2014年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「ちょっと下のちょっと下」

投稿日:2014年10月25日 01:20

ご飯がおいしい季節がやって来ました。
ご飯っていっても・・・・・ライスのことです。
新米は、やっぱり違います。
しかも、今年は少し値段が安いんですよね。
いろいろ嬉しいです。

炊き上がった新米は、光り具合が秋を感じさせてくれます。
一粒一粒のふっくら加減は最高です。
湯気の香りもふくよかです。
家のは少し古い炊飯器ではあるんですが・・・・・
格別に美味しいです。

熊の助は、普段から水加減を少なくして、硬めに炊くのが好みです。
だから、炊飯器の内釜に引いてある線より、ちょっと下に水をセットします。
この“ちょっと”が、ご飯の硬さに微妙に影響してくるのです。
かなり神経を使います。
この水加減・・・・・
新米になると、さらに難しくなります。
いつも通りだと、絶対にベタベタした残念な感じになってしまいます。
だから、引いてある線の、ちょっと下の、さらにちょっと下に水をセットしなくてはいけません。
2合だったら、その線のちょっとちょっと下。
1合の線との真ん中の、ちょっと上になります。
この微妙な水面の位置が、美味しさを左右するんです。
釜を覗き込んで、目を凝らして・・・・・
正に真剣勝負です。

さて、次回は「旦那様のココ①好きな手料理当てましょう」です。
クワバタオハラの小原さんとマック鈴木さんご夫妻が登場します。
旦那様の鈴木さんは、ご飯は、超硬めがお好みだそうです。
“あれ”を炊き込んだご飯も登場します。
お楽しみに。

熊の助は、白いご飯も大好きですが、炊き込みご飯も大好きです。
以前もこの日記に書きましたが、豆ごはん!最高です。
春は他にも、筍ごはんを炊きました。
そして、秋は、栗ごはんかな。
松茸ごはんになると高価なので、しめじと鮭で作ったりもします。
ただ、炊き込みご飯にすると・・・・・
またまた水加減が難しくなるんですよね。
最後の微妙なところは勘です。
したがって時に、当たり外れが・・・・・
まあまあ、味が付いてるので何とかいけます。

  • mixiチェック

「“勉強”したいけど・・・・・」

投稿日:2014年10月18日 01:20

この年になっても、いまだに“テスト”や“試験”の夢を見ます。
―勉強したはずなのに答えを1つも書けない
―勉強した教科ではない問題が配られる
―試験会場に遅れそうで走っているけど着かない
夢の中では、困って、焦っていることが多いです。
ドキドキして目が覚めます。

テストや試験を受けていたのは、もう何十年も昔の話。
そろそろ解放されてもいいと思うんですが・・・・・
年に数回は夢に出てきます。
「最近、頭を使っていないことへの警鐘なのかも」
「自分に甘くなって、勉強していないことへの戒めかも」
って思って、ハッっとします。
実際に夢診断を調べてみても、「努力不足への警告の意味合いの可能性もある」と書いてありました。
納得です。

最近、勉強してないもんなぁ!
色んな情報を入れたり、仕事で必要なことは調べたりしますが・・・・・
いわゆる“勉強”はしていません。
―教科書や参考書を机の上に広げて、線を引いて、覚える
―ノートに書き写して、要点をまとめる
―ノートも、左右のページをうまく使って、自分なりに分かりやすく作る
―そのノートをうまく活用できた時には、成績も悪くない
こんな感じの、中学、高校、浪人、大学時代にしていたような“勉強”。
本当にずーっとずーっとしていません。
思い返せば・・・・・
大変だったけど、満足感や充実感もあって、懐かしい。

“勉強”して資格でも取りましょうか?
でも・・・・・
今やれって言われても、もう“勉強”はできない気がするのです。
―絶対、気力が続かない
―暗記するなんて、脳が爆発してしまう
―要領よくやろうとして、失敗しそう
やる前から、弱気。というか、やる前から、言い訳ばかりです。
あの満足感や充実感を、また味わいたいとは思うんですけど、なかなか踏み出せません。

さて、次回は新企画の「知ってるつもりの芸人ディクショナリー」です。
ざっくり説明すると・・・・・
方向転換しようとしている芸人の方の悩みを、彅スケやゲストが聞いてアドバイスしようという企画。
話を伺うと、皆さん、いろいろ考えて、本当に頑張っていらっしゃいます。
あの芸人さんは、難しい資格を大変な勉強の末に取得して、仕事に役立てようとしていらっしゃいます。
でも、「その方向って、大丈夫なのかな?」
ロケは大いに盛り上がりました。お楽しみに。

