2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“パーティー”って言われると・・・・・」

投稿日:2017年05月27日 01:20

パーティーって、なんか、気後れします。
堅苦しい感じもしてしまいます。
特に、規模が大きくて立食だったりすると、会場のどこにいればいいのやらと、ウロウロ。
ましてや、知らない人ばかりだと、どう挨拶すればいいのやらと、困ります。
だから・・・・・
「なるべくなら行きたくないなぁ」ってなっちゃいます。

そもそも、パーティー(party)を英和辞書で調べると・・・・・
最初に、「会」とか「集まり」と出てきます。
そう考えると、あまり意識しなくてもいいのかもしれません。
ただ、“パーティー”と“会”の間には、大きな隔たりがあるんです。
バースデーパーティーと誕生日会。
結婚披露パーティーと二次会。
なんか、違います。
パーティーだと・・・・・
「タキシードを用意した方がいいのかな?最低でもスーツだよな!」
「しゃれたプレゼントを持って行かないとダメかも?」
だから・・・・・
「できるなら行きたくないなぁ」になります。

これは、“パーティー”というモノが、ずーっと身近に無かったからだと思います。
飲み会、食事会だったら、なんの問題もありません。
それが、パーティーという言葉が付いてしまうと、変に構えてしまいます。
っていうか・・・・・横文字が苦手なのかも?

さて、次回放送は新企画「ホムパ選手権」を開催します。
“ホムパ”って?
ホームパーティーの略です。
ホームパーティーって・・・・・熊の助は、パーティー以上に経験したことがありません。
おしゃれ過ぎませんか?
―広いリビングがあって、そこに、セレブな人たちが集まってる?
―ワインやシャンパンが用意され、ちょっとつまめるオードブルが並んでいる?
―メインは、豪華な肉や魚が運ばれてくる?
遠い世界というイメージです。

でも・・・・・
「ぷっ」すまの“ホムパ”は全然違いました。
料理上手な芸人の方の普通の家にお邪魔して、節約料理をおもてなしされるという“ホムパ”です。
こういった感じも、“ホムパ”なんですよね。
グンとハードルが下がりました。
そして、とても楽しかったです。

  • mixiチェック

「粉モノの話」

投稿日:2017年05月20日 01:20

お好み焼きとか、たこ焼きに代表される粉モノ。(関西では“粉もん”かな)
その他、ネギ焼き、イカ焼き、はし巻きなんていうのもあります。
とん平焼き・・・・・これは小麦粉を使わず、卵だけみたいです。
甘いモノ系だと、大判焼きもそうだし、屋台のベビーカステラなんていうのも入ってくるのかな。
とにかく、美味しいものばかりです。
この日記では、以前にも、熊の助は粉モノが大好きってことを何度も書いています。
似たような話になるかもしれませんが、お許し下さい。

次回は「タレントグルメ」です。
芸能人の方が出しているお店に行って、設定金額にはまるように料理を注文して食べるヤツです。
今回お邪魔したのは、六本木にある鉄板焼き屋さん。
肉などもあるんですが、お好み焼きもメインなんです。
どんな芸能人の方がやっているのかは、見てのお楽しみ!
その店で、彅スケやゲストの塚地さんや紅蘭さんがお好み焼きを美味しそうに食べていました。
それを横で見ていたので・・・・・

熊の助の家にはたこ焼き用の鉄板があって、時々自分で作るコト。
お好み焼きは広島風が好きで、自分でも、薄い生地にキャベツやそばを積み上げて作っているコト。
こんな話はすでに書いていると思います。
なので・・・・・
今回は“明石焼き”です。

明石焼きは、正式には玉子焼きって言うそうです。
玉子を焼いたのと区別するために、明石焼きと言われるようになったとか。
兵庫県明石の料理で、名産のたこが入った、フワフワ食感の食べ物です。
出汁と玉子で小麦粉を溶いて、大きめのタコを入れて焼いたモノを、出汁に浸して食べます。
たこ焼きの基になったとも言われています。
皆さんは、食べたことありますか?
最近は、関西以外でも食べられますもんね。

実は、近所に、明石焼きが食べられる店があるんです。
数年前、この店があることに気づきました。
粉モノ好きとしては、入っちゃいました。
熱々の明石焼き。
それを、熱々の出汁に浸して、ハフハフ、フホフホ言いながら食べます。
明石焼き
火傷しそうなのがたまりません。
そして、これが、また、ビールや焼酎に合うんですよねぇ。
しかも、この店、明石焼きだけでなく、たこ焼きや焼きそばもあります。
さらに、野菜炒めやおでん、梅きゅうといった肴も揃っているんです。
だから・・・・・
実は、この店には焼酎のボトルキープをしています。

