2017年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“松の内”の放送です。」

投稿日:2017年12月30日 01:20

この日記の公開は30日ですから、あと2日ありますけど・・・・・
2018年、明けましておめでとうございます。
皆さんにとって素敵な年になりますように。
そして、「ぷっ」すまにとって良い年になりますように。
さらに、熊の助にとっても“ちょっと右肩上がりの現状維持”の年になりますように。

さて「ぷっ」すまの放送、新年1回目は、5日金曜日です。
(地域にとって違うと思いますが・・・・・)
まだ、“松の内”なんですよね。
年末早めに終わった分、年始は早め?ですかねぇ。
そういえば・・・・・
“松の内”って言い方、あまり聞かなくなってきました。
熊の助は、何となく、7日までが“松の内”だと思っていましたが・・・・・15日までという説も。
気になって調べてみました。
“松の内”とは、門松などの正月飾りを飾っておく期間のこと。
門松は、年神様を迎えるにあたり、神様が迷うことなく家に来てもらうための目印なんだそうです。
そして、年神様は、鏡餅に宿って、正月を過ごされるらしいですよ。
で、“松の内”ですが・・・・・
元々は1月15日までだったそうです。
それが、江戸時代、もろもろの理由で、幕府が「1月7日を飾り納め!」と決めたらしいです。
お膝元の関東では7日が徹底されました。
しかし、関西までは正確な通達が行き渡らず、関西では昔のまま15日とするところが多いようです。
一つ勉強になりました。

まあ、とにかく、5日は“松の内”です。
まだまだ正月気分でいいんです。
ということで・・・・・
次回放送の「ぷっ」すまも、正月の雰囲気を醸し出して進んでいきます。
こたつに入って、鍋をつついて、お酒もちょっとだけ入って・・・・・
いろんな話をして、いくつかゲームをして・・・・・
まったり、のんびりな感じです。
いうなれば、友達が集まってワイワイ?っていうか・・・・・もうちょっと濃い感じかな?
親戚が集まってワイワイガヤガヤ?・・・・・そこまで濃くないかも?
とにかく、「ぷっ」すまらしい空気感が漂っています。
是非、テレビの前で、の~んびりご覧頂くと、心地いいと思います。

そうそう、彅スケは久しぶりに羽織、袴で登場します。
昔、昔のお正月スペシャル以来かもです。
そして、熊の助も、一応、和装?なんですけど・・・・・です。

  • mixiチェック

「2017」

投稿日:2017年12月23日 01:20

箱根の小旅行から始まった、2017年の「ぷっ」すま。
サービスエリアで偶然?出会った江頭さんの、“大川興業へのお誘い”・・・・・
「「ぷっ」すまは変わらず、“何でも有り”な感じで続けられるんだ!」と実感したのを覚えています。

2017年に新しく始まった企画・・・・・
「アイツどーした芸人」とか「ココって何屋さん」は、またやりそうですよね。
「クールファイブ」は、来年の夏もやるかなぁ?
「ファミコン大好き王」や「クイズ部」は、熊の助的にも、まだまだやって欲しいなぁ。
本当に、いろんなことをやりましたが、そんな中での、熊の助の3大ニュースです。

1つ目は、「アイドルダンス部」での、あの“涙”かな。
楽しいはずのダンスが、まさか、あれ程苦しいモノになってしまうなんて。
これまでも、部員の皆さんの大変さは理解しているつもりでした。
でも、そこまでプレッシャーになるなんて。
でも、チームワークもあって、負けずに乗り越えられた。
ハンバーグ師匠の“涙”は、傍で見ているだけの熊の助も感動してしまいました。
そして、ついこの間。
続編のような感じで、亮さんの“涙”とハンバーグ師匠の“涙”のダブルがありました。
まさにドキュメンタリーですよね。
来年も、この企画、楽しみです。

2つ目は、節目の900回。
事前に何も知らずに収録に行って、「今日はなんだか取材の人が多いなぁ!」って思っていたら、
テレビ雑誌の取材でした。
後日、記事を見たら、たくさんのページを割いて頂いて、本当にありがとうございました。
ザ・テレビジョンさんは、熊の助のコメントまで載せて頂きました。
しかも、この節目のちょっと前には、放送20年目に突入していたのに・・・・・
な~んにも気に掛けず、放送でもほとんど触れず、でした。
まあ、これが「ぷっ」すま流。
どれだけ続いているのかではなく、「面白いと思ってもらえる番組を毎週お届けしたい!」です。
そうそう、節目と言えば・・・・・
奇しくも、熊の助の誕生日が収録日と重なって、スタッフにお祝いをしてもらいました。
こんな節目も初めてだったので・・・・・うれしかったなぁ!

