2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「欠乏症」

投稿日:2017年07月29日 01:20

「ぷっ」すまは、あと次週だけお休みです。
やっぱり3週は長いですねぇ。
っていうか・・・・・
3週無いということは、実質的には、1か月無いってことなんですもんね。
あと少しの辛抱です。

実は、この休みの関係もあり、ロケも間があいていたのです。
定期的に会っている人達、彅スケやスタッフ達と、こんなに長い間会えないのはたぶん初めてです。
ちょっと、“「ぷっ」すま欠乏症”に陥っている感じでした。
ビタミン欠乏症みたいな感じ?

いやいや、ビタミンは、本当に欠乏すると病気になります。
ビタミンAが足りないと目の病気になります。
B1は脚気(かっけ)、B2は口内炎ができたりします。
ビタミンDが欠乏すると骨の異常が出て、Eは貧血の症状が出るようです。
本当に、バランスよく食事をとらないといけません。

そこまでではありませんが・・・・・
「ぷっ」すま欠乏症も、体にちょっとだけ悪い影響が出るような気がします。
生活から笑いが足りなくなりますよね。
ワクワクするような楽しみが足りなくなります。
そして、一番は、何となく寂しいんです。
だから、欠乏し過ぎると、心に穴が開いてきてしまうのではないかと心配しています。
ただ、逆に、毎日あると、それはそれで、少しうっとおしいのかもしれませんが・・・・・

2週間に一度会ってロケ。
そして、1週間に一度の放送。
このリズムが長い間続いていると、慣れてしまうんでしょうかね。心地いいんですよね。

人って本当に勝手です。
「無いと、寂しい!」って言い。
「あり過ぎると、大変だ!」と言い。
ほどほどの、ちょうど良さを求めてしまいます。
でも、そのちょうど良いっていうのが、一番難しいんですよね。
周りのいろんな状況が、ちょうどよくさせてくれません。

ここまでは、熊の助の立場での考えです。
スタッフ達は・・・・・
この3週間は、忙しい日常から、ほんの少しだけ解放されたのかもしれません。
休める時は休みましょう。
また、絶対、忙しくなるからね。

  • mixiチェック

「猫2017」

投稿日:2017年07月22日 01:20

「ぷっ」すまは、3週連続休みの真っ只中です。
なので、この日記も、焦点が何となくぼやけた感じで、すみません。
今週は、久しぶりに、「猫ギャラリー」にします。
猫好きの熊の助が、街で見かけた猫を携帯で撮影した写真を、皆さんに披露する企画です。

前回が、2015年のこの時期でした。
その前は、2013年の、やはりこの時期。
ほぼ2年ごとの開催で、3回目です。
2年の間に、たくさんの猫には出会っているのですが、なかなか上手く写真が撮れません。
携帯を用意しているうちに、こちらの殺気で逃げられてしまうことが、ほとんどです。
データフォルダーにはあまり貯まっていないんですが、この機会に公開します。

まず、ちょっと前なんですが・・・・・
暑い日夕方前に散歩している時に見つけました。
猫2017①少し歩いても汗だくになるくらい、日なたは本当に暑い日でした。
猫たちは、日影の、それも、下がひんやりしてそうな素材でできた階段に寝そべっていました。
2匹が、上下の段に並んでいるのが、なんとも言えず微笑ましい!
この2年間で、一番の傑作かな。

次は、写真は良くないのですが・・・・・
猫2017②広場に寝そべっている三毛猫の表情が、思い出深いんです。
写真を撮った私は、ベンチに座っていました。
この猫、私にガンを付けるみたいに、ずっと見つめてくるんです。
写真を撮ろうと私がゴソゴソ動いても、逃げようともしません。
で・・・・・このカメラ目線の写真です。
奥に、プラスチックのごみが写って、構図もダメダメなんですが、記憶に残っています。

