2011年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「病は気から」

投稿日:2011年12月03日 00:00

熊の助はかなりの近眼です。
テレビにはコンタクトレンズで出ていますが、家では主にメガネを掛けています。
コンタクトやメガネが無いと、目の前以外は、ぼやけて何も見えません。
特に暗いところでは、怖いくらいです。
暗い夜道を、裸眼で歩くことなんて考えられません。
ある意味、死を意味するかもです。
しかも、最近、老眼にもなってきてしまい、手元の細かい字まで読みにくくなってきました。

そんなに悪いので、見えにくいことには慣れっこなのですが・・・・・
半年前くらいから、左目にどうも違和感があるのです。
右と左の距離感がおかしい感じ?
左が歪む?
左がかすむ?
左が濁ってほやける?
説明しにくいのですが、コンタクトやメガネで矯正しているにも関わらず、なんかおかしいのです。

「年齢も年齢だし、白内障かも?」
同年輩の人たちも何人か手術したって聞くし。
噂では“白内障はそんなに難しい手術ではない”という話なんですが・・・・・
熊の助は、生まれてこのかた、入院をしたこともなけれは、手術を受けたこともない人間なんです。
「初めて手術台にのることになるのか?ちょっと不安だな!」
「失敗することはないよな」
「会社休むことになるのかな?」
妄想だけがどんどん膨らんでしまいます。
そのうち、左の見え方が、どんどん悪くなっている気もしてきました。
「これは、一度、病院で検査を受けないとダメだな」と思ってから・・・・・1か月。

やっと病院で検査を受けました。
視力検査に始まって、光を当てたり、機械で覗いたり、薬を入れて写真を撮ったりしました。
薬が効くのを待ったりして、検査は、1時間以上かかりました。
「大熊さ〜ん、どうぞ」
検査の結果は・・・・・
「特に問題ないですね」(あれ!白内障ではないんですか?)
「ただ、左目の乱視が、かなり進んでいるようなので、メガネを作り直した方がいいですね」
あらまあ、早く病院に来ていればよかった。
というか、メガネ屋で測ってもらうくらいでもよかったのにね。

結果を聞いた後・・・・・
それまで感じていたと思っていた、目がかすんだり、濁ったりする感じが全くなくなりました。
妄想が膨らんで、自分で病気を作っていたのかも知れませんね。
違和感を感じたら、病院に行った方がいいみたいです。

P.S.
次回の放送は、「お抱えシェフ−1グランプリ」の後編です。
もはや芸人ではない腕前のお抱えシェフも登場します。
バルサミコって熱を入れると・・・・・むせます。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0276_2_1
  • 0_0270_3_1
  • 0_0262_2_1
  • 0_0248_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