そして最後の3つ目。
楽しく2017年は始まったけど・・・・・
春、年度の変わり目でちょっと心配して・・・・・
秋に、また、心配して・・・・・
何か不安になって・・・・・モヤモヤして・・・・・
でも、結局、安堵できたこと。
楽しんで収録して、「ぷっ」すまを、毎週、放送できたこと。
これが1番です。

では、皆さん、良い年をお迎えくださいませ。
(と言っても、次回のこの日記の更新は、12月30日土曜日の予定です)

  • mixiチェック

「きのうで終わりでした。」

投稿日:2017年12月16日 01:20

昨日の放送で、2017年の「ぷっ」すまの放送は終わりでした。
(地域によって違うかもしれませんが・・・・・)
今年は、ちょっと早かったです。
曜日の関係ですので仕方ありません。
29日が12月最後の金曜日ですもんね。

ということは・・・・・
12月31日が日曜日です。
週末のニュース担当の熊の助は、大晦日まで仕事になりそうです。
その勢いで、年始の元日もニュースかもしれません。
(まだ、決まっていませんが・・・・・)
まあ、仕事で年を締めて、新しい年を仕事で始められるのは、ある意味、ありがたい!
そう思って、納得します。

今年の初めの日記に、何となくの目標を書きました。
「“現状維持”。でも、本当は“緩やかでも右肩上がり”になれば嬉しい!」っていう目標でした。
志しが低めではありましたが・・・・・
そのおかげもあって、なんとか達成したような気がします。
仕事も、私生活も、ほぼ“現状維持”だと思います。
そんな中、2月からAbemaTVで番組が始まりました。
今は「芸能義塾大学」という名前の番組ですが、そこで司会をさせてもらっています。
(6月までは「業界裏教科書」という名前でしたが、内容はほとんど一緒です)
なので、仕事が“ちょっと右肩上がり”なのかなって思っています。

ただ、体重も“少し右肩上がり”になってしまいました。
こちらは大いに反省です。
これ以上“上がって”しまうと、ダメです。
原因は分かっています。
夏から、アイスクリームを食べ過ぎているんです。
コンビニに行くと、毎回必ず買って、アイスクリームが冷蔵庫に必ず入っている状態なんです。
しかも、その夏前から、ほとんどウォーキング、いや散歩をしなかった。
どんどん、体が重くなっているのは、うすうす実感していました。
こちらは、来年は“右下がり”にしようと、今、心に誓っています。

そして、来年の目標ですが・・・・・
やっぱり「“現状維持”!さらに、できれば“緩やかな右肩上がり”!」にします。
今年は、特に、現状維持を、不安に思い、心配もし、そして、その大変さを実感しました。
なので、来年もこの目標を達成できれば満足ですし、達成できるように自分なりに頑張ります。

さて、次回の日記は・・・・・
年末恒例の、「2017熊の助「ぷっ」すま3大ニュース」を書きます。
番組はありませんが、HPに遊びに来てくださいね。

  • mixiチェック

「興味を持て!」

投稿日:2017年12月09日 01:20

次回放送は、「クイズ部」の後編です。
ここまで、眞鍋さんがちょっと置いていかれている感じはありますが・・・・・
まだまだ、これからです。
一波乱も二波乱も起こります。