最後は、生きていません。
猫2017③(招き猫)山梨県の甲府に行った時に、買いました。甲府は水晶が有名なんですよ。
でも、甲府の水晶は天然記念物なので、今は取ったり売ったりできないんだそうです。
だから、海外産のピンク水晶だそうです。
挙げている手で、招くものが違うことをあとから知りました。
これ左手を挙げていますので、“人を招く”んです。
時々拝んでいますが、“人を招く”って、なかなかそのご利益が分からないんですよね。
本当は・・・・・
右手を挙げた“金を招く”方を買うべきでした。

  • mixiチェック

「35年も働いてくれて・・・・・」

投稿日:2017年07月15日 01:20

今年もこの季節がやって来ました。
夏ってことではありません。
テレビ朝日で、ゴルフや水泳を中継する季節です。
なので・・・・・「ぷっ」すまは休止になります。
しかも、今年は、3週連続で休みです(地域によっては違うかもしれませんけど)。
まあ、1週おきとかよりは、ドカンと一気にない方がいいのかもしれませんけど・・・・・
すみません。

ということで、この日記も、これから3回は、番組の企画にとらわれずに書けます。
でも、それが・・・・・
逆に、難しい。
とっかかりがないと、何を書いていいのやら?になってしまいます。

そうそう、洗濯機が壊れちゃいました。
ずーっと以前にこの日記で紹介した、今では滅多に見ない2層式の洗濯機です。

洗濯機①向かって左が洗濯層で、右が脱水層です。
その脱水層が動かなくなりました。

ずーっと調子が悪くて、なかなか回り始めませんでした。
それでも、ちょっと揺らしたり、一度手で回したりして刺激を与えると、頑張ってくれていました。
面白いもので、一度回り出すと、ちゃんと仕事をしてくれていました。
でも、限界が来ました。
何をしても、動き始めなくなったのです。

大学に通うために東京に出てきた時に、アパートの近くの電気屋さんで買ってもらった洗濯機です。
母の見立てでした。
あの頃の学生には贅沢品だったかもしれませんが、あった方が便利だと、買ってくれました。
最初のアパートでは、外の廊下に置いていました。
あれから、なんと35年です。
引っ越すたびに買い替えようと思いながらも、まだ動くので大丈夫!と持ち続けました。
本当によく働いてくれたと思います。
ありがとうございました。
なんか別れがたくて、たくさん写真を撮っちゃいました。

洗濯機②
2層式って、洗濯しながら脱水もできるので、何度も洗濯しなくてはいけない時に便利だったんです。
洗って、それを脱水している時に、横で新たな洗濯ができる。
脱水したのを干している時に、新たな洗濯物を脱水できる。
時短には優れた商品だったのです。

でも、今、電気屋さんには2層式は売っていませんでした。
新しくうちに来たヤツは、もちろん一層式です。
どのくらい活躍してくれるのかな?
愛情を持って接します。

  • mixiチェック

「いろいろ歌えます!」

投稿日:2017年07月08日 01:20

次回放送は、「草彅剛とクールファイブ」という企画です。
タイトルだけでは、何のこっちゃ?ですよね。
クール(COOL)=冷たい。
そのあたりで察して下さいませ。
あとは見てのお楽しみです。

そもそも、クールファイブって言っても、若い人には、???ですよね。
昔、“内山田洋とクール・ファイブ”という、大人気の歌謡グループがあったんですよ。
昭和の時代ですね。
メインボーカルが前川清さんで、たくさんのヒット曲を生み出しました。
リーダーの内山田さんが亡くなって、その後、前川清&クール・ファイブとしても活躍されてます。
そんな有名グループの名前をもじった感じで、企画のタイトルを決めたようです。
熊の助は、このタイトルだけを見て、なんか面白そう!って直感してしました。
その通りに、収録は楽しく進みましたので、期待して下さい。

