2019年7月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「ラインは線ではありません」

投稿日:2014年11月22日 01:20

秩父の「日帰りアルバム旅行」は、朝方の雨も止んで、ロケが始まる時間には太陽が顔を見せました。
ご覧頂いた前半から、上着を脱いでも大丈夫なくらい良い陽気になりました。
誰の心掛けが良かったのかな?
ユースケさんも、間に合って良かったです。

さて後半は・・・・・
秩父の長瀞(ながとろ)にも足をのばします。
長瀞といえば、“ライン下り”が有名です。
「ライン下りのラインって、何のことか知ってる?」
打ち合わせの時に、ディレクターに聞きました。
正解を知っているのに、相手の知識を確かめる、という、熊の助のダメなところが出てしまいました。
自分の薀蓄を、ちょっと自慢したい気持ちになってしまうんですよね。
嫌な感じですねぇ。

ディレクターの答えは、「・・・・・うーん、川を“線”に見立てて、下るってことじゃないんですか?」
熊の助、「ブブーッ。ラインは“線”じゃなくて、ドイツのライン川のラインだよ。」
ディレクター、「へぇ、そうなんですかぁ~!」

大した話じゃないのに、何となく優越感の熊の助。
知らないことを教えてあげられたという、小さな喜びを感じる熊の助。
やっぱり、嫌な感じですねぇ。
たぶんディレクターは、どうでもいいんだよ!って思っているかもしれません。
こんな感じ、分かってるんですが・・・・・
気心知れた人にはやってしまいます。
反省です。

もともと、ドイツの風光明媚なライン川を下るイベントを“ライン下り”って言うんです。
だから、日本の川を下るのに“ライン下り”っていうのはおかしいです。
例えば、長瀞ライン下りだと、地名が2つ入ることになります。
ただ、愛知県だったっと思いますが?
木曽川の渓谷が、ドイツのライン川辺りの風景に似ているので、この渓谷を日本ラインと名付けました。
そこから、木曽川の川下りを、日本ライン下りと言うようになりました。
そして、川下り全般を“ライン下り”と呼ぶようになり、全国の渓流下りにその名がついたのです。
熊の助のウロ覚えの知識とインターネットの情報で、まとめてみました。

あれー?
この日記でも、偉そうに、やっちゃいましたね。
自分の知っていることを語ってしまう感じ。
実は、スタッフからも、
「もういいですか、勘弁して下さい」って、最近、時々言われるんです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ①地元のおみくじ
  • 串カツ
  • 夕陽(三浦)
  • ギター
フォトギャラリーを詳しく見る≫