クイズ番組は、もちろん、誰が優勝するのか?どちらのチームが勝つのか?が気になります。
ただ、自分が小さい頃にクイズ番組を好きで見ていたのは・・・・・
出される問題に興味があったところもあります。
自分の知識を試す感じでした。
テレビを見ながら、早く答えられると、非常に嬉しかった覚えがあります。
間違えたり、知らなかったりすると、問題と答えを覚えておいて、次に役立てていました。
次といっても・・・・・
特には思いつきませんが・・・・・
まあ、他のクイズ番組だったり、飲みの席での雑学だったり、かな?
学校の勉強に直接繋がるということはありませんでしたけど。
物知り的な知識が増えていく感じが好きでした。

その意味でも・・・・・
「ぷっ」すまクイズ部の問題は、それぞれの得意分野、好きな分野から出題されます。
だから、熊の助の知らないコトもたくさん出て来て、非常に興味深かったのは確かです。
問題を作るのも非常に大変だったようです。

ただ、あまりにも出題される問題の分野が狭いものですから・・・・・
ピンポイントみたいな分野もありましたから・・・・・
そのいくつかに、熊の助は興味を示せなかったのです。
リハーサルの時です。
“私はこの分野に全く興味が無いんだよなぁ”的な雰囲気を出してしまっていたみたいです。
ディレクターのT君に怒られました。
「大熊さんは、興味の無いことに冷たすぎる!」って。
的を射ています。その通りです。
そして、ありがたいです。
ちょっと反省して、本番に臨みました。

さて勝負ですが・・・・・
「ぷっ」すまクイズ部は、バラエティー番組の中のクイズですから、いろいろと趣向?があります。
途中から得点が倍になったりするかも?
さらに、優勝できる可能性のある人を増やすために、3倍になったりするかも?
果たして、誰が優勝したんでしょうか?
お楽しみに!

  • mixiチェック

「クイズって楽しい!」

投稿日:2017年12月02日 01:20

次回は、新企画です。
昨日までお届けしていた「アイドルダンス部」に続いて、またまた部活動が発足しました。
「クイズ部」です。
これまでも「ぷっ」すまでは、ちょこちょこクイズらしきことはやっていました。
でも、全編クイズというのは初めてだと思います。
思う存分クイズを楽しんだら、どうなるんだろう?
で、やってみました。

ただし、そこは「ぷっ」すま・・・・・
学力や知識だけじゃない、一筋縄ではいかないクイズになりました。
「ぷっ」すまクイズ部は、それぞれの得意分野、好きなコトから問題を作ります。
本人が答えればその得点がもらえ、他の人が答えると倍の得点が入ります。
なにかちょっと複雑に感じるかもしれませんが、いたって単純です。
見て頂ければ、分かります。

熊の助は、アナウンサーになってやりたい仕事の1つが、クイズ番組でした。
この話は、数年前この日記に書いた覚えがあります。
深夜の「スピードキング」という番組を、およそ1年やらせてもらった時に、嬉しくて、書いたはず。
その番組が終わって、数えてみたら・・・・・
5年ぶりです。
またまた、クイズをやらせてもらえるなんて・・・・・
「ぷっ」すまに感謝です。
いろんな企画があるので・・・・・
もうこんな仕事はできないだろうなぁ、っていう事が、できちゃうんです。ありがたいです。
さらに、「ぷっ」すまクイズ部では、問題まで読ませて頂けました。
「スピードキング」では、問題を読む人は違ったので、ますます、やりたかった理想に近づきました。

ただ、クイズって、用意が大変なんです。
一番は、問題の作成でしょうかね。
まず、どのくらいのレベルの問題にするのか?
そして、問題や答えが、本当に合っているのかしっかり裏付けもしなくてはいけません。
また、問題文もしっかり練らないと、答えやすかったり、答えにくかったりするんです。
少し意地悪くするなら・・・・・
「○○するのは・・・××です・・が、では△△は何?」みたいにもできるのです。
そんなニュアンスまでも考えないといけないのです。

いろんな大変があるので、熊の助の希望としては、問題文を早めに読み込んでおきたいのです。
ただ、クイズ部は発足したばかり。
全体的に、ちょっとバタバタしているかもしれません。
まあ、その辺はご容赦願って・・・・・
とにかく、楽しくなりましたので、見て下さい!

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ①歌セット
  • ファミコン
  • ダイラタンシ―現象
  • ②ハロウィーン
フォトギャラリーを詳しく見る≫