折角の、素晴らしいネーミングなのに・・・・・
若いディレクターとかは、
「実は、クールファイブって、あんまり知らないんですよね!」
って言ってきます。
昭和歌謡ど真ん中、いや昭和歌謡後期の熊の助は、そんな言葉に残念な感じになりました。
いっぱいヒット曲があるのに・・・・・
毎年といっていいほど紅白に出ていたのに・・・・・
そうそう、萩本欽一さん、欽ちゃんの番組にも出て、コメディーしていたのに・・・・・
もう、みんな、あんまり知らないんだね。

「どんな曲を歌っていたんですか?」
「一つも知らないの?」と逆に質問返し。
“長崎は今日も雨だった”とか“東京砂漠”とか“中の島ブルース”とか“そして、神戸”とか。
熊の助は、次々、題名が出てきます。
そして、出だしの部分やサビの部分は、しっかりと歌えます。
だから、歌ってあげました。
すると・・・・・
「ああ、聞いたことあります」って。
まあ、世代の違いなので仕方ありませんが・・・・・
でも、ちょっと寂しい気もしました。

昭和の時代のヒット歌謡曲って、みんなが、歌えたんですよね。
いい歌が多かった気がします。
でも、逆に、最近のいい歌を、熊の助は覚えられません。

  • mixiチェック

「チェッカーフラッグ」

投稿日:2017年07月01日 01:20

次回放送は、「多摩美術大学に入ろう!」の後編です。
まだまだ、いろいろな場所を回らせてもらいました。
フィナーレは「プロダクトデザイン」です。
訳すと・・・・・「製品デザイン」。
お店で売っているモノのデザインということですが、デザインするだけじゃないんです。
アピールや説明もしっかりできなくてはいけない。
そんな授業にも参加させてもらいました。お楽しみに。

この企画でのユースケさんの衣装、素敵ですよね。
スモック風で、芸術家っぽい感じです。(実はオープニングでもそんな話をしていました)
そして、熊の助も、一応・・・・・
美術大学に行くということで、衣装を考えました。(「ぷっ」すまのロケは、毎回、自前の服なんです)
「デザイン性の高い感じの服がいいのかなぁ」ということで・・・・・

多摩美大チェッカーフラッグ柄にしてみました。
普段だと、なかなか着られないんですが、今回、頑張ってみました。
白と黒だけなのに、派手ですよね。
白黒の正方形(または長方形)を市松模様に交互に配置しただけなのに、目立ちます。
これも、デザインの凄さなのかもしれません。

気になったので、調べてみると(インターネット情報ですが)・・・・・
チェッカーフラッグとは、カーレースで終了を示すためにフィニッシュラインで振られる旗。
「チェッカーフラッグを受ける」と言えば、世界各国共通で“勝者”を意味します。
その起源は諸説あるようですが・・・・・
アメリカの開拓史時代、多くの人を集めた催しで食事の合図に使われたテーブルクロスだったという話。
競馬に熱中する人たちに、食事の支度ができたことを知らせる必要がありました。
そのため、目立つ布を振ることを考えて、使ったのがテーブルクロス。
そのテーブルクロスの柄が、市松模様だったというんです。
なんか、面白いですね。

上にも書きましたが、日本で言えば“市松模様”。
東京オリンピックのロゴマークにも使われています。
じゃあ、なぜ“市松”模様というのか(これもインターネット情報ですが)・・・・・
江戸時代の歌舞伎役者、初代・佐野川市松の名前から来ているそうです。
舞台で白と紺の交互模様の袴を履いて人気を博し、それが絵画にもなり、巷で流行したんだそうです。
そこから、こういう模様を、市松模様というようになったそうです。
その昔は石畳模様とか言われていたようです。
なんと、古墳時代の埴輪や、法隆寺正倉院の宝物にも、この模様が見られるんですって。
はからずも・・・・・
この日記を書くために、ちょっと美術の勉強をしちゃいました。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ②新玉ねぎのステーキ
  • 千葉の海
  • 明石焼き
  • ②イワシ料理専門店
フォトギャラリーを詳しく見る≫