2019年3月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「平仮名」

投稿日:2010年08月10日 00:00

『ひらがなだけのぶんしょうってかんじをおぼえてしまうとよむのがたいへんですよね。』

読むのに苦労をおかけしてすみません。
上の文は、
『平仮名だけの文章って、漢字を覚えてしまうと、読むのが大変ですよね。』
と書いてあります。
でも、読み方を間違えると、
『平仮名だけの分、賞って感じを覚えてしまうと、読むの難い、変ですよね。』
何が書いてあるんだ?になってしまいます。
これって・・・・・注意深く読めば読むほど、変になって行きませんか。

日本語って奥が深いですよね。
平仮名は、音を表すだけの表音文字ですから、基本的に組み合わさってことばを作ります。
一方、漢字は、文字自体に意味を持っているモノの多いので、読めなくたって雰囲気は分かります。
この、平仮名と漢字のコンビネーションで、一度読んだだけでも分かる文章を書けるんですね。

固い話になってしまいましたが・・・・・
なぜ、こんなことを考えたのか?
次回の「新・ぶっつけ本番ハイスクール」で、小学校低学年のドリルにチェレンジしたからです。
問題文はほとんど平仮名で書かれています。
だから、簡単なことなのに、スーっと頭に入ってこないのです。
時に、何が書いてあるのかさえ、分からなくなるのです。
漢字で書くのが当たり前のところを、平仮名で書いてあると、意味を取り違えてしまうのです。
実は、熊の助も事前にドリルを解いてみました。
「これは何を聞いているの?」
問題の意図を理解するのに、非常に時間がかかりました。

そんな平仮名地獄に・・・・・
ナギスケは、足を少し突っ込んでしまったようです。かなり苦労していましたよ。
時間制限もあったので、慌ててしまいます。
すると、わけがわからなくなって、トンチンカンな解答が飛び出す始末。
ただ、ゲストのAKB板野友美さんは、まだ学生に一番近いので、さすがでした。
やっぱり、頭が柔らかいんですね。
「大人になればなる程、純粋に、問題を解けなくなるのかも知れない。」
こんなことも感じた、ロケでした。

もちろん、番組後半は体育の授業で、体を動かします。
鉄棒やマット運動、跳び箱に縄跳び。
難しい技に挑戦して・・・・・
まさかの結果にビックリ。更に、スペシャルゲストの登場でビックリです。
お楽しみに。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0203_3_1
  • 0_0200_2_1
  • 0_0198_3_1
  • 0_0196_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