕、濱尾は当然として、ジョージも好きなはずなんです。

 

変身の代償、デモンズドライバーの秘密も明らかになり、

千草の魂を自らの手で屠り去り、

身体も心も誰が見ても彼はもう限界です。

 

19話〜21話は坂本監督の3話持ちだったのですが、

準君からもヒロミに負けない気合いというかオーラと言いますか、

鬼気迫るものを感じました。

僕は一緒にお芝居するのが毎回楽しみで仕方なかったです。

 

坂本組では毎話でヒロミと狩崎のシーンを入れて頂けております。

来週もお楽しみに。

 

 

さて!ここからはオフショットコーナー!!!

 

220130image01

こちらはジョージと傷だらけのヒロミin狩崎の部屋でございます!

多分これは結構前の写真ですが、いっつもヒロミは傷付いてますね、、、

色っぽいよ!準君!

 

220130image02

こちらは相変わらず仲睦まじい五十嵐三兄妹!

寒い撮影でも日向やいもっちゃんは笑顔が多いから、助けられております。

 

220130image03

そしてこれは映画公開初日の舞台裏!

撮影現場で藤岡真威人くんとは

リバイスキャストはほぼご一緒出来て居なかったのですが、

舞台挨拶は皆んなで話せてとても嬉しかったです!

 

220130image04_ぼかし済

最後は僕にとっての兄貴二人。

デッドマンズサイドの時の若林司令官、

通称「ワカメ」の状態の和也さんと準君!

本当に大好きな二人です。

公私共にお世話になりまくっております!!!

 

 

と言うことで、そろそろ締めさせて頂きますね!

今回もお付き合い頂きありがとうございました!!!

 

次回は色んな「種」が蒔かれているとっても大切な回です。

これから一輝は何を想い、大二は何を信じ、さくらは何を知るのか。

個人的には今後のジョージ・狩崎の変化や

ヒロミへの想いなんてものも観て頂けたら嬉しいです。

そして勿論!引き続き、ヒロミにもご注目下さいね!!!

 

では第21話も、お見逃しなく。

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

お芝居の力って本当に凄いです!

投稿日:2021年12月12日 09:25

こんにちは!ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカです✌️

「仮面ライダーリバイス」第14話、いかがでしたか!?

 

今回の話も前回に続き、てんこ盛り過ぎました(笑)。

 

まずは前回脱獄した工藤弁護士がサーベルタイガー・デッドマン フェーズ2に!

銭湯で戦闘🤛って、、、そんなのありなんですか!?土足禁止ですよ!

 

更にはさくらvs天彦!

学校では正体を隠していても、

友達を盾に取られちゃ黙っていられないですよね。

この「学校で変身して正体バレちゃった💦」みたいな展開、

子供の頃に妄想したことない人の方が少ないんじゃないでしょうか?(笑)

 

僕は恥ずかしがらずに言いますよ!

そんな妄想勿論しまくっておりました!(笑)

なのでこのシーン、僕からすると本当に

「夢のようなシーン」な訳で、羨ましい限りです(笑)。

 

さてさて、ここからが本題です。

裏切り者は、、、FENIXの若林優次郎司令官、、、辛すぎる、、、

 

ではなく、、、!

 

既に1話の裏では若林司令官は殺されており、

それ以降の若林司令官はカメレオン・デッドマンが擬態した姿であった、、、

もう既に死んでいたら、どうしようもないですよ、辛すぎます。

どうしても信じられないヒロミの気持ちもわかります。

 

ここのシーンのお芝居は最高でした。

トリガーを引けない、強く葛藤するヒロミ。

このシーン、実は使われているのはカメラテストの方で。

特に繊細なこのシーンは、敢えてテストの方も上堀内監督がVTRを回しており、

より自然なお芝居の方を採用したそうです。

 

