2016年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「アルペジオ♪」

投稿日:2016年05月14日 01:20

神田外語大学、いかがですか?
次回放送は「大学に入ろう!」の後半です。
グラウンドで体をいっぱい動かしちゃいます。
そして、あの人が、8メートルの高さにある丸太渡りに挑んじゃいます。
見どころいっぱいです。お楽しみに。

さて、またまた「ギターマンへの道」が始まりましたねぇ。
今回は、“アルペジオ”に挑戦していくみたいです。
“アルペジオ”って分かりますか?
コードを押さえて、ジャンジャンかき鳴らすのではなく、弦を1本1本指で弾いて音を出すコトです。
調べてみると・・・・・
本来は、和音の音を、1音ずつ低い音から順番に弾いていくことのようです。
ただ、日本では、順番に弾かなくても、弦を1本ずつ弾くこと全般を言うとも書いてありました。
まあ、和音をばらして、1音1音弾くのがアルペジオってことです。

複数の弦を同時に鳴らすストローク奏法の方がギターっぽいかも知れません。
でも、加えてアルペジオができると、演奏に深みが出て、表現に幅が出るようです。
いろんな演奏方法をマスターすることで、さらに上に行けるんです。
「だから、草彅さんにもアルペジオをマスターして欲しい!」
そんなスタッフの思いが、またまた企画になったんだと思います。
しばらく毎回放送されるようなので、こちらのコーナーも楽しみにして下さい。

話変わって・・・・・
熊の助は、朝の連続ドラマ「あ○ちゃん」にはまっていました。(他局の話ですみません)
主人公が歌う、実はお母さんが歌っていた「潮騒の○モリー」という曲、インパクトありました。
なんか心に残るというか、胸を掴まれるというか。
曲調も、昭和の歌謡曲的な感じで親しみやすいのですが、その歌詞に引き込まれました。
じっくり聞くと、ちょっと支離滅裂なんですが・・・・・
最後の方に、「Aマイナーのアルペジオ~♪優しく~♪」ってあるんですよね。
特にその部分が、妙に突き刺さったのです。

“アルペジオ”って言葉は、いろんな曲の歌詞にも登場しています。
それだけ、何かを持っている言葉、引っかかる言葉、力のある言葉なのかも知れないなって思います。
“アルペジオ”っていう音の響き、日本語にはない感じだけど、それでも近い気もする。
漠然とした感想で申し訳ないのですが・・・・・
特に、ギターをかじったことのある人には、懐かしく、切なく感じる言葉でもあります。
―結局上達しなかったギター
―憧れの曲にたどり着けなかったギター
―自分で曲を作ってみたギター
そこには“アルペジオ”があったんです。
だから、是非、草彅さんにはアルペジオをマスターしてもらいたい。
そして、優し~く♪歌って欲しいと思っています。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 夜桜
  • 2016チョコレート①
  • アヒージョ4種
  • ブリ
フォトギャラリーを詳しく見る≫