2020年1月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「ハロウィーンに、まだ、ついていけない人」

投稿日:2017年10月21日 01:20

最近・・・・・
10月の終わりが近づくにつれ、街がオレンジ色になっていくような気がします。
かぼちゃの、あのオレンジ色が溢れてきます。
本当に、ここ数年ですよね。
そして、10月31日は、スクランブル交差点をはじめ渋谷が大変なことになっています。
六本木でも、他の繁華街でも、いろんな衣装を身にまとった人が闊歩しています。
ここまで行ちゃうと・・・・・
おじさんは、戸惑ってしまいます。

熊の助が、ハロウィーンという祭りを知ったのは、中学校の教科書でした。
―アメリカの子ども達は、仮装をして、「Trick or Treat」と言いながら練り歩く
―近所の家を訪れては、そこでお菓子をもらったりする
「へぇー!そんな行事があるんだ」って思ったぐらいで、具体的に想像ができませんでした。

それが、10年ぐらい前から、小さな子供たちが仮装して歩いているのを見るようになって・・・・・
ここ2、3年ですよね、大人たちまで、積極的に参加するようになったのは。
仮装も、お祭りの主旨とは関係なくても、問題ないって感じになっています。
さらに、もっと行っちゃう人は・・・・・
キャラにどこまで迫れるか?どこまで過激にできるのか?を競っているようです。
ハロウィーンの祭りというよりも、“仮装して騒いでも良い日”になってきました。

クリスマスは家族や恋人と静かに過ごす日、みたいに少し地味になった分、こちらに流れたのかなぁ?
ただ、調べてみると・・・・・
キリスト教の祭りではないんですよね。
古代ケルト人の祭りが起源で、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な行事だったそうです。それが現代になると、特にアメリカなどで、民間行事として定着しました。
宗教的な意味合いも無くなったようです。
そんな格式張ってない、儀式的でないところも、誰でも参加できて楽しいんでしょね。
その上、たぶんですが・・・・・
仮装するっていうのが、他にない要素なんでしょうね。
変われる、っていうか、自分じゃなくなれる、っていうのが、いいんだろうなぁって勝手に思ってます。
解放感があるんだろうなぁ。
でも、おじさんは、気が引けます。

さて、次回放送は、久しぶりの「ギリギリマスター」です。
1回戦は、こんな世間の流れに合わせて、この時期なので「ギリギリ・ハロウィーン」をしました。
セットも、素敵でしょ。
①ハロウィーンくり抜いて“ジャック・オー・ランタン”を作る、観賞用の大きなカボチャで、ギリギリしちゃいます。
②ハロウィーンこんな大きなカボチャが・・・・・まさか!!!
予想外の結果に、出演者はもちろん、スタッフやスタジオにいた全員がビックリ!
お見逃しのないように!

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 秋の空
  • ①誕生日ケーキ
  • ②かき氷
  • 猫2017③(招き猫)
フォトギャラリーを詳しく見る≫