  • mixiチェック

「串」

投稿日:2014年10月11日 01:20

「串」という字・・・・・
2つの四角いものを刺しています。
見るだけで、美味しそうな漢字です。

漢和辞典で調べてみると・・・・・
“2つのものを1本で貫いたさま”を表す象形文字なんだそうです。
つまり、串そのものではなく、“串に刺したもの全体”や“串を刺す動作”を意味する字です。
この字が、道具としての串を表すのは日本語特有だということのようです。
ちょっと固い話になってしまいました。すみません。

焼き鳥、串焼き、串揚げ、串カツ・・・・・
竹串を使う料理って、基本的に大好きです。
串に刺さなくても、同じような料理はできますが、刺したモノの方が美味しく感じます。
なぜなんでしょうね。
―しっかり1つにまとまっている感じがいいから
―箸を使わないでも、串を持って手で食べられるから

作る方からすれば、食材がバラバラにならなくて、焼きやすいとか揚げやすいっていう利点があります。
串カツで考えれば、肉と玉ネギとをいいバランスで配置できて、きれいに作ることができます。
ということで、買ってきちゃいました。
串カツ
熊の助は、とんかつよりも、串カツの方が好きです。
火の通った玉ネギの甘さが、肉のうまみと相まって、絶妙な味のハーモニーです。
これに、ソースをたっぷりめにかけると、ご飯に合います。
食べ過ぎちゃうんです。困ったもんです。

10年以上前に、一度、かなり本気でダイエットをしたことがありました。
散歩をしっかりして、食べ物にも気を遣っていました。
油モノをほとんど取らないようにもしました。揚げモノなんてもってのほか。
おかげで、一時期、体重が減りました。
でも、続かないんです。
美味しいものが食べたくなるのです。
美味しいものって油が関係しています。
体も油を欲するようなんです。
結局、すぐに、ほとんど元の食生活に戻ってしまいました。
今は、ほんの少しだけ気を遣っていますが、無理はしません。
だから、体重も戻ってしまいました。
根性が足りないんですよね。

さて、次回は「タレントグルメ」です。
X-GUNのさがねさんがやってるお店に行きました。
串揚げ屋さんです。
熊の助は、食べられませんでした。

  • mixiチェック

「ちょっと気色悪い?」

投稿日:2014年10月04日 11:54

モーニング娘。‘14のダンスを、繰り返し繰り返し見て、覚えました。
といっても・・・・・
熊の助が踊るわけではありません。
曲を覚えて、振りを覚えて、正確に踊れているのかをある程度判断できるようにしておくためです。
だから、右手なのか、左足からなのか、向きは右斜め、顔は横向きなどなど、しっかり確認します。
見ているうちに・・・・・
ついつい手振りをやってしまっている自分がいました。
自宅で、画面を見ながら、手を動かしたりして踊っている姿って・・・・・

仕事なんですから、仕方ありません。
次回の「ぷっ」すまは、新しい部活動「アイドルダンス部」です。
アイドルから直接ダンス指導を受けて、その後、正確に格好よく踊れるようになるのか?
彅スケとゲストのアンガールズ田中さん、狩野英孝さんの4人が、パートを分けて順番に挑戦します。
ワンコーラスを踊り切らないとクリアにはなりません。
失敗したら、最初からやり直し。
果たして、何度目で成功するのか?
エンドレスになってしまう可能性も。
だから、熊の助は、覚えておく必要があったのです。

覚えたのは、熊の助だけではありません。
AD君達はもっとしっかり覚えなくてはいけなかったのです。
体全体で踊れるようになるまで頑張りました。
それは、リハーサルのためです。
本番の前に、その日の流れや音楽のタイミング、カメラワークの確認をしなくてはいけません。
その時に、何となくでやってしまうと、本番に支障が出てしまいます。
彅スケやゲストの代役として、ある程度は踊れなくてはいけないのです。
かなり、練習したそうです。
AD君達、なかなか格好良かったです。
見ていた30代のディレクターが、「若い子は、みんな踊れるんだね」とつぶやいていました。
熊の助も、「若い人は踊りを覚えるのが早いなぁ」と思いました。

じゃあ、そんなには若くない、草彅さんやユースケさん、それにゲストの2人はどうなのか?
まあ、ダンスですから、草彅さんに不安はありません。
ユースケさんは・・・・・
モーニング娘。‘14ということで、やる気が半端ないんです。
こんなユースケさん見たことないっていうくらいの意気込みでした。
そして、ゲストの2人は・・・・・
ダンスは苦手と言いながら、練習が進むにつれて、どこか楽しそうなのです。
「ダンスって、いいかも!」
でも、やっぱり、自宅で一人でアイドルの踊りを踊ってるのって・・・・・気色悪いですよね。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 夕陽(三浦)
  • ギター
  • ②はりはり鍋
  • ③満開のさくら(毛利庭園)
フォトギャラリーを詳しく見る≫