2008年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「目標2009」

投稿日:2008年12月30日 00:00

2009年へのカウントダウンが始まりましたね。
2008から1つ数字が増えるだけなのですが・・・・・何かが変わってくれるような気もします。
終わる寂しさと始まる期待。
両方の感情が入り混じった、年末独特の雰囲気ですね。

ただ、新しい年に大きな期待をしても・・・・・
なかなか希望通りには行かないものです。
なかなか変わらないものです。
そこで、熊の助、2009年の目標は、『現状維持』です。
2008年もこの目標を掲げましたが、引き続きです。
自分でも「正直、ハードルが低いのかな」とも思ってしまいます。
でも、これがなかなか難しいのです。

年齢を重ねると・・・・・
口のまわりも悪くなるし、
長いロケに耐えられる体力も落ちてくるし、
お酒も弱くなるし、
体重もちょっと油断するとすぐ増えるし、
後退しないように『現状維持』するのは大変なのです。

振り返って2008年は、目標通り『現状維持』出来たのか?
とりあえず、少なくとも週3日は1時間歩きました。
土曜、日曜は、朝一番から、なんとか口をまわして、ニュースを読みました。
腹8分目を心掛けて・・・・・11分目くらいまでで我慢しました?
楽しくお酒を飲みました?
「ぷっ」すまは・・・・・とにかく頑張りました?
「まあ、目標の60%は出来たかな」と・・・・・自分に甘い評価です。

2009年こそは、80%の達成は目指そうと思っています。
特に「ぷっ」すまでは、“頑張りました”だけではないようにしないとダメですね。

さて、その2009年の1発目の放送は「逆算フード刑事」です。
ゲストは、草彅さんの尊敬する大先輩東山紀之さんと、谷村美月さんです。
ゲスト2人の名刑事ぶりとナギスケの迷刑事ぶりの対決をお見逃しなく。
更に、熊の助の“頑張り”も、ちょっとだけ気にして下さいね。

さてさて、この日記を読んで下さった皆さん、1年間本当にどうもありがとうございました。
そして、佳い年をお迎え下さい。

  • mixiチェック

「3大ニュース・2008」

投稿日:2008年12月23日 00:00

「ぷっ」すまの放送は、1週お休みです。
次回放送は、年明けの1月6日になります。
ここ数年やってきた、“お正月のスペシャル”も今年は残念ながらありません。
熊の助もちょっと寂しい思いを抱きながら・・・・・せっせと、大掃除に勤しんでいる毎日です。
(スタッフは久しぶりに大いに休めるようなので、良かったんですけどね)

ということで、この1年を振り返ります。
今年は、年明け早々、スーパー人間ドックを受診した熊の助。
体に関する“事件”が多かった気がします。

3月、リハーサル中に、指に“大怪我”をしてしまいました。
硬く硬く凍ったアイスクリームを食べるゲームのリハーサル。
アイス大好きな熊の助が、自主的にリハに飛び入り参加してしまったのが、事の始まりでした。
スプーンが入らない為、ナイフで何とかしようとして、グッと力を込めました。
すると、そのナイフがズズッと滑って、熊の助の左手親指付け根へ。
グサッ!!!
大量の血が出て、死ぬかと思った。
「急にリハに参加するから悪いんですよ」とスタッフの冷たい対応。
いまだに、この話をするとスタッフからバカにされます。大怪我だとは思っていないんですよね。
でも、その傷はまだしっかり残っています。心の傷と共に。

5月、歯の治療を始めた熊の助。
しみる所を治し、親不知も2本抜くことに。
「痛くはないですよ」と言われながら、ビビリまくりの弱虫、熊の助。
でも、今回は徹底的に治そうと頑張って、数ヶ月の通院を重ねました。
食べる時に違和感がないっていうのは、気持ちがいいことですね。
そんな中、一番ビビッたのは、この日記を先生が読んでくださっていたことでした。
お世話になりました。