  • mixiチェック

「ライフプランって?」

投稿日:2017年05月13日 01:20

50歳を超えて・・・・・
会社で「ライフプランセミナー」なる講義を受けました。
任意なので受けなくてもいいのですが、希望者を募っていたので、試しに出ちゃいました。
年金の話とか、老後の蓄えの話とか、病院でいくらかかるだとか。
メインはお金についてでした。

これまで漠然としか考えていなかったので・・・・・
「1カ月、いくらぐらいで生活しないといけなくなる!」って具体的に言われると、近い話になります。
やっぱり、蓄えは大切のようです。
お金は、無いよりはあった方がいいのは当然です。

さて、次回は「結婚っていいでしょグランプリ」です。
これまで、“ウチの嫁いいでしょ”とか“ウチの家族いいでしょ”とかやってきました。
そんな一連の企画と同じ感じです。
芸能人のお宅にお邪魔して、“いいでしょ”って自慢してもらいます。
ただ、今回行ったのがは結婚1年の新婚さんのお宅なので、“結婚っていいでしょ”になったようです。

アツアツかと思いきや・・・・・
ちょっと不思議な関係性でした。
ご主人は、流れ星の瀧上さんで、奥様は元芸能人の方です。
この奥様が、ちょっと?ぶっ飛んでまして、話が、どんどん思わぬ方向に行っちゃいます。
どこまで放送できるのか?
熊の助も楽しみにしています。

話の内容も凄いんですが、お宅も凄かったです。
瀧上さんは、都内に、一軒家を購入されたんです。
3階建てで、部屋数もかなりあります。
いくらぐらいするんだろう?
相方のちゅうえいさんも今回初めて訪れたそうで、本当にビックリしていました。
同じように働いても、違いが出てくるなんて。
しっかり貯めると、こんなビッグなことができるんですね。
いろんな所で驚くロケでした。

さて、話は、セミナーに戻ります。
お金だけでなく、変化する生活についての話もありました。
まだ仕事をするのか?趣味に生きるのか?人の役に立つのか?
考えておかないと、時間を持て余すそうです。
なんか心配です。

こちらに関しても、熊の助は漠然としか考えていませんでしたので、身につまされました。
っていうか、希望的観測でしか考えていませんでした。
ずーっと「ぷっ」すまが続いて、ずーっとロケしているイメージしか持っていないんですよね。
アナウンサーとして仕事を続けたいという希望が叶ってるイメージしか抱いてないんですよね。
これじゃ、ダメですか?

  • mixiチェック

「記録用か?見せる用か?」

投稿日:2017年05月06日 01:20

先月4月に放送されたコトの話から入ってすみません。
剛力彩芽さんがゲストで、水族館へ行って、クルーザーに乗った時に思ったんですが・・・・・
写真って、工夫すると面白いモノが撮れるんですよねぇ。
あの時は、イルカを飲んだり、アザラシに乗ったりしました。
遠近感を利用して、写真撮影が遊びの時間になるんだなぁって、改めて感じました。

一方・・・・・
熊の助の写真は、大体、どれを見てもみ~んな同じ感じです。
景色や建物に前に、突っ立っているだけです。
動きはほとんどありません。
自撮りでも、仲間と一緒でも、突っ立っています。
しかも表情がワンパターンの笑顔。
「ハイ、チーズ!」と言われた時に反射的に出てくる表情です。
無理やり作っているのが丸分かりで、残念な笑顔です。
自然な感じの写真は、1枚もありません。

もっとイキイキとした写真は撮れないものか?
考えました。
そして、その答えを出してみました。
熊の助の写真は・・・・・
たぶん、記録用なんです。
どこどこへ行った、こんなものを見っていうのを、証拠として残したいだけ。
その写真を、人に見てもらおうという気持ちは微塵もないんです。
だから、つまらない写真しか残っていないんだと思いました。
最近の人は、人に見てもらうことを前提に写真を撮ることが多いですもんね。
携帯・スマホ世代は、それが当たり前なのかもしれません。
撮って、載せて、見てもらって、褒められて。
写真を撮る行為の根本的な部分が、記録用の熊の助とは全く違うんです。
これが答えです。
だから、つまらない写真なんです。
でも・・・・・
その根本的な部分を変えるっていうのは、かなり難しそうです。

さて、次回は「くすぶりアイドル 勝手にプロフィール!」という新企画です。
イマイチブレイクしないアイドルのお宅に押しかけます。
そこで、彅スケと、ゲストのスピードワゴン井戸田潤さんが、新しいプロフィールを作ってあげます。
まあ、ちょっとプロデュース的なことをしてあげようというコトです。

そこで、写真を撮ってあげることになりました。
カメラマンは主に草彅さんです。
さすがでした。
表情を作るために、どんなシチュエーションなのかをしっかり伝えるのが、さすがなんです。
被写体の表情が全然違ってくるから・・・・・不思議です。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ②イワシ料理専門店
  • 野菜
  • しながわ水族館で
  • ①八王子からの富士山
フォトギャラリーを詳しく見る≫