そして人格が急に180°入れ替わる、まさに別人となる若林司令官。

撮影に入った当初から、アマゾンズを観ていた僕は

和也さんのアクションを観たいという話をよくしておりました。

それがまさかこんな形で実現することになるとは。

 

勿論、優次郎のときにはあんな顔や声を見たことも、聞いたこともないですし、

プライベートでも基本は落ち着いていて渋い声で

僕らのアニキのようなあの人からまさかあんな表情と声が、、、

お芝居の力って本当に凄いです。

 

ただ、和也さんは黒優次郎の方が楽しいようです(笑)。

 

準くんも和也さんも、違う方向の表現ですが、どちらも最高でした。

現場で鳥肌立ってました。

こんなバチバチのシーン、早く僕もやりたいです。

 

デッドマンズ側になってしまった(元々そうだが)以上、

司令室で二人で肩を並べて話すことももう無いでしょう。

正直かなり寂しいです(笑)。

 

211212image01

これはFENIXのシーンの撮影地での最後の日。

ちょっと泣きそうでした。

 

 

ついつい気持ちが入ってしまい、長くなりすぎてしまいましたね(笑)

 

ここからは数少ない僕のオフショットを全放出してお届けします!

全然写真撮らない(笑)。

 

211212image02

傷だらけのヒロミ!(最初から自分は写り込んでるだけ(笑))

僕はいじりとか抜きに、準くんの傷メイクめっちゃ好きなんです(笑)。

なんか似合う!!!色気倍増!!!

 

211212image03

そしてこちらは例のいつもの司令室の奥の方にあるスペースでパシャり📸

天井の傾斜が大きく、気を抜いて座ると頭が当たってしまいます。

特にこの場所に来るメンバーは高身長が多いので、要注意なのです!

 

211212image04

以前準くんがTwitterに載っけたこのオフショット!

実はこの組の撮影中で、僕の手がついバリッドレックスしてるんです(笑笑)。

 

211212image05

そしてついにジョージのピン写!

と見せかけて後ろにヒロミ!

このポーズ(バイスポーズ?(笑))めちゃくちゃハマっていたんです、

なんなら今も気付いたらこの手をしてます(笑笑)。

 

以上!濱尾ノリタカでした!

来週はデッドマンズの猛攻編、いよいよ佳境に突入です!

デッドマンズベースに突入!バイスが2人?!

そしてどうなるアギレラ様!?!?

 

ということで長くなったお詫びに

アギレラ様の真紅のウェディングドレス姿を置いて終わりとさせて頂きます!

 

211212image06

 

では!来週も絶対観て下さいね!

お楽しみにー!!!

 

※写真撮影のときのみマスクを外しています。

  • mixiチェック

一輝とカゲロウの同時変身!最高にカッコよかった!

投稿日:2021年10月31日 09:25

こんにちは!

ジョージ・狩崎役・濱尾ノリタカです!

「仮面ライダーリバイス」第9話いかがだったでしょうか!?

 

今回のゲスト、豪華すぎました!!!

特撮の先輩方のオンパレードです(笑)。

僕はご一緒するシーンがなかったのが残念でした🥺

 

そして!何より盛り上がる展開だったのが、

一輝とカゲロウが向かい合っての同時変身!!!

最高にカッコよかったです🦖🦇

難しい同時変身ですが、

2人で息をピッタリ合わせてスムーズに撮影が進んだらしいです!

(実は2人は家で練習してたとか!?(笑))

 

更にリバイスのカマキリゲノム!!!

デモンズのモグラゲノミクスチェンジ!!!

昭和リファレンスのバイスタンプは初登場ですね!

先週に引き続き新フォームが目白押しでした!最高!!!

 

 

さて、ここからはオフショットです!

9、10話の時は全然写真を撮っていなく、ここ最近のものを!

 

211031image01

これは5、6話のエビル初登場の時です!

皆んなが突入のリハーサルをしている中、僕はずっとドラム缶に座っておりました!

すみません!!!