9月には、とんでもない罰ゲームを受けました。
およそ3メートルの高さの床が抜け、奈落の底に落とされたのです。
急遽参加することになった「体感チャレンジ」のリハーサル。
時間内に地デジのリポートを終えるチャレンジ。
スタッフの悪巧みもあり、熊の助は・・・・・ギリギリ失敗!
その瞬間、床が無くなり。
「あーーーー」・・・・・「えっ、何が起きたの?」
その後数週間、ボディーバランスが崩れたような、体に違和感を感じていました。

さて、2008年の「ぷっ」すまは、めでたく無事に丸10年を迎え、11年目に突入しました。
そして、2009年中にレギュラー500回を迎えるそうです。
来年も宜しくお願い致します。

  • mixiチェック

「プレゼント」

投稿日:2008年12月16日 00:00

次回の放送は12月23日。
クリスマス・イブ・イブではありますが・・・・・絶対に「ぷっ」すま見てくださいね。
だって、「ぷっ」すまからの“クリスマスプレゼント”のような放送なんです。
それと、2008年最後の放送でもあるんです。

その“クリスマスプレゼント”というのは、「ビビリ王決定戦」です。
本当に久しぶりにやっちゃいました。
スタッフは非常に大変でしたけど・・・・・
楽しかったです。
面白かったです。
凄かったです。
題して「ドッキリ・クリスマス」。
ゲストも豪華に観月ありささんと田中美里さんに来て頂きました。
果たして、どんなクリスマスになるのか?

ちょっとだけネタばらし。
観月さんは、“サンタ見習い”として、先輩サンタに連れられ、慣れない仕事にビックリの連続です。
田中さんは、パーティーにお呼ばれして、素敵な?プレゼントで盛り上がります。
ユースケさんは“失敗サンタ”で、今年こそリベンジするはずだったのに・・・・・またまた失敗?
そして、草彅さんは、彼女と素敵なまったりクリスマスのはずが、大混乱になっちゃいます。
そうそう、勿論それぞれにスペシャルゲストが登場します。
と言うことは・・・・・“あの人”も久しぶりに出てきちゃいます。
大暴れ?でした。

プレゼントって、もらう前に中味を知ってるほうがいいですか?
子供の頃は、「あのおもちゃが欲しい」って言っておくと、それがプレゼントになってました。
それが一番嬉しかったですよね。
でも、大きくなってからは・・・・・
何をくれるのか分からないほうが、ワクワク感があっていいんですよね。
趣味や好みを考えて、予算と相談して決めてくれたプレゼント。
その気持ちや買いに行ってくれた労力までもが嬉しく感じてしまいます。

あれ?
せっかくの皆さんへのプレゼント「ビビリ王」を、ちょっとだけネタばらししてしまった熊の助。
もしかして、ワクワク感を半減させてしまいましたか?
許して下さいね。
でも、皆さんの予想を超える、想像以上のことが起こるはずです。
楽しみに、1週間待ち下さい。

プレゼントの余談・・・・・
熊の助のこれまでの経験から・・・・・「小さい箱のほうが、高価なプレゼントの場合が多い」
って、プレゼントって気持ちが一番ですよね。

年末年始も、熊の助日記は週1回更新するつもりですので、つれづれに読んで下さいね。

  • mixiチェック

「肉」

投稿日:2008年12月09日 00:00

年齢を重ねると、焼肉が恋しくなくなってきます。特にカルビは・・・・・食べたくないんです。
タン塩3枚のあと、ハラミを5枚で充分かも。
更に、折角の焼肉屋なのに、牛ではなく豚肉や鶏肉を頼んじゃったりします。

時々、「ぷっ」すまスタッフを誘って、ご飯を食べに行く時は、
「何が食べたい?」
『焼肉がいいです!』
って、焼肉になることもたびたびなのです。

「何でも頼んでいいよ」
『えー・・・・・カルビと・・・・・ハラミと・・・・・』
若い子達は、きっと『カルビ、カルビ、カルビ』って言いたいんだと思うのですが、
こんな熊の助なので、その存在に遠慮しながら、カルビを抑えて頼んでいる気がします。
気を遣わせてごめんね。

