2019年7月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「お正月スペシャル」

投稿日:2006年12月26日 00:00

1月2日のスペシャルは2007年で3年目になると思うのですが、今年は生放送ではないのです。
ちょっと残念。
正月早々の生放送はスタッフには大きな負担ではあるのですが、私は楽しみにしていました。
やってて自分のテンションが違うのが分かるんですよね。(と言いながら2006年はリハに遅刻しましたが・・・・・)終わった後の充実感と爽快感も違うんですよね。
ただ、時間に追われると「ぷっ」すまらしくなくなるというご指摘もありますし、
間で流すVTRも短めに編集されていて、折角の面白いところが全部放送できないという事情もあるんで、今回はじっくり見て下さい。

さて2007年の正月スペシャルは3本立てです。
「あいまい記憶力王」「記憶力・絵心クイズ」そして「ビビリ王」。
どこまで書いていいのかな・・・・・・・

「あいまい記憶力王」では、仲間由紀恵さんに谷原章介さん、そして温水洋一さんがナギスケと戦います。この企画ナギスケは強いんですよね。ユースケさんが真剣モードで先陣を切って、草彅さんが何となくフォローする“鉄壁パターン”で強敵を打ち破れるのか?
そして、こんな過酷な罰ゲームを、役者の方々にやってもらっていいのか?
「ガンダム」「かちかち山」「ハイジ」、皆さんは覚えていますか?

「絵心」には、松たか子さんと藤井隆さんが画伯に挑戦です。というか、草彅画伯が2人に挑戦という形ですかね。
久しぶりに画伯の絵を見ると、心癒されますね。私は画伯の絵の大ファンです。
初めて草彅さん絵を見たときの衝撃は今でも覚えています。
何故そんな風に描いたのかという説明を聞くと更に感心し、感動すら覚えました。
放送ではカットされていますが、手や足など細部にこだわってこだわって、最後まで色を丁寧に塗っている画伯の顔は真剣そのもの。
ユースケさんはあっという間に完成するのに、その倍以上時間をかけ、ゲストにもお待ち頂いて、それでいてあの感性の絵だから余計に衝撃を与えるのかも知れませんね。
どんな戦いになったか、乞うご期待。

そして「ビビリ王」は過去最大規模の迫力でお送りする、“ドッキリ刑事突入編”です。
刑事と言うだけで、銃撃戦は予想できますが、その他、爆発?動物?お色気?と、一軒屋を借りて何でもありの盛りだくさん。
ユースケさんの交渉人?ぶりはさすがです。映画を超える、笑い満載のチャレンジです。
中越典子さんは、キリッとした女刑事。ビビるというよりドッキリが出るのを楽しんでいる感じで、堂々たる挑戦でした。
山Pこと山下智久さんは、ビビッているのかいないのか、これまでにない反応を見せてくれます。スーツにコート姿は、正に二枚目新米刑事。コートにずっと手を入れているのは、何かに触るのにビビッているからなのでしょうか?
それぞれに、ドッキリゲストもいます。
まさかあの2人が犯人とは?突然“切れた?”あの人も登場。
そして、草彅さんは刑事ではないの?本人も役の設定を理解するのに大変だったみたいです。
その為なのか、アドリブがアドリブを呼んで、『これはドラマだよ』と思ってしまうような迫真の演技に繋がります。「ビビリ王」とは思えない感動がそこにはありました。
更に、誰が“KING OF CHIKEN”の称号を獲得したのか。
史上空前の驚きの結果が待っています。

なんか、派手な言葉ばかり遣ってしまいましたが、本当にこれくらいの迫力とスケールでお送りします今回の「ぷっ」すまお正月スペシャル。是非ご覧下さい。

スタッフは、年末年始、2日の放送まで、ずっと編集室にこもって頑張るようです。
どこかで差し入れにでも行こうかなと思っています。

2007年、皆さん良い年をお迎え下さい。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0005_2_1
  • 0_0004_3_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