 

211031image02

こちらは8話でヒロミとプールサイドで!

ヒロミがストーリーではなく、実際に現場で変身シーンを撮る初めての日でした!

変身失敗おじさんが初めて変身するところ!

キャスト皆んなで大盛り上がりでした(笑)。

それにしても、狩崎胸元開きすぎ、、、、(笑)。

 

211031image03

更に同じく8話での皆んなでの入浴撮影中にパシャリ📸

この回、流石に肌色多めです(笑)。

朝イチの撮影で温泉に入れて!シンプルに気持ち良かったです(笑)。

作品が終わり、コロナも落ち着いていましたら、

是非プライベートでもお邪魔したいです♨

 

211031image04

そして最後は!

完全に公私混同&職権乱用で申し訳無いのですが、

今の9、10話を撮影して下さっている坂本監督に

ご自身の書籍にサインをして頂きました🥰

以前、買って読ませて頂いている話をして、

お願いしたら次の現場の時に書いてくださるとの事で

ルンルンで持っていきました(笑)。

坂本監督!ありがとうございました!!!

 

 

ということで!

9話のキャストブログ、濱尾ノリタカが担当させて頂きました!!!

次回第10話!一輝、そして大二はカゲロウから身体を取り返せるのでしょうか、、、

予告編ではまた新しい仮面ライダーが見えたような、、、!?

お楽しみに!!!

 

※写真撮影のときのみマスクを外しております。

 

  • mixiチェック

家族の愛を感じる第4話。僕が頑張ったところは…!?

投稿日:2021年09月26日 09:25

皆様、おはようございます。

ジョージ・狩崎役の濱尾ノリタカです!

 

「仮面ライダーリバイス」第4話!いかがでしたでしょうか!?

妙子さんと彩夏の親子愛、

そして一輝がしっかりとFENIXと契約して大二とも無事仲直り!

家族の愛を感じる第4話でしたね!

 

そして僕についてお話しさせて頂くと、

今週はついにジョージのオタクっぷりがわかる彼の自室が登場しました!

プレバン限定のグッズや、新1号の真骨頂50th anniversary ver.等の

恐らくまだ未発売(間違ってたら申し訳無いです💦)のモノまで、、、

現場では日向と僕、そしてスタッフのみなさんも大盛り上がりでした(笑)。

 

更にもう一つ、

今回は僕がオンエア前コラムでも書いた頑張ったところである

ジョージの筋トレシーンがありました!!!

リハーサルから本番まで通してかなりの回数の懸垂をしたのですが、

俳優業を始めてからは肩幅や広背筋が少しtoo much(ジョージ風)な事もあり

背中の筋トレを控えめにしていたのでかなりキツかったです(笑)。

 

210926image01

 

そして3、4話では役衣装での写真をほぼ撮らずでしたので

210926image02

こちら出会ってまで数回しか会っていない時、

「セイバー」増刊号撮影時の拳(五十嵐一輝役・前田拳太郎)との写真!

まだ距離感あるかなと思いきや、かなりもう仲良かったです(笑)。

 

210926image03

そしてこちらはチームFENIXの写真!

本編ではなかなか見られそうにない(?)

全員での満面の笑みです!

 

210926image04

最後に1話の撮影時の写真!

兄弟の自撮りに混ぜて頂きました!

17歳の2人に食らいついていこうと21歳、頑張っております!

実はこの時のネクタイ、

偶々あったリバイスカラーの私物を入れさせて頂いたのです!

 

まだまだ書き足りないこともありますが、

今回のキャストブログはここまでにさせて頂きます!

第5話もお楽しみに!

&次回の僕のキャストブログでお会いしましょう!

 

皆様ご視聴、そしてお付き合い頂きありがとうございました!

 

※写真撮影の時のみマスクを外しています。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • DSC_2945
  • 210919image01
  • DSC_2585
  • 210912image01
フォトギャラリーを詳しく見る≫