2019年5月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“熊”のこと」

投稿日:2009年01月27日 00:00

次週の2月3日の「ぷっ」すまはお休みです。
テレビ朝日が50周年を迎え、そのスペシャルウィークということなのです。
考えてみれば、その歴史の5分の2に、熊の助は係わっていることになります。
そして、「ぷっ」すまは、5分の1も頑張っているんですよね。
改めて10年って凄いですね。

そんなことより、休みだとロケに絡めてこの日記を書けないので・・・・・どうしよう?

熊の助の家には、かなりの“熊”がいるのです。
頂いたりしたものも多いのですが・・・・・

自然と集まってきた感じです。

こんな“熊”のぬいぐるみの歴史は古く、初代は1メートル以上の文字通りの大熊君がいました。
昔々、熊の助が幼い頃に、粉ジュースの懸賞で当たったものだと覚えています。
(ワタナベのジュースの素っていうものだと覚えているのですが・・・・・)
おおき過ぎて、子供の頃は抱くのも大変なくらいでした。
35年以上経ち、色も落ち、薄汚れて、耳の部分は破けちゃってるんです。
「実家にいるはず」と思って、その写真を撮って送ってもらおうと連絡したら・・・・・
「中の綿も出てきたし、供養して捨てちゃった」って。
そんなぁー!原点のぬいぐるみだったのに!!
成仏してくれたかな?

名前に“熊”が入っているんで、なぜか熊のことが気になります。
自分の中にも、どこかに熊的要素を持っているような気もしてるんです。
例えば・・・・・寒さに弱く、冬眠したいくらいなところとか?
ニュースでも、畑で悪さしたとか、人を襲ったとか、車にぶつかったとか、気になります。
以前「やじうまワイド」という番組のMCをやっていた時は、
熊に関する新聞記事があると、必ずといっていい程選んで紹介していました。

最近、こんな素敵な記事を見つけたんです。
去年12月21日の東京新聞です。

フランス西部のサンジョアキムという小さな町の小さなレストラン。
その店内には1500体もの熊のぬいぐるみが並べられているんだそうです。
連れ合いに先立たれたお年寄りなど、一人で食事をする客のテーブルの上には、そっとその熊を置くんだそうです。
一人での食事は寂しいものです。更に、クリスマスが近くなると、街が華やぐから寂しさも際立ちます。
たいがいのお客さんは、そんな熊のぬいぐるみに、にっこりと笑顔を見せるそうです。

なんか、温かい話。
夕食前の時間帯なら、客でなくても無料で見物できるとも書いてありました。
行ってみたいなぁ〜。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0119_3_1
  • 0_0115_2_1
  • 0_0110_2_1
  • 0_0109_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