普段でも、一番食べる肉は“豚肉”です。それも、薄めにスライスしてあるヤツ。
鍋に入れるのも、しょうが焼きにするのも、炒め物に入れるのも、薄めの肉が好きです。
口の中が分厚い肉でいっぱいになるのが好きじゃないのです。

豚は豚でもイベリコ豚。
その中でも最上級ランクのベジョータ(BELLOTA)というお肉が、次回の放送に登場します。
次回は2度目の企画「ブランド見極めバトル1チャンスチョイス」なのです。
4つの料理を順番に食べていき、お題のブランド食材だと思ったら“チョイス”。
後戻りは出来ない、決断力も必要な、あの企画です。
ゲストは高田延彦さんと小倉優子さん。
ナギスケには負けたくない。
味の分からない人間と言われたくない。
味覚大パニックの、壮絶バトルになりました。
“松葉かに”“イベリコ豚”“国産黒あわび”を見破ることが出来るのか?
調理法も違うし、チョイスするのは本当に難しそうでした。

豚好きの熊の助は、「“イベリコ豚”は分かるだろう」ってタカをくくっていました。
だって、“どんぐり”しか食べていない豚なんですよ。
他の3つはスーパーでリーズナブルに購入できる豚肉です。
「絶対違いが分かっちゃう」って思ってました。
そこで、いつものように“つまみ食い”を敢行。
あれ???4つの料理全て美味し過ぎる。
分からないもんなんですね。
改めて、この企画の面白さ、難しさを実感したのと同時に・・・・・
熊の助の味覚に対する自信も、大きく揺らいでしまいました。

  • mixiチェック

「3連チャン」

投稿日:2008年12月02日 00:00

忘年会シーズンの前なのに、飲み会の機会が増えています。
先週は3回もあって、肝臓も胃も、ちょっと負担を感じている状態です。
行っちゃったらセーブできない弱い人間なので・・・・・翌日、後悔の朝が続きました。

そのうちの1つは、いつもと雰囲気の違った会でした。
大学の1つ下後輩たちが、卒業20年の同窓会を大々的に開催するというので、司会を頼まれました。
その打ち合わせ兼顔合わせで、実行委員の方々が集まり、一緒に話をしました。
それは1時間ほどで終わったのですが・・・・・
「じゃあ、軽く行きましょう」になってしまったのです。

学年が1つ下で、知った顔は1人だけで、他5人は初対面。
それでも、酒が進むにつれ・・・・・
共通の知人の話、よく通った店の話、休講になって時間をどうやって潰したか話、などなど。
普段は全く考えない、学生時代のことがよみがえりました。
熊の助にとっては、21年前のことになります。
話しているうちに・・・・・
卒業してかなり経った、このくらいの時期に集まるのって「なんかいい!!」
とても新鮮な気持ちにさせてくれた飲み会でした。

まあ、あとの2回は・・・・・いつもの、“うだうだ飲み会”だったんですが、
同じ週に重なってしまって、大変だったというお話です。

で、この週に「ぷっ」すまのロケがあったのです。
その時に収録したのが、次回放送の「リアル神経衰弱」。
ゲストは共に初登場のフットボールアワーさんと優木まおみさん。
真剣ナギスケに、真剣ゲストの名勝負になりました。
“制服と美女”“アイドルとオタク”“ボケとツッコミ”のペアを当てていきます。
ロケは順調には進んでいたのですが・・・・・
真剣だからこそ、なかなかペアが当たらない白熱した展開になってしまいました。
結局収録が終わったのは、てっぺんを過ぎ、更に時計の長針が1周回ったぐらいでした。
それでも、その日軽く飲みに行きたかった熊の助。
何人かに声を掛け誘ったのですが、ディレクター陣は忙しく、誰も付き合ってくれませんでした。
「さびしいなぁ」

でも、逆によかったのかもしれません。
その翌日から3連チャンの飲み会になったので・・・・・
結果的には、「ぷっ」すま終わりで飲みに行かなくて大正解でした。
とにかく、週に1回、仲間で楽しく酒を飲むというのが、熊の助の理想です。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0110_2_1
  • 0_0109_2_1
  • 0_0106_3_1
  • 0_0096_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