2018年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「オープニングトーク」

投稿日:2014年06月28日 01:30

番組が30分になって、めっきりオープニングトークが放送されなくなりました。
どこを短くするって言ったら・・・・・
仕方のないことなのですが、残念で、なんか寂しい思いです。

「彅スケ2人で、まず、何か喋らなくてはいけない」という感じが、楽しいのです。
―意味もなくモノ陰から出てきたり
―ロケの合間に起った愚痴を喋ったり
ユースケさんの、いい意味ですごく適当な感じが、番組を象徴していました。
さらに・・・・・
草彅さんのほとんど喋らない感じも、番組がどうなるか不安にさせ、ワクワクもさせる要因でした。
だって、草彅さんは、その日何をするのか、ほとんど知らないんですもん。
何を喋ったらいいのか分からないってトコありますよね。

で、熊の助は、こんな感じのところに突然呼ばれて企画を発表をします。
いつ呼ばれるのか、どんな話のところで声が掛かるのか、ちょっとドキドキ。
珍しく2人の話が盛り上がって?いやいや変な方向に行ってしまって、いつまでたっても呼ばれない。自分から入って行くこともありました。
“それも、また、楽し!”です。

ゲストをお呼びしても・・・・・
―なんとなく会話がチグハグだったり
―ムチャ振りがあったり
まとまらないことが多々あります。
でも、たぶん、まとまってしまったら面白くない。
予定調和なんてね・・・・・
ハプニングで、アクシデントで、カオスな感じの方が楽しいって思います。

さて、最近の実際のオープニングトーク。
ロケ現場では、使われないってこともあるので、少々淡泊になってきている気がします。
熊の助が早々に呼ばれたり、ゲストとのお喋りも「企画が始まってから」って、そこそこで終わったり。
残念で、なんか寂しくて、ちょっとつまらない思いです。
気持ちを盛り上げる為にも、体を温める為にも、大切なイベントではないかと思っているんです。
しっかり、たっぷり、やりたい気持ちがあります。
放送で使われないってことは、あまり考えない方がいいのかもしれませんね。
なんか悩ましいです。

たぶん、スタッフもそんな気持ちを持っていたのかな?
次回の企画は、オープニングトークだけでやっちゃいます。
「オープニング王選手権」を開催しました。
7組のゲストが、彅スケとオープニングトークだけを繰り広げます。
初めてのゲストは戸惑い、対する彅スケは困惑。
やっぱり、オープニングトークって楽しい!
お楽しみに。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ギター
  • ②はりはり鍋
  • ③満開のさくら(毛利庭園)
  • 鶴岡八幡宮・鳥居
フォトギャラリーを詳しく見る≫