2013年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「熊めし(ちくわの詰め物)」

投稿日:2013年05月25日 01:20

よく食卓にのぼる“熊めし”があります。
こちらです。
わさび漬け
ちくわに、あるモノを詰めただけなんですが、簡単で美味しいんですよ。
ご飯のお供にもなりますし、酒の肴としても重宝してます。
ちょっぴり鼻にツーンと来るのが癖になっているんです。

穴に詰めているのは・・・・・わさび漬けです。
東海道新幹線では、静岡名物として売りに来たりしてましたよね。(今は売りに来ないのかな?)
静岡だけでなく、わさびのできるところだったら長野、山梨なんかでも名物のようです。
調べてみると・・・・・
「わさびの茎や根を小さく切り、塩漬けして、熟成させた酒粕に和え、塩・砂糖などで味付けした漬物」
とあります。
そうなんです、あのほんのりお酒の香りがあるところに、ツーンと来るのがいいんです。
マッチングが絶妙だと思うんですよね。

実は、この味、小さい頃から好きだったんです。
時々お土産にもらうと、嬉しかった覚えがあります。
かまぼこに付けたりすると最高でした。
かなり大人びた味覚をしていたんですよね。

ただ、あの薄っぺらい桶のような入れ物、小サイズでもなかなか食べ切れなかった覚えがあります。
特に、一人では、半分くらい食べた頃に、味が落ちてしまうんですよね。
保存の仕方が悪いこともあったんでしょうが、結局、もったいないことになってました。
それが分かっているので・・・・・
食べたいんですけど、新幹線で売りに来ても、買うのを躊躇してました。

数年前、熱海で、自家製のわさび漬けを小分けで販売している店を見つけました。
「これだったら、食べ切れる!」
片手に載るくらいのほんの少量を買い求めると、これが美味しくて美味しくて。
「もっと食べた~い!」
となって、それ以来、機会あるごとに購入するようになりました。
今、冷蔵庫にはかなりの確率で入っています。
もちろん密閉容器に入れて長持ちさせるようにしています。

かまぼこもいいのですが、ちくわはどうだろう?
中に詰めてみたら・・・・・
量がちょうどいい感じなのです。
魚のすり身の味と、わさび漬けの味のバランスが、ピッタリ熊の助の好みに合いました。
それ以来・・・・・
夜な夜な、ちくわにわさび漬けを詰めている熊の助です。
(ちなみに写真のは、野沢菜の入ったわさび漬けです)

さて、次回放送は熊めしではなく、彼めしの続きです。
第2回の独り身女芸人の優勝者が、いよいよ決まります。
お楽しみに。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ドラマ「スペシャリスト」会見場
  • スカイツリー②
  • 桜②
  • ②お酒2本
フォトギャラリーを詳しく見る